Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年3月22日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社エブリデイ・ファイナンス

日本HPとエブリデイ・ファイナンス
電子商取引新ソリューション「HP Value Mint」を発表

− 新しい信用創造の仕組みにより迅速な経営判断・円滑な企業間取引を提案 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)と株式会社エブリデイ・ファイナンス(略称:EDF、本社:東京都千代田区、代表取締役:大前 研一)は本日、企業間取引の決済を新しい信用創造の仕組みで支援する革新的なソリューション「HP Value Mint」 ※1 を発表しました。両社は、このソリューションを数多くのグループ企業を擁する企業や政府系金融機関や地方自治体へ向けて販売し企業間取引の効率化をサポートしていきます。

「HP Value Mint」は、EDFの「フロート決済」 ※2 の仕組みや電子商取引のノウハウと、HP研究所とEDFが共同開発した、企業間取引に新たな観点から企業の信用度を付加する決済システムを融合したソリューションです。このソリューションはERPとの親和性が非常に高く、企業の持つ既存システムへ組み込むことで、ビジネスの変化に柔軟に対応した企業間取引が可能となります。

一般企業では、受発注管理・物流管理のシステムと組み合わせることにより、資金調達等事務処理の合理化を進めます。また、グループ企業を擁する企業では、系列企業や取引先へも導入することで、日本固有のビジネス形態に合ったグループ全体のバリューチェーンモデルを構築することができます。これによりグループ全体のコスト削減が可能となり、競争力のある製品を製造することができます。また、個々の導入企業は、取引履歴が顕在化し、技術力、企業価値が明示され、ビジネス機会が広がります。

一方、公共機関には、公共事業が運営する受発注管理・資材管理システムにおいて、下請け企業まで参加できる仕組みを提供し、公共団体の事業評価システム、電子調達システムの効率化を進めます。更に、金融システムと融合することで、企業の営業活動をベースとした新しい信用制度のモデル構築を支援し、公共事業への参入機会の平等化等に役立てることができます。

現在企業間取引において、実際の業務、取引と連動し、効果的な資金調達、費用処理とビジネス活動を結びつける仕組みが存在しない中、「HP Value Mint」では、信用創造の根拠になるソリューションを提供することで、様々な経営課題に応えていきます。

日本HPとEDFは「HP Value Mint」における共同研究成果を2003年11月に特許出願しました。両社は本ソリューションの提供により、顧客の事業をサポートすると共に、電子決済の普及と市場拡大を目指していきます。

 

※1: 「HP Value Mint」
Value MintとはHP研究所とEDFが共同開発した、ビジネスを支援するメカニズムのコンセプトを、コンピューターを活用したシステム上に実装したサービスの総称です。
Value Mintでは、企業間取引の結果で生じる市場価値を、価値基準を設定する信用保証機関から認証を受け、発行された信用を流通させる仕組みを提供していきます。

これらの価値(Value)は、企業間の取引時に合意された対価と、取引企業の経済的信用度から信用保証機関によって決定され、取引毎に識別し保証を受けることにより、流通が可能となります。この一連の流れが、貨幣の鋳造に似ていることから、価値の発行(鋳造:Mint)という意味が込められています。
また、発行された価値には、鋳造機関(信用機関)の刻印であるmint mark(機関の識別符号)と価値自体の額、そして価値固有の識別番号が付属しています。この価値は、貨幣のように発行機関が保証する範囲で流通され、他の信用機関との連携も可能となり、柔軟性及び拡張性の高さが特徴です。既存の電子マネーや電子手形の仕組みと異なり、一連の流れをシステム的に処理する機能が、Value Mintには備わっています。

※2: 「フロート決済」
フロート決済とは、企業の持つ、比較的流動性の低い資産に対してロックをすることによって、より流動性の高い信用を創造し、それをベースに取引を行う後払い方式の決済の仕組みです。

■ 日本ヒューレット・パッカード株式会社

 

HPはコンシューマ、企業、機関に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2004年1月締め一年間の売上高は747億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報は http://www.hp.com/ 米国のサイトへ をご覧ください。
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。 http://www.hp.com/jp/

■ 株式会社エブリデイ・ファイナンス

 

EDFは「いつでも、どこでも、誰でも」簡単に利用できるユビキタスな決済システム(電子財布)の提供をビジョンとし、顧客企業に対して、決済・収納代行・認証等に関する(B2)B2Cプラットフォーム及び、ICカードソリューション、コンサルティング等を提供します。

本社所在地: 〒102-0083 東京都千代田区麹町3丁目5番19号
代表TEL: 03-5211-8830
URL: www.jp.everyd.com
代表者名: 代表取締役 大前研一
設立: 2001年5月10日
資本金: 1億円
事業内容: 決済システムに関する企画、設計、コンサルティング

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡