Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年2月16日

システム性能と信頼性を向上した日本語OpenVMSの新バージョン
「日本語 OpenVMS V7.3-2」を発表

− Itanium® プロセッサ対応のOpenVMS評価版も4月にリリース −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は本日、優れたクラスタ機能を有する同社のオペレーティングシステム(以下、OS)「日本語OpenVMS」の最新バージョン「日本語OpenVMS V7.3-2」を発表しました。本日より提供を開始します。また、Itanium® プロセッサ対応の日本語OpenVMS 評価版を4月から提供開始の予定です。

OpenVMSはすでに25年以上の歴史を持ち、特にクラスタリング性能に優れたOSとして現在全世界で45万台以上のシステムが稼働しており、世界各国で基幹系の業務システムとして利用されています。今回の新バージョンでは、ネットワークやストレージのパフォーマンスと信頼性を強化するとともに、UNIXシステムとの互換性を高める機能拡張を行いました。また、日本HPは将来的にOpenVMSのハードウェア・プラットフォームをAlphaからインテル® Itaniumプロセッサに移行することを表明してきましたが、その第一ステップとしてItaniumプロセッサ対応の日本語OpenVMS 評価版を4月に提供開始の予定です。日本HPは今後とも日本語OpenVMSをHPの基幹OSの1つとしてサポートし続けていきます。

<今回発表の日本語OpenVMS V7.3-2の特長>

 

日本語OpenVMS V7.3-2ではネットワークやストレージのパフォーマンスや信頼性の強化をはじめとして以下のような多彩な機能拡張を行っています。価格は、102,000円から提供します。

 
1.ネットワークI/Oに対する信頼性・パフォーマンスの強化
 
  • NIC障害時にもシステム上のスタンバイNICによってネットワークI/Oを継続するLANフェールオーバーの機能を提供します。同時にクラスタ全体でNIC障害に対応するfailSAFE IPの機能も提供します。
  • SMPシステムにおいてネットワークI/O処理を複数のCPUに分散して割り当てるFast Pathの機能によりネットワークI/Oを大幅に高速化しました。

    2.ストレージ管理の機能強化
     
  • ソフトウェアによるディスク・ミラーリングを実現するVolume Shadowingにおいて、異なったサイズのディスク間でのミラーリングが可能になりました。
  • Volume Shadowingにおいてオンラインでボリューム・サイズの拡張が可能になりました。
  • 以上2つの機能を組み合わせることによりシステムを停止することなく、ストレージ・サイズの拡張を段階的に行うことが可能になります。

    3.クラスタ性能の向上
     
  • クラスタ間通信の改良により、クラスタ・システムの性能を向上しました。

    4.システム・セキュリティの向上
     
  • リモート・システムへのアクセスを安全に実行できるSSH(Secure Shell)のクライアントおよびサーバ機能を提供します。
  • エラーログ・ファイルの内容を見やすいフォーマットで表示するELV(Error Log Viewer)ユーティリティーを提供します。ELVは特にマシンやデバイスに関するエラーログの詳細な情報を表示できます。

    5.UNIX 互換性の提供
     
  • POSIXに準拠したシステム環境やCランタイム・ライブラリを提供することにより、UNIXシステムと互換性の高いアプリケーション開発環境を提供します。

    6.新ハードウェアのサポート
     
  • AlphaServerの最上位機種GS1280モデル64をサポートします。
  • 高いパフォーマンスを提供するAlphaServerの新エントリー・マシンDS15をサポートします。
  • 高性能の Fibre Channel ストレージ・アレイ MSA1000 をサポートします。

    <Itanium対応の日本語OpenVMS 評価版の提供>

     

    日本HPは従来表明してきたロードマップに従い、Itanium プロセッサ対応の日本語OpenVMS評価版を4月上旬より提供する予定です。この評価版はC、COBOL、Fortranなどのネイティブ・コンパイラ、J2EEなどのJava開発環境、デバッガなどの開発支援ツールを提供し、Itanium プロセッサ・プラットフォームへのOpenVMSアプリケーション移行をスムーズに行える環境を提供します。

    この評価版は、事前にWebサイトでユーザからのリクエストを受けて、リリース後にご提供いたします。リクエスト・フォームや申請方法などの詳細につきましては日本語OpenVMSのWebページ
    http://www.hp.com/jp/openvms/ )をご覧ください。

    日本HPは今回の評価版を第一ステップとして、2004年末を目標にItaniumプロセッサ対応の日本語OpenVMS製品版の開発を行います。

    ■ 日本語OpenVMSに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/openvms/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡