Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年2月19日

容量ベースのストレージ支払いプログラム
「CBP(Capacity Based Payment) for StorageWorks」を発表

− ハイエンド・ストレージのHP StorageWorks XPシリーズおよびEVA5000を
通常の半分以下の初期導入コストで導入可能に −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、ハイエンド・ストレージ「HP StorageWorks(ストレージワークス) XPシリーズ」および「HP StorageWorks EVA5000」を対象とした、業界初の容量ベースのストレージ支払いプログラム「CBP(Capacity Based Payment) for StorageWorks」を発表し、本日より提供を開始します。「CBP for StorageWorks」により、お客様は通常の半分以下の初期導入コストで可用性、拡張性に優れたハイエンド・ストレージを導入できます。

「CBP for StorageWorks」は、ストレージシステムを一定の容量単価で購入できるストレージ導入支援プログラムです。容量単価には、ストレージシステムを構築するために必要となるハードウェア製品やストレージシステム管理、データ保護などを行うソフトウェア製品および導入・保守サービスが含まれます。ディスクドライブの容量や回転数、保護レベルなどに応じてメニュー化しているため、お客様は必要とするストレージシステムに応じた選択が可能です。
容量単価は1TB単位で、ストレージシステムとサービスレベルをベースに、お客様のビジネス計画に応じたスタート容量と2年後の予定容量により決まります。最低スタート容量では、通常のシステム購入と比較して半分以下の価格で導入できます。
通常はシステム拡張の際に、容量に応じたソフトウェアの追加ライセンスや導入サービスのコストが発生し予算計画が困難でした。今回発表する「CBP for StorageWorks」は容量単価にこれらの価格も含まれるため、増設計画が容易に立てられ、必要な時に必要な容量を適正なコストで導入できます。

「CBP for StorageWorks」は、ハイエンド・ストレージを使用して大規模ストレージシステムを導入し、ビジネス成長に応じて拡張したいお客様に最適です。また、ストレージの使用容量が明確なため、異なる部署間での使用率に応じた予算分担も容易です。このため、関連会社や社内のストレージ・サービスを提供する企業のIT部門、ストレージサービス業者にも適しています。

日本HPは「CBP for StorageWorks」によって、ハイエンド・ストレージを必要としながらもコストなどの問題でミッドレンジ・ストレージを導入していたお客様のハイエンド・ストレージ導入を支援します。

<「CBP for StorageWorks」対象製品>

 
  • HP StorageWorks XP1024
  • HP StorageWorks XP128
  • HP StorageWorks EVA5000

    サンプル価格 1TB 400万円台より(EVA5000 物理容量ベースの場合)

    <「CBP for StorageWorks」提供の背景>

     

    ストレージの出荷容量は年率50%以上増加しており、情報の統合、集約が多くの企業の課題となっています。また、低迷する経済状況の影響で業界再編や企業統合が増え、情報統合や集約を目的としたストレージ統合が加速しています。また、ストレージサービスビジネスも多様化し、サービスレベルとビジネスの変化に応じた柔軟性のあるストレージの提供形態が求められています。

    日本HPは、初期導入コストが高いハイエンド・ストレージを、一定の容量単価で提供することにより導入しやすくします。ビジネスの成長に合わせて増強したいというお客様のニーズに応え、余分な先行投資を削減し、必要に応じて追加投資可能な「CBP for StorageWorks」を提供し、ストレージ分野でのシェア拡大を図ります。

    ■ 添付資料
         サービスメニュー一覧 ( PDF:60kb ) *

    ■ ストレージ・ソリューションに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
         http://www.hp.com/jp/storageworks/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL : 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。

    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡