Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年1月8日

データ処理性能に特化し、優れた価格性能比を実現したIAサーバ
「HP ProLiant 100シリーズ」を発表

− 第一弾戦略製品としてProLiant DL140を12万8千円で発表し、
大量導入需要の潜在顧客の掘り起こし図る −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant(プロライアント)」の新シリーズとして「HP ProLiant 100シリーズ」を発表します。

「ProLiant 100シリーズ」は、多様化するお客様のニーズを顕在化させ、データ処理性能に特化し、優れた価格性能比を実現した製品です。ターゲット市場にあわせた製品コンセプトを明確にすることで開発コストを圧縮するとともに、全世界でのサーバ出荷のスケールメリットを活かし、極めて優れた価格性能比を実現しました。

「ProLiant 100シリーズ」の第一弾新製品として、グリッド・コンピューティング用途やHigh Performance Technical Computing(HPTC)用途、Webサービスのインフラ用途に最適な、インテルXeonプロセッサを最大2基搭載できるラックマウント型サーバ「HP ProLiant DL140」計2モデルを発表し、1月9日より受注開始、1月15日より出荷を開始します。

また、既存のProLiantサーバ本体20モデルにおいて最大20%、オプション製品35モデルにおいて最大17%の価格改定を本日実施し、ラインアップの総合的な価格性能比の向上を図ります。日本HPは本年、コスト低減効果を柔軟かつタイムリーに製品価格に反映させる「フレキシブル・プライシング」をキーワードにProLiant製品の価格戦略を展開します。

製品名 希望小売価格 出荷開始
HP ProLiant DL140 128,000円〜 1月15日より

<HP ProLiant 100シリーズ発表の背景>

 

昨今のIA-32サーバの市場は、CPUパワーの飛躍的な向上から1-Way/2-Wayモデルの需要が一層高まっており、2003年はサーバ市場全体の97%以上を占めています。こうした市場ニーズは、大きく以下の2つの需要に分類されます。

 
  • 大量導入需要:
  • IA-32サーバの市場では、今後、グリッド・コンピューティング用途やHPTC用途、Webサービスのインフラ用途が有望視されています。大量かつ迅速なトランザクション処理が求められる、これらの用途では、高性能サーバ機器を多数導入するニーズがあり、かつ初期導入コストの低減が求められています。
  • SMB需要:
  • IA-32サーバ市場におけるSMB(中小・中堅企業)市場の2002年から2003年の成長率は16%と著しく、今後も継続して成長が見込まれる有望な市場です。一方、SMB市場のお客様をめぐるビジネス環境は依然として厳しく、機器導入に際し一層の価格性能比が重視されています。

    今回発表する新ラインの「ProLiant 100シリーズ」は、こうしたニーズに対応するために開発された製品です。本日発表のProLiant DL140に加え、SMB市場でのスタンドアロン用途にも対応するため、今後、タワー型サーバも発表し、さらなるビジネス展開を図る予定です。

    <HP ProLiant DL140の特長、販売戦略>

     

    「ProLiant DL140」の顧客満足を高めるために「製品開発」、「販売チャネル」、「SCM」の3分野で施策を実施します。

     
  • 製品開発:
  • 「大量かつ迅速なトランザクション処理」というIA-32サーバに求められる最も基本的な機能に特化し、優れた価格性能比を実現するため開発されました。先進のプロセッサとシステムアーキテクチャを採用し大量かつ瞬時のトランザクション処理を可能にしています。標準保証は「1年間の保守パーツの無償提供」となります。より長期間、広範囲の保証を必要とされるお客様には、「HP Care Pack」による拡張保守サービスを提供します。
  • 販売チャネル:
  • ProLiant DL140はCTO(注文仕様生産)モデルとして販売します。24時間365日営業の「HP Directplusオンラインストア」、お客様からのご相談にきめ細く対応する「HP Directplusコールセンター」、企業のまとまった注文やニーズに対応するCTO製品の販売代理店「HP Directpartner」が主な販売チャネルとなります。
    オンラインストアやコールセンターを活用することで、見積もりから受注までお客様と継続的にコミュニケーションし、正式受注から標準5営業日でお届けするなど、顧客満足度の向上を図ります。また、エンタープライズ市場へのアプローチは引き続き、日本HP直販営業部門によるソリューション提案を強化します。
  • SCM:
  • eCommerceインフラを販売インフラの中心に据え、現状すでに持っているWebシステムでの受注からCTO、出荷という一連の行程をフルに活用します。また、ラッキング・サービスともあわせ、導入がしやすく高品質な製品をお客様に届けすることで、付加価値型の製品提供「ファクトリー・インテグレーション・デリバリ・モデル」を強化します。

    日本HPは、今後のIA-32サーバ事業の成長を牽引する大量導入需要とSMB需要に着目し、高性能かつ低価格な製品を市場に投入すると共に、潜在的なお客様の需要を喚起するべく、広告宣伝活動をはじめ積極的なマーケティング戦略を展開する予定です。また、今後、タワー型、ラック型から構成される「ProLiant 100シリーズ」のラインナップを完成させることで、マーケットシェアの拡大とエントリークラスでのIA-32サーバ事業の確固たる地位の確立を図ります。

    <ProLiantサーバ製品、オプション製品の価格改定を実施>

     

    ProLiant製品群の価格競争力をさらに強化するため既存のProLiantサーバ本体20モデル(最大20%)と、オプション製品35モデル(最大17%)の価格改定を本日実施します。

    価格改定の詳細については以下のURLをご参照ください。
         http://www.hp.com/jp/proliant_new/

    【添付資料】
         ProLiant DL140の主な仕様一覧 ( PDF:10kb )

    ■ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    HP Directplusコールセンター  TEL : 03-6416-6777
    ホームページ :   http://www.hp.com/jp/directplus/


    Acrobat Reader ダウンロードページへ * PDFファイルをご覧頂くには、Acrobat Readerが必要です。
    Acrobat Readerをお持ちでない方はこちらからダウンロード出来ます。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡