Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年4月26日

Linuxシステムを容易に、かつ安心して導入できる環境を提供する

Linuxビジネスにおける「二極化戦略」を発表

− 同時に、ProLiant用Red Hat Enterprise Linux 3の提供を開始し、
ProLiant用HP Serviceguard for Linuxの新バージョンを5月に提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、業界標準x86サーバ「HP ProLiant(プロライアント)ファミリ」のLinuxビジネスにおける「二極化戦略」を発表します。
Linuxシステムを容易に、かつ安心して導入できる環境を提供するため、Linux市場を「エンタープライズLinux市場」と「エントリーLinux市場」に分け、それぞれの市場特性やお客様のニーズに合わせた施策を展開します。

同時に、Linuxビジネスにおける二極化戦略の中核を成す新製品として両市場を対象に、ProLiant用Red Hat Enterprise Linux 3(以下、RHEL) 4製品を発表します。また、「エンタープライズLinux市場」を主要ターゲットに、RHELと組み合わせることでLinuxハイアベイラビリティ・ソリューションを実現するProLiant用「HP Serviceguard for Linux」の新バージョンを5月に提供し、高可用性のニーズに対応します。

製品名 希望小売価格 受注開始
Red Hat Enterprise Linux 3 99,800円〜
(税込104,790円)〜
5月中旬
HP Serviceguard for Linux 1ノードあたり250,000円
(税込262,500円)
5月中旬

RHELには日本HPによるソフトウェアテクニカルサポート(8:45〜17:30、月〜金)が添付されているため、お客様はLinuxシステムを導入でき、導入後も安心して使用できます。また、ハードウェアベンダとして初めてOS単体での販売も行うことで、ProLiantを既に使用しているお客様のLinuxシステム導入をサポートします。今後、24時間365日のソフトウェアテクニカルサポートを添付したRHEL製品も発表する予定です。

日本HPはハードウェア、OS、ソフトウェア、サービス/サポートを一括提供することで、お客様のLinuxシステムの導入から運用/保守までをサポートします。

<「二極化戦略」をLinuxビジネスにも適用>

 

Linux市場は急速に成長を続けており、2003年から2007年における国内Linux市場は年率約20%の成長が見込まれています。日本HPは2003年1月からIAサーバ・ビジネスの二極化戦略 (注) を展開し、事業を拡大してきました。
今回、「二極化戦略」をLinuxビジネスにも展開し、事業強化を図ります。Linuxビジネスの二極化戦略において「バリュー・ビジネス領域」の「エンタープライズLinux市場」と、「ボリューム・ビジネス領域」の「エントリーLinux市場」を設定し、それぞれに適した施策を展開します。お客様のニーズに合わせてLinuxシステムを容易に、かつ安心して導入できる環境を提供します。

<2つのLinux市場に対する施策>

 

「エンタープライズLinux市場」

 

Linuxでデータベース、ERP、クラスタリングなどの基幹システム構築や科学技術計算HPCや金融・製造などのエンタープライズHPCの構築を求める大企業、中小中堅規模企業が主要ターゲットになります。主な販売チャネルは日本HPの直販部門および大手システムインテグレータ、Linuxソリューションを得意とするバリュー系販売パートナーです。

 
  • Red Hat Enterprise Linux 3を提供
    RHEL ESおよびASと日本HPのソフトウェアテクニカルサポートを添付したRHEL 4製品を発表します。
  • HP Serviceguard for Linuxの新バージョンを提供
    HP-UX上において豊富な実績と信頼を誇るハイアベイラビリティ・ソリューションServiceguardのLinux版である「HP Serviceguard for Linux」を5月に提供します。RHELと組み合わせることでソフトウェアおよびハードウェア障害からシステムを保護し、発生した問題に素早く対応可能です。
    また、HP StorageWorks(ストレージワークス) MSAファミリなどと組み合わせることで、2〜16ノードまでのLinuxクラスタシステムを構築可能です。
  • ラッキングサービスでのLinuxプリインストール・サービスの提供
    日本国内での自社製造拠点で製品に付加価値を提供する日本HPのSCM戦略「ファクトリー・インテグレーション・デリバリ・モデル」のラッキングサービスに、Linuxプリインストールおよび各種設定サービスを追加します。(6月にサービス提供開始予定)
    ラッキングサービスとの連携により、導入から運用/保守までのサポートを含んだLinuxシステムを提供します。

     

    「エントリーLinux市場」

     

    導入コストを抑えながらメール、ファイル/プリント、Web、イントラネットなどのシステムの構築を求める大学の研究室や企業の部門、支店が主要ターゲットになります。主な販売チャネルは販売チャネルは、HP DirectplusおよびDirectpartner、全国各地に強い二次店と取引のあるボリューム系販売パートナーです。

     
  • Red Hat Enterprise Linux 3をOS単体でも提供
    「エンタープライズLinux市場」と同様、RHEL 4製品を提供します。また、RHELをOS単体でも提供し、ProLiantを導入済みのお客様のLinuxシステム導入をサポートします。今後、導入コスト低減を求めるお客様向けのRHELの発表も予定しており、RHELのラインナップ拡充を図ります。
  • LinuxをプリインストールしたProLiantを提供
    DirectplusのOSプリインストールメニューにLinuxオプションを6月に追加する予定です。また、ProLiant Advantage Pack NeoファミリのRHELプリインストールモデルを6月に発表する予定です。
    LinuxをプリインストールすることでOSインストールの手間を省き、自由な構成のProLiantをベースにした低価格なLinuxソリューションを5営業日でお届けします。

    注: ProLiantの二極化戦略については以下のURLをご参照ください。
    http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2003/fy03-036.html

    ■ 日本HPのLinuxに関する情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/linux/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡