Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2003年12月10日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本BEAシステムズ株式会社

日本HPと日本BEAがサービス指向の企業ITインフラ推進のため新たに協業

− Itanium + BEA WebLogicの普及、エンジニア教育、企業統合ソリューションに注力 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口泰行、略称:日本HP)と日本BEAシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ロバート・スチーブンソン、略称:日本BEA)は、Webアプリケーションを中核とするオープンなサービス指向の企業ITインフラを推進するために新たに協業します。両社は、レガシーシステムの置き換えや企業のシステム統合への需要をターゲットとし、Webアプリケーション市場のシェア拡大を目指します。

両社は、オープンなサービス指向の企業ITインフラ推進のために、以下の3つの施策に重点を置き、包括的な協業関係を結びます。

 
マルチOSと価格競争力に優れた64ビットのインテル® Itanium® プロセッサおよびその上で動作する64ビットWebアプリケーションの推進
Java/J2EEエンジニアの啓蒙と育成活動
複雑な業務システムを合理化する企業統合ソリューションの提供

企業情報システムがWebアプリケーションを中核とする傾向が高まる中、両社は、「BEA WebLogic Server™」(以下WebLogic Server)と、「HP Integrity サーバ」およびサービスを融合することで、64ビットの高いパフォーマンスの実現と企業のITコストの大幅な削減を可能にします。さらに、日本BEAのシステム基盤構築ソフトウェア「BEA WebLogic Platform™」(以下WebLogic Platform)を用いた日本HPの企業統合ソリューション「Enterprise Integration」を提供することにより、レガシーシステムなどの基幹系システムや、ERP/SCMなどの最新業務システムが混在する今日の複雑化した業務システムの合理化を支援します。

<パフォーマンスに優れたプラットフォームを新たに提供>

 

 両社の開発レベルの協業により、Itanium2プロセッサ搭載のHP Integrity サーバでWebLogic Serverは最速のパフォーマンス * を発揮します。また、日本BEAは、HP-UXを優先的なOSとして位置づけ、BEA WebLogic® 製品を開発し、販売します。両社は、WebLogic ServerとHP Integrity サーバを組み合わせ、以下の通り販売を開始します。( * 2003年10月31日『HP-BEAコンピテンス・センター』調べ)

日本BEAは、HP-UX対応Itanium版WebLogic Sever 8.1Jを本日より販売

Itanium版によりUNIX、Windows、LinuxのマルチOS上でWebシステムプラットフォームの提供が可能となります。
日本HPは、3OS(HP-UX、Windows、Linux)対応のItanium版WebLogic Server 8.1Jを2004年1月より発売、同時に3OSに対する保守・サポートを開始します。
WebLogic Server 8.1JをバンドルしたHP Advantageシリーズを2004年1月15日より発売

日本HPは、Itanium2プロセッサを搭載したHP Integrity サーバに、CPUやメモリなど主要コンポーネントをバンドルしたHP Advantageシリーズに、WebLogic Server 8.1Jをバンドルし、通常価格より約三割低いキャンペーン価格(2004年1月15日から4月15日まで)で提供します。(rx2600-2-1 サーバ(2CPU)425万9000円より)

<Java/J2EE 技術者の育成>

 

両社は協力して、BEA WebLogic 製品とHP Integrity サーバに精通したユーザ企業の技術者を育成し、Java/J2EEシステムの市場の拡大を目指します。

開発者支援プログラム「BEA dev2dev™」における協力として、HPのプラットフォームに特化した情報提供や下記セミナーなど、『BEA dev2dev with HP』を展開

2004年1月15日から開発者向けに『Workshop on Workshop@HP(WebLogic製品の包括的な技術セミナー)』を両社で開催します
HP-BEA コンピテンス・センターをItanium環境に刷新

今年4月に日本HP市ヶ谷オフィスに開設したコンピテンス・センターの設備をItanium搭載システムに刷新し、BEA WebLogic製品の検証を行います。

センターで検証した技術ノウハウ、データはdev2devポータルで公開し、エンジニアの技術力を底上げします。

<先端的なコンサルティングとインテグレーション・サービスの提供>

 

日本HPはWebLogic Platformをシステム共通基盤プラットフォームとして位置づけ、複雑な業務システムを合理化する企業統合ソリューションを提供します。また、日本BEAは日本HPに対しBEA製品に関するトレーニングの実施やデモシステムの共同開発などで、日本HPにおけるBEAエンジニアの増員と技術知識の向上を図ります。日本HPと日本BEAは最先端の技術を互いに共有し、企業の様々な問題解決にあたります。日本HPの提供するコンサルティングとサービスは企業の抱えるビジネス課題を解決し、さらにオープンでサービス指向の先端的なITモデルの具現化を目指すものです。

 
Enterprise Integration サービスの提供
個別に導入され複雑化した業務システムを、アプリケーション統合、ビジネスプロセスマネジメント、Web サービスを利用し、ユーザ、データ、プロセス、アプリケーション、システムなどあらゆる面から統合するソリューションです。日本HPは業務システムの合理化を実現するため、アセスメント、計画立案、設計、システム構築を行います。

ICC(Integration Competency Center)コンサルティングの提供
企業統合インフラを構築するためには、組織を横断した専門チームを設置し、全システムを把握し、現場の情報を収集する必要があります。HPはコンパックとの合併時のノウハウを活かし、企業統合を推進するための社内組織を立案するコンサルティングを行います。

■ 日本ヒューレット・パッカード株式会社について

 

HPは、ビジネスと生活に不可欠なテクノロジーを提供する会社です。HPのソリューションは、ITインフラストラクチャ、パーソナル・コンピューティング、アクセス機器、グローバルサービス、消費者向け画像処理機器と印刷機器など、多岐にわたります。過去4四半期の売上高は704億ドルでした。HPについての情報は
http://www.hp.com/ 米国のサイトへ をご覧ください。
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。 http://www.hp.com/jp/

■ 日本BEAシステムズ株式会社について

 

日本BEAシステムズ株式会社は、BEA Systems, Inc.の日本法人です。BEA Systems, Inc.(Nasdaq略称:BEAS)は、「Fortune Global 500」の大半を占める優良企業を始め、世界中で15,000社以上の企業ユーザにエンタープライズ・ソフトウェア基盤を提供している、世界最大手のアプリケーション・インフラストラクチャ・ソフトウェア企業です。BEAと同社のWebLogicとTuxedoブランドは、ビジネスにおける最も信頼性の高い名称です。BEAはカリフォルニア州サンノゼを本拠とし、世界31か国に77のオフィスを構えています。詳細は、ホームページ ( http://www.beasys.co.jp ) をご覧ください。

#     #     #

BEA, BEA Tuxedo, BEA WebLogic, BEA WebLogic Platform, BEA WebLogic Enterprise Platform, BEA WebLogic Server, BEA WebLogic Integration, BEA WebLogic Portal ,BEA WebLogic Workshop, BEA WebLogic JRockit, およびBEA Liquid Data for WebLogicはBEAシステムズの商標または登録商標です。それ以外の会社名、製品名はそれぞれ関係する企業の商標または登録商標である可能性があります。

* 本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでもなく、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。尚、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もあります。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

 

日本ヒューレット・パッカード株式会社

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
URL :   http://www.hp.com/jp/

日本BEAシステムズ株式会社f
営業本部

e-mail:  sales.jp@bea.com
TEL: 03-5545-8400
URL :   http://www.beasys.co.jp

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡