Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、株式会社 オービックビジネスコンサルタント、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社の共同リリースです。各社から重複して配信される場合がありますが、予めご了承下さい。

2004年4月27日

株式会社 オービックビジネスコンサルタント
日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

OBC、日本HP、マイクロソフトが、「奉行21 Ver.II 新ERP 64bit」による、
レガシー・マイグレーションの販売・マーケティング活動で協業

株式会社 オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史、本社:東京都新宿区、以下:OBC)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(社長:樋口 泰行、本社:東京都品川区、以下:日本HP)および、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長 マイケル ローディング、以下:マイクロソフト)は、「64bit Windows Server™ 2003」とインテル® Itanium® 2 プロセッサに対応した、「奉行21 Ver.II新ERP 64bit」と、「HP Integrityサーバ」の組み合わせにより、レガシー・システムのマイグレーションを推進するため、相互に販売協力を実施することで合意しました。

「奉行21 Ver.II新ERP 64bit」は、3月の発売以来すでに、株式会社アタックス・ビジネス・コンサルティング(代表取締役:丸山 弘昭)、フリービット株式会社(代表取締役社長CEO:石田 宏樹)など各社で採用が決定されるなど、順調な立ち上がりを見せています。

日本HP、マイクロソフトは、OBCの「奉行21 Ver.II 新ERP 64bit」の開発にあたり、32ビットから64ビットへのポーティングおよび、パフォーマンス・チューニングなどに関する技術の支援を実施しました。その結果、「奉行21新ERP Ver.II 64bit」は、「64bit Windows Server 2003」 「SQL Server™ 2000 64bit 」および「HP Integrity」サーバの組み合わせにより、 OBCの32ビット版と比べ、最大で200%のパフォーマンス・アップを実現しています。これにより、少ないプロセッサ、サーバで、月次処理など一時的に高負荷が掛かる処理が可能になり、システムコストの削減が達成できるとともにシステムを集約することで、運用管理の費用などを含めたTCOの削減を実現します。

Itanium®2 プロセッサを搭載した「HP Integrityサーバ」は、ミッションクリティカルなシステムで多くの実績を持つ「HP 9000 サーバ」の様々な機能を継承した信頼性の高いサーバです。「HP Integrityサーバ」と「64bit Windows Server 2003」 はスケーラビリティに加え、Itanium®2 プロセッサが提供する、マシン・チェック・アーキテクチャ、エラー検出/修正機能をサポートすることにより、高い信頼性と可用性を低コスト実現した、中堅企業の基幹業務のマイグレーションに最適なプラットフォームを提供します。

今回の合意でOBCは、この組み合わせを、より高い負荷の要求される中堅企業の基幹システムの推奨標準構成として販売し、オフィス・コンピュータなどの、レガシー・システムからのマイグレーションを推進していきます。3社は、年間 約500件のオフィス・コンピュータおよびレガシー・システムからの「奉行シリーズ」への移行を目標にします。

マイグレーション推進のため、今後、3社で実施する主な施策は以下の3つです。 今後各社ではこれらの施策について共同マーケティングやプロモーションを行うなど相互に販売協力を行います。

主な協業内容

 
1. レガシー・システム保有顧客に対して、共同の提案活動を実施
3社は、「奉行21 Ver.II新ERP 64bit」による、レガシー・システムのマイグレーションを推進するため、レガシー・システムを保有する顧客に対し提案活動およびセミナーを共同開催すると共に、広告宣伝活動および導入事例紹介などを共同で実施します。

セミナー名: OBC 奉行フォーラム2004
開催日時: 2004年9月より順次開催
開催場所: 全国120ヵ所
集客予定: 4,700名

2. パートナー向け戦略説明会およびトレーニングを実施
3社は、OBCのパートナー各社に対し、「奉行21 Ver.II新ERP 64bit」の戦略・製品説明を実施するセミナーを全国で開催すると共に、パートナー各社に対し、システム構築に関する教育プログラムを実施します。

セミナー名: OBC戦略セミナー2004
開催日時: 2004年4月〜2004年6月
開催場所: 全国 17ヶ所(横浜、岡山、福岡、大宮、名古屋、大阪、東京、仙台、新潟、札幌、広島、福島、千葉、静岡、金沢、高崎、高松)
集客予定: 2,000名

3. システム設計・提案活動を実施

日本HPの市ケ谷事業所にある「HP Itanium ソリューションセンター」に設置された、「HP Integrityサーバ」を使用し、顧客システムのサイジングを行うことで、より具体的な提案活動およびシステム設計を実施します。3社は、それぞれが有する技術ノウハウ、コンサルティング・ノウハウおよび業務知識を共有することにより、早期移行を実現します。

今回の発表にあたり、インテル株式会社エンタープライズ&ネットワーク ソリューションズ本部本部長 町田栄作様より以下のコメントを頂いております。

「インテルは従来のシステムから新機種への移行を推進する今回のプログラムに期待しています。インテルではこれまでOBCの「奉行21 Ver.II 新ERP 64bit 」の開発において、インテル® Itanium® 2 プロセッサ上での動作へのポーティングとチューニングの支援を行って参りました。インテル® Itanium® 2 プロセッサは優れたコスト・パフォーマンス、高い信頼性およびスケーラビリティを持ち、中堅企業においてもレガシー・システムからオープン・システムへ移行する際のプラットフォームとなるものと確信しています。「奉行シリーズ」のインテル® Itanium® 2 プロセッサへの対応により、中堅企業向けの市場においてレガシー・マイグレーションと64bit化が一層加速されるものと考えております。」

*記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

#     #     #

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡