Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
このリリースは、ヒューレット・パッカード カンパニーが、1月12日(米国時間)に発表したリリースの日本語抄訳です。それぞれの日付は米国を基準にしています。

2004年1月15日

HP ProLiantファミリ、2003年度における出荷台数が過去最高を記録

− 発売から10年、HP ProLiantの累計出荷台数が800万台を突破 −

ヒューレット・パッカード カンパニー(カリフォルニア州パロアルト、以下:HP)は、業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant(プロライアント)ファミリ」の2003年度中(2002年11月〜2003年10月)の出荷数が過去最高となったことを発表しました。ProLiantブランド誕生10周年に合わせ、HPをハードウェアベンダに選択しアダプティブ・エンタープライズの実現を目指すお客様を様々な業界からご紹介します。

最近ProLiantサーバを導入したお客様は、Yahoo!、Townsend Analytics、Indoff Incorporated、Green Mountain Coffee Roasters, Inc.、Imperial Sugar、Appriss Inc.、NYFIX、PepsiAmericas、Oslo Bors ASA、Blackpool, Fylde and Wyre Hospitalです。現在までにHPは、中小・中堅企業から大企業に至る世界中のお客様に、800万台以上のProLiantサーバを出荷しています。

HPのインダストリー スタンダード サーバ担当上級副社長兼ゼネラルマネージャ、ブラッド・アンダーソン(Brad Anderson)は、次のように述べています。「業界標準のIAサーバ製品をいち早く発売したHPは、絶えざる革新を実現することで、過去10年間に渡りProLiantサーバを導入したお客様の信頼を得てきました。こうした歴史の新たな一章となるのが、ProLiantサーバの累計出荷台数800万台以上の記録と、5万台以上となるブレードサーバの販売実績です。HP以上に完全なサーバラインナップを提供できるベンダは存在しません。それは、HPの革新をお客様が容易に利用できることを意味し、ひいては導入企業の競争力強化につながります」

<HP ProLiant:今日、明日、そしてその先の革新>

 

Yahoo!のエンジニアリング・オペレーションズ担当ディレクタ、ケビン・ティモンズ(Kevin Timmons)氏は、次のように述べています。「HPは信頼できるテクノロジーパートナであることが分かりました。HPが提供する製品、サービス、ソリューションは当社の事業の多くの部分を支えています。毎月のYahoo!の利用者は世界で2億4,500万人という膨大なものです。したがって、ITインフラストラクチャに信頼性が欠けていては成功は不可能です。Yahoo!は、業界標準のIAサーバであるHP ProLiantを7,000台以上用いることでウェブサイトの安全性と継続的な提供を実現し、バックエンド・アプリケーションも運用しています」

Townsend Analyticsのマーケティング・ディレクタ、マイク・フェリックス(Mike Felix)氏は、次のように述べています。「Townsend Analyticsが信頼性の高いトレーディングデータを迅速に提供できるのは、HP ProLiantのおかげです。当社は、取引量が増加してもRealTick取引システムを通じてお客様と市場とを常に結びつけていなければなりません」

Indoff Incorporatedの情報技術ディレクタ、ショーン・フォーキンガム(Shawn Faulkingham)氏は、次のように述べています。「インフラストラクチャにHP ProLiantを選択したのは、販売担当者向けの外部ウェブアプリケーションを運用するためと、新しいERPソフトウェアとイントラネットを運用するためでした。その際に、個々のハードウェアというのではなく、ソリューションを必要としていました。リアルワールドに対応できる革新的なITソリューションを適切な価格で提供できるのはHPだけであり、HPであればどのような時にも弊社のビジネスを継続できるとの信頼感があります」

現在、あらゆる規模の企業で、インフラストラクチャとミッションクリティカル・コンピューティングの実現に、ブレード型IAサーバをはじめとするIA-32サーバを利用する傾向が強まっています。さらに、IA-32サーバ上でWindowsやLinuxとOracleやSAPなどのアプリケーションを組み合わせ、ビジネスの質と速度を高め、コストを引き下げようとしています。

HPは各種OSとプラットフォームに対応するIA-32サーバの世界的なリーディング・プロバイダであり、積極的な価格戦略を展開して、エンタープライズ製品を差別化するとともに、市場シェアを拡大しています。

HPは2003年第3四半期の売上高シェアで31.9%、出荷数シェアで32.3%を占め、IA-32サーバベンダとして世界をリードする立場を確固たるものにしています。 注1 

<HP ProLiant:革新の10年>

 

Green Mountain Coffee Roasters, Inc.の副社長兼最高情報責任者、ジム・プレボー(Jim Prevo)氏は、次のように述べています。「私は10年前、HP ProLiantの発展速度を超えるペースで事業を成長させようとCEOに話したことがあります。あれから10年、当社の事業はCAGRで20%以上の成長を記録していますが、大きくなった事業を当時と変わらずProLiantでシステム統一していますが、将来のニーズに応える拡張性を提供してくれるため一切制約を感じません。現在は60台のProLiantでアプリケーションの100%を稼働させ、1年365日の利用に対しても信頼できるパフォーマンスをコスト効率良く実現しています」

HPは、業界標準の製品とソリューションによって業界でもっとも充実したポートフォリオを用意し、あらゆる規模の企業が競争力を維持するのに必要なツールとサポートを提供しています。HP ProLiantファミリは、シングルプロセッサのファイル/プリンタサーバから仮想ブレード、ミッションクリティカル・アプリケーションまでをサポートするパワフルな8-Wayサーバまでを揃えます。また、2003年11月には、中小企業やクラスタ環境に最適なHP ProLiant 100シリーズを発表しました。

<HP ProLiantサーバにおけるその他の技術革新および軌跡>

 
  • 主要ベンダとして初めてブレード型IAサーバを発表(2001年12月)、同じく4-Wayブレード型IAサーバを発表(2003年1月)
  • 業界標準IAサーバのベンダとして初めて、すべてのProLiantに管理ツールを標準添付
  • ProLiant Essentialsソフトウェア製品群の販売が40万ライセンスを超える
  • 業界最高水準のメモリプロテクションを実現する、ホットプラグRAIDメモリを初めて発表
  • F8チップセットを共同開発し、これまで以上のパフォーマンスと帯域を可能に
  • HP Factory Express(ラッキング・サービス)を通じ完全なカスタマイズが可能な統合ラックソリューション(納品後すぐに導入が可能)を6日から10日で提供できる唯一のベンダに

    HP ProLiantファミリに関する詳細は、以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/products/servers/platforms/  米国のサイトへ

    <HPについて>

      世界中の消費者、企業、機関に、テクノロジー・ソリューションを提供するHPは、ITインフラストラクチャ、パーソナル・コンピューティング、アクセス用機器、グローバル・サービス、イメージ/プリント関連製品など、幅広い製品を市場に送り出しています。2003年10月31日を末日とする会計年度の売上高は731億ドルでした。HPに関する詳しい情報は、http://www.hp.com/  米国のサイトへ をご覧ください。

    注1: 出典:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker, Nov. 27, 2003.

    MicrosoftおよびWindowsは、米国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。
    本リリースには、リスク、不確実性、見通し等「将来の予測」に言及した部分が含まれます。過去の事実に対する言及以外は「将来の予測」とみなされる可能性があります。リスク、不確実性、見通しには、特定の製品およびサービスの販売市場が予想通りに発展しない可能性、これらの製品およびサービスの開発および性能が計画通りに進行しない可能性、その他、Form 10-Q四半期報告書(2003年7月31日終了の四半期)など、2002年10月31日を末日とするForm 10-K年次報告書以降に、当社が折りに触れて米証券取引委員会(SEC)に提出してきた報告書に記載されたリスクが含まれます。こうしたリスクや不確実性が現実となった場合、あるいはこうした見通しが不正確であった場合には、業績が当社の見込みとは大きく異なる可能性があります。当社は「将来の予測」部分に関して情報を更新する責任を負いません。

    ■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡