Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2004年4月5日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

日本HPとマイクロソフトがハイエンドの企業向け64ビットDB市場に向けた提携を強化

− 「Superdome」と「SQL Server 2005」の組み合わせによる
大規模データベースシステムの協業プロジェクトを開始 −

本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:樋口泰行、以下:日本HP)と、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:マイケルローディング、以下:マイクロソフト)は、ハイエンドの企業向けDB市場に向けた取組みを強化することで合意しました。

その一環として国内の大規模DBユーザを想定した「HP Integrity サーバ Superdome」とMicrosoft® SQL Server™ 2005 (次期 SQL Server、コードネーム:Yukon、以下、SQL Server 2005) を組み合わせた早期共同検証プロジェクトを開始します。今回の共同検証プロジェクトは、日本HP、およびマイクロソフトが2003年8月に締結したミッションクリティカル・システムの分野における協業関係確立の関係をさらに強化したもので、Windows をベースとしたミッションクリティカル・システムの導入を促進します。

この度のハイエンドDB分野における両社提携強化の目的および概要は、下記の3点です。

 
1. SQL Server 2005 をベースとした高可用性技術検証、ノウハウの早期確立
SQL Server 2005 の提供開始後すぐに、ミッションクリティカル分野において適用を可能とするために、技術検証、および導入ノウハウを確立します。
2. 将来まで含めたトータルなミッションクリティカル・システムの提案
本検証を行うことで、現在システムを検討されているお客様に、将来を見据えたミッションクリティカル・システムの提案を可能にします。既に、現在提供中の SQL Server 2000 については、ミッションクリティカル分野におけるノウハウ、技術検証は両社で確立しており、今回の協業プロジェクトで将来まで含めたシステム提案を可能にします。
3. 大規模業務システムにおけるWindows Server、SQL Server、.NET Framework をはじめとするアプリケーションプラットフォームの導入促進
Windows Server、SQL Server におけるミッションクリティカル分野での大規模データベースシステムの技術検証のみならず、Windows Server、SQL Server、BizTalk Server、そして .NET Framework をはじめとするマイクロソフトのアプリケーションプラットフォームをベースとしたシステムの検証の実施、およびノウハウの確立を行います。
これを元に、日本HPとマイクロソフトは、大規模データベースシステム分野にSuperdome、SQL Server、及び.NET Framework をはじめとするマイクロソフトのアプリケーションプラットフォームを共同で推進していきます。

上記共同検証プロジェクトは3つの柱があり、その詳細は以下の通りです。

 
1. Superdome、および SQL Server 2005 を用いた共同検証プロジェクト
  • HP Integrity サーバ Superdome、HP StorageWorks Enterprise Virtual Array 5000(EVA5000)をマイクロソフトの調布技術センターに2004年2月に導入設置しました。20004年3月より2005年1月までの11ヶ月間で大規模DBユーザを想定した共同検証を実施します。
  • 日本において導入を検討しているお客様のシステムに近い環境をベースに、高可用性技術、移行方法等の検証を実施。この成果をマイクロソフト米国本社の製品開発に役立てることで、お客様にニーズに適した製品の提供が可能になります。
  • SQL Server 2005 に搭載予定のDatabase Mirroring 技術を中核としたレプリケーション、障害時フェイルオーバ、バックアップ、復旧等の高可用性環境の実践的な構築方法の検証を実施します。
  • マイクロソフトからは5名、日本HPからは5名の総勢10名の体制で実施します。
    2. 日本HPにおけるWindows Server、SQL Server、BizTalk Server および
    .NET Frameworkをベースとしたマイクロソフトのアプリケーションプラットフォームの技術者育成

  • 共同検証終了時に日本HP内のマイクロソフトのアプリケーションプラットフォームの技術者を300名にします。
  • SQL Server 2005、および Visual Studio 2005 (次期 Visual Studio、コードネーム; Whidbey) の早期トレーニングの実施により、早期に技術者の育成を行います。
    3. 「ジョイント・ミッションクリティカル・サポート・センター」におけるサポートの拡充
      昨年8月に立ち上げた「ジョイント・ミッションクリティカル・サポート・センター(JMCSC)」では、両社の技術者が相互のサイトに常駐し、共同でミッションクリティカル・システムのサポートを提供しています。今回の協業により、その結果を元に本JMCSC におけるサポートの拡充を行います。

    【本共同検証の背景について】

     

    昨年7月のインテル Itanium® 2 プロセッサ 6Mの発表以降、Itanium 2 プロセッサの商用分野への導入が拡大しており、特にWindowsをベースとしたミッションクリティカルな大規模データベースシステムを構築する事例が多く発表されています。「HP Integrity サーバ Superdome」と「Microsoft® 64bit version Windows Server™ 2003 Datacenter Edition」、および SQL Server 2000 Enterprise Edition (64-bit) の組合わせでは、日本経済新聞社のマネーサイト「マネー&マーケット」、カブドットコム証券のオンライントレーディング・システムなどが既に稼動を行っています。日本においては、Windows 環境での64ビット ミッションクリティカル・システムの導入実績が世界的にも多く、今後も高い需要が期待されています。

    このような状況において、両社では、既に締結しているミッションクリティカル分野における協業関係の中で、導入期間の長い本分野で、お客様に将来的にも安心して導入をいただくための検証、構築ノウハウの確立が重要であると判断し、本検証を実施することとしました。

    SQL Server 2005 について

     

    企業や組織は、現在、データに関するいくつかの課題に直面しています。それらは、企業にまたがるデータやシステムの増加や散在、社員や顧客、パートナーに対する一貫したデータアクセスの提供、情報を元にした意思決定を行うためのインフォメーション ワーカーに対する意味のある情報の提供、アプリケーションの可用性、安全性、信頼性を損なうことなく、コスト管理の必要性、などです。

    SQL Server 2005は、こうした課題を解決するためにデザインを行いました。SQL Server 2005 は、マイクロソフトの次世代の情報マネジメントソリューションとなり、大幅に向上した拡張性、可用性、信頼性を提供し、企業のデータや分析アプリケーションに対して容易に構築、展開、管理を実現します。

    SQL Server 2005は、SQL Server 2000 の優位性を基盤とし、下記のような、企業の規模に問わず優れた統合した情報マネジメントソリューションを提供します。

     
  • 拡張性、信頼性、安全性のより高い企業のアプリケーションの開発、展開
  • ITの生産性を最大化し、データベースアプリケーションの開発、展開、管理の複雑性の軽減
  • 開発者が使いやすい、フレキシブルな最新の開発環境を提供し、より安全性の高いデータベースアプリケーションの開発を実現
  • 複数のプラットフォーム、アプリケーション、およびデバイスにまたがるデータを共有し、より簡単に社内、社外のシステムとの連携を実現
  • 強力で統合されたデータ分析ソリューションを提供し、企業内における情報を元にした意思決定、またその迅速化の実現
  • パフォーマンス、可用性、そして拡張性を犠牲にすることのないコスト管理の実現

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

     

    日本ヒューレット・パッカード株式会社

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660

    マイクロソフト株式会社

    カスタマー インフォメーションセンター  TEL: 東京:03-5454-2300 / 大阪:06-6347-9300

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡