Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社、川鉄情報システム株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信される場合がありますが、予めご了承下さい。

2004年3月8日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
川鉄情報システム株式会社

日本HPと川鉄情報システムが金融業界向けLinux電子帳票ソリューションで協業

− UNIXベースの電子帳票システムと比較して価格性能比が向上 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行、以下:日本HP)と川鉄情報システム株式会社(本社:東京都江東区、取締役社長:岩橋 誠、以下:川鉄情報システム)は、金融業界向けのLinux電子帳票ソリューションにおいて協業することを発表します。両社は、日本HPの業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiant(プロライアント)ファミリ」に川鉄情報システムのLinux版電子帳票システム「FiBridge(ファイブリッジ) II」を組み合わせた電子帳票ソリューションを提供します。また、セミナーや販売促進などのプロモーションを共同で展開し、同ソリューションの導入を促進します。

「FiBridge II」は現在UNIXに対応し、金融業界では高いシェアを誇っています。また、金融業界ではLinuxに対する注目が高まっています。Linuxを採用することによるTCOの削減、パフォーマンスと柔軟性の向上に対する金融業界のニーズに応えるため、日本HPと川鉄情報システムは共同で「HP ProLiantファミリ」上でLinux版「FiBridge II」の動作確認・検証作業を終了し、ソリューションを提供します。今回発表するソリューションは、UNIXをベースとする電子帳票システムと比較して優れた価格性能比を実現し、初期投資を抑えると同時にスケールアウト方式による拡張性を提供します。Linux版電子帳票ソリューション「FiBridge II」は、業界標準高性能IAサーバ「HP ProLiantファミリ」を使用することにより、少ないCPU数で大量トラフィックデータを処理できます。これによりお客様は、コスト削減を実現しながら処理能力の高いシステムを構築・運用できます。
今回発表するソリューションは、日々大量の帳票を扱う業務が多く、また法定帳票など長期間多種の帳票保存を義務づけられている金融業界や通信、流通、運送業界のお客様に最適です。

<協業の背景>

 

1998年に施行された電子帳簿保存法に伴い、紙出力を基本とする帳票管理を電子帳票化し、セキュリティを維持しつつ帳票データを自由に閲覧したいというニーズが高まっています。また、Linuxシステムへの関心が強い金融業界では、増え続ける帳票出力に対応するため、柔軟性と優れた価格性能比を実現するIA-32サーバにLinuxを組み合わせた電子帳票システムへのニーズが高まっています。

日本HPは自社製サーバでのLinuxの動作検証やサポート、基幹システムのLinuxへの置き換えなどLinux分野において積極的に取り組んでおり、川鉄情報システムは日本HPのLinuxにおける取り組みと技術力を評価していました。また、日本HPは、多くの金融機関に導入されている川鉄情報システムの「FiBridge II」ソリューションに注目していました。
日本HPと川鉄情報システムは両社の強みを活かし、優れた価格性能比と拡張性、管理運用性の高さを同時に実現するソリューションを提供するため、今回の協業に至りました。

<電子帳票ソリューションのメリット>

 

現在多くの企業では、帳票出力にかかるコストの削減が大きな課題となっています。情報量の増加に伴い、システムセンターにおける帳票の仕分け作業、配送などにかかる人件費、また、部門における必要な情報を探す作業の煩雑さ、帳票を保管するための管理費など莫大なコストが発生しています。その上、法制度対応も必要とされています。
電子帳票ソリューションを導入することで、これらの課題をローコストで解決し、帳票管理における関連コストの削減と大幅な効率化を実現します。

<日本HPのLinuxへの取り組みについて>

 

現在、金融業界ではLinuxをベースにしたシステム構築への期待がますます高まっています。しかし多くの金融機関では既にUNIXやWindowsをベースにしたシステムが数多く導入されています。これらの既存システムとLinuxをベースにしたシステムをいかにシームレスに統合し、ビジネスの俊敏性を向上および維持できるかが、今後の金融機関において極めて重要な課題になります。
日本HPはWindowsからHP-UX、NonStop KernelそしてLinuxに至るまで幅広いOSをベースにしたシステムを提供しています。これらの環境を等価的に管理する様々なソリューション、そして金融業界に必須になるミッションクリティカルなサポートサービスをLinuxにも積極的に展開し、金融業界のお客様にご満足いただけるLinuxソリューションを展開します。

<川鉄情報システムの電子帳票システム「FiBridge II」>

 

ネットワーク型電子帳票システムの先駆けとして川鉄情報システムが独自に開発し、1993年に発売した「FiBridge II」は、ホストやオープン系サーバから出力される大量帳票をネットワーク上のパソコン(ブラウザ)画面で表示・検索・編集する電子帳票システムです。
センターサーバ方式注をコンセプトとしていることが特徴で、「帳票変換や検索のパフォーマンスの高さ」、「ネットワーク負荷の低さ」、「電算センター等における集中運用管理方式の実現」、「優れたソフト品質による安定稼動の実績」等が高く評価され、既に1000社を超えるお客様に導入いただきました。また、1998年に電子帳簿保存法が施行されて以来、FiBridge IIは既に数百社にもおよぶお客様で同法の申請・適用実績があります。

最近では個人情報保護法をはじめとする情報セキュリティに厳しい目が向けられ、特に顧客台帳などの帳票管理は非常に重要性を増していますが、「FiBridge II」を導入することで堅牢なセキュリティの元、センターサーバに集中的かつ厳重に顧客台帳を保管・管理することが可能となります。このため、従来のように各拠点に対して紙あるいはDVDなどの形で顧客台帳(=個人情報)を分散配信しなくて済み、情報漏洩リスクを回避できるというメリットもあります。

注:センターサーバ方式:電算センター等に設置されたサーバで全社をカバーするシステム形態。

<「FiBridge II」の平均的なシステム単価>

 

ソフトウェア、ハードウェア合わせて、1000万円の規模より構築可能です。

■ HP ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ 日本HPのLinuxに関する情報は以下のURLでご覧になれます。
     http://www.hp.com/jp/linux/

■ 川鉄情報システムの「FiBridge II」に関する情報は以下のURLでご覧になれます。
       http://www.kawatetsu-systems.com/products/ec_edi/e_document/index.html 
       (※現在、ページの提供は終了しております。)

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

 

・日本ヒューレット・パッカード株式会社

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

・川鉄情報システム株式会社
e-ドキュメントシステム部 営業グループ 山下 裕之、稲村 崇

TEL: 03-5665-6335
e-mail:   fibridge@kawatetsu-systems.com

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡