Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年3月16日


日本HPがロイターのLinux版市況情報配信システムを構築

− 大幅なコスト削減を実現しグローバルレベルのサービスを提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、ロイター・ジャパン株式会社(以下:ロイター、本社:東京都港区、社長:武井 祐二)の市況情報配信システムRMDS(Reuters Market Data System、ロイター・マーケット・データ・システム)のLinux版をHP ProLiant(プロライアント)上に構築し、2004年7月より国内の顧客向けに提供開始することを発表します。Linuxの採用により、既存のUNIXシステムと比較して、インフラストラクチャ・コストを5割以上削減することが可能になります。

また日本HPは、RMDSを含むロイターの顧客向けサービスの保守・サポート業務をアウトソーシングとして請け負います。HPはロイターのアジア地域他国でも同様のサービスを提供しており、日本でもロイターのグローバル標準の高品質なサービスを日本の金融市場に提供します。

RMDSは金融機関のディーリングルームで使用される市況情報表示・分析システムです。RMDSからリアルタイムに配信される市況情報やニュースデータは、取引の決定や市場での売買を行なうための判断材料として使用されています。従来、金融システムはUNIXサーバが多用されていましたが、TCOの削減、パフォーマンスと柔軟性の向上、そして実装の容易さに対する市場ニーズが強まるに従い、Linuxが注目されるようになりました。英ロイターはインテル、レッドハット、HPの3社と提携し、Linux版RMDSを2003年2月に開発しました。HP ProLiantサーバは、既存のUNIXシステムと比較して4〜5倍の価格性能比を発揮します。

<Linuxでインフラ構築費用を5割以上削減>

 

Linuxシステムは、低コストでの管理・運営が可能となり、UNIXシステムとトランザクション処理のパフォーマンスを比較した場合、UNIXより少ないCPU数で大量トラフィックデータを処理できます。これにより導入企業は、コスト削減を実現しながら処理能力の高いシステムを構築・運営できます。日本より先行導入した海外のお客様実績では、インフラにかかるコストを5割以上削減しています。

HPは既存のUNIX版システムからLinux版システムへのポーティングを支援するほか、RMDSシステムの導入支援、インストールを行います。

<日本HPがミッションクリティカルな業務に対応した保守・サービスを提供>

 

日本HPはロイターの顧客向けサービスのサポート・保守サービスをアウトソーシングとして請け負います。これにより、ロイターは全世界で展開している「ロイター・クライアント・サイト・サービス」と同じプロセスで、同レベルのサービスを日本の顧客に提供できるようになりました。サポート・保守サービスにおいて、日本HPはロイターが要求するSLA(サービス・レベル保証)に応え、品質の高いサービスを提供します。

日本HPが提供するサポート業務の概要は以下の通りです。

 
(1) ハードウェアおよびアプリケーションの保守サポート
(2) ハードウェアの設置、システム構成変更、移転時のサポート
(3) ハードウェアの在庫管理

<HP神谷町オフィスの新設>

 

ロイターとのコミュニケーションを緊密にし、エンドユーザへのサポート・サービスの拡充のため、昨年10月に日本HPはロイター・ジャパンが所在する同じビル内に新オフィスを開設しました。サポート専任部隊は、アジア地域から幅広く集め、現在約60名が常駐し、ロイターのお客様へ迅速なサービスを提供しています。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先(記事掲載時の問合せ先もこちらでお願いします。)

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡