Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年1月29日

ProLiant DL140ベースのHPTCクラスタ・ソリューションを発表

− 価格性能比に優れる新製品「HP ProLiant DL140」を ベースに、
導入からサポートまで万全のクラスタソリューションを提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、成長を続けるハイパフォーマンス・テクニカル・コンピューティング(HPTC)分野に向けて、価格性能比に優れた業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant(プロライアント)DL140」(本年1月8日発表)をベースとするHPTC IAクラスタソリューションを発表します。HPTCクラスタシステムに最適な構成・機器を選定し、あらかじめラック搭載作業、Linuxインストレーション、クラスタ管理ツールのインストレーション、動作試験を済ませて出荷することで、顧客側の導入の手間とTCO(総所有コスト)を大幅に削減します。

今回発表するHPTC IAクラスタソリューションは以下の通りです。

主な仕様 参考価格
ノード: HP ProLiant DL140 (Xeon プロセッサ2.4GHz (2CPU構成)、メモリ1GB、ハードディスク 80GB)
その他: 管理用ノード(DL380)、ラック、コンソール、
ギガビットイーサスイッチ、RedHat Linux、MPICH、Open-PBS、HP CMU
9,265,100円
(16ノード/32CPUの場合、工場組み立て、
インストール、動作確認費込み)
*ノード数は自由に選択できます
*3.2GHzにも対応します

<ProLiant DL140採用の背景>

 

IAクラスタはグリッド・コンピューティングや科学技術計算、バイオインフォマティクス、CAEおよびCGレンダリングに至るまで多くのHPTC分野に活用されています。特に近年、クラスタ計算モデルの実用化と32ビットコンピューティングの技術革新が進み、より高性能なHPTC実行環境を、より低価格で構築することが可能となってきました。このためIAクラスタの導入の気運はますます高まるものと期待されます。

一方でHPTC クラスタシステムの導入には、クラスタ構成品の選定、組み立て、インストール、接続、検証、設定などの煩雑な各種作業が伴います。
日本HPはこうした煩雑さの解消とTCO削減のため、従来より自社内でクラスタ構成機器の選定、検証、組み立て、接続、OSおよび管理ツールのインストール、動作試験までを済ませた「HPTC IAクラスタソリューション」を提供してきました。今回、価格性能比に優れる最新の「ProLiant DL140」をクラスタソリューションのベースモデルとして追加したことで、顧客側の選択肢がさらに広がりました。

<日本HPのHPTC IAクラスタソリューションの特長>

 

ラック搭載型ソリューションである「HPTC IAクラスタソリューション」は、HPTC用途に適合したサーバ、インタコネクトなどを日本HPが選定してラックに搭載し、OSや管理ツールのインストール、クラスタシステムとして動作検証およびシステム構築まで行います。このため顧客は直ちにシステムを稼動させることが出来ます。

OSはRedHat Linux をベースにHPTCに必須のオープンソースソフトを検証・パッケージングし、Linuxクラスタにおいて小型システムからスーパーコンピューティング環境まで実現します。各ノード間の接続はギガビット・イーサネットを中心に高速通信を実現するMyrinet *1 への対応も可能です。ソフトウェアはRedHat Linux、HPのクラスタ管理ユーティリティ「CMU」、およびIAクラスタ用並列プログラミング環境である「SCoreクラスタシステムソフトウェア」 *2 にも対応します。またインテル純正のLinux版コンパイラ「Intel Compiler for Linux」なども提供します。

さらにHPTCクラスタ環境で利用するためのシステム設計と構築、インストレーション、電話相談、障害対応などの各種サポートや、クラスタシステムの検証を始めとする充実したコンサルテーションを提供することで、導入時の支援まで *3 包括的に行います。

 
*1 Myrinet: 米国Myricom社が開発した毎秒ギガビットクラスのネットワーク向け接続技術
*2 SCore クラスタシステムソフトウェア: PCクラスタおよびワークステーション用高性能並列プログラミング環境。
*3 導入支援サービス/導入後のサポートおよびサービスはオプションとして提供します。

<HPTC分野におけるHPの実績>

 

日本HPでは2001年に他社に先駆けてIAクラスタ・システムの専任サポートチームを組織化して以降、デモセンターの開設などを通じて実績とノウハウを蓄積してきました。また、スーパーコンピュータ TOP500ランキング に常時ランキング入りする高い技術力も有しており、高い処理性能と導入後のきめ細かいサポートが求められるHPTC分野において比類なき地位を獲得しています。

<HP ProLiant DL140について>

 

「HP ProLiant DL140」はXeonプロセッサ(3.2GHzまたは2.4GHz)を最大2基搭載できる1U(4.4cm)の高密度ラック型サーバです。IAサーバに求められる諸機能の中でも特に「データ処理性能」に特化することで、高い価格性能比を実現しました。本製品はクラスタシステムとしての使用において高いCPU集積度を実現できます。
最新プロセッサのインテルXeonプロセッサ 3.20GHz(1MBキャッシュ)を2基搭載したハイエンドモデルのDL140は、SPECfp2000で984(ピーク)、SPECint2000で1258(ピーク)を記録、抜群の価格性能を提供します。CPU演算性能の指標のひとつとして参照されるこのSPEC値は http://www.specbench.org で公開されています。なお「HPTC IAクラスタソリューション」は、Xeonプロセッサ 3.2GHzを実装したノードも選択できます。
「HP ProLiant DL140」についての詳細は本年1月8日付け日本HPプレスリリースをご参照ください。

■ 日本HPのHPTCに関する各種情報は以下のURLから参照できます。
     http://www.hp.com/jp/hptc/

■ 日本HPのHPTC用途クラスタシステムに関する各種情報は以下のURLから参照できます。
    http://h50146.www5.hp.com/solutions/crossindustry/hptc/system/ia_beowulf/index.html

■ ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーション・センター  TEL: 03-6416-6660
日本HP HPTCお問い合わせホームページ:
http://h50146.www5.hp.com/entry/form/contact/hptc.html


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡