Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年5月11日

グラフィック向け、CAD向け大判インクジェットプリンタ、計3製品発表

− 価格性能比の高い製品投入により、店舗、レジャー施設、教育機関などの新規顧客層を開拓 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、大判プリンタの新規顧客層拡大を目指し、グラフィック向け、CAD向け大判インクジェットプリンタ新製品3製品を発表、本日より販売を開始します。

A1プラス対応プリンタ

 
製品名 価格(HP Directplus価格) 販売開始日
HP Designjet 130 オープン価格
(178,500円 (税抜価格170,000円))
5月11日
HP Designjet 110plus オープン価格
(168,000円(税抜価格160,000円))
5月11日
販売チャネル:日本HP販売代理店、店頭、HP Directplusオンラインストア

A3プラス対応プリンタ

 
製品名 HP Directplus価格 販売開始日
HP Designjet 30 89,880円(税抜価格85,600円) 5月11日
販売チャネル:HP Directplusオンラインストア

大判プリンタ市場は主にCADなどのテクニカル分野とグラフィック分野に分かれており、従来、利用層は建築業や出力サービス業、グラフィックデザイナーなど専門業種がほとんどでした。しかし、PCの普及により手軽に書類やポスターの作成が可能になったこと、及び、技術の進歩により比較的高価であった大判プリンタの価格低下が進んだことで、新規利用層が増加しています。具体的には、流通・小売業、サービス業、各種教育機関などでポスターなどを手軽に印刷したいという需要や、これまで大判プリントを印刷業者等に外注していたSOHOや個人事務所などの新規需要の拡大などが挙げられます。
大判プリンタ市場シェア国内・世界第一位 (*1) のHPでは、大判プリンタのリーディング企業として、常にお客様の現在のニーズに最適な製品の提供に努めています。今回、各用途に適した高画質・操作性を提供する新製品を、従来製品よりお求めやすい価格で提供することで、新規顧客層の拡大を目指します。

*1: IDC LFP Tracker 2003 Q4 Reportでの台数実績

<新染料インク採用により高画質を提供するグラフィック向けプリンタHP Designjet 130>

 

グラフィック向け大判インクジェットプリンタ新製品「HP Designjet 130(エイチピー デザインジェット 130)」は、高画質とコンパクトな筐体が特長です。大判ポスター、写真、デザイン画の出力に適しており、店舗や施設内のポスター、POP、写真など幅広い用途に活用可能です。
グラフィック印刷に最適な新染料インクの採用により、鮮やかな発色による高い印刷画質と約70年 (*2) の高い耐光性を実現しています。さらに、A1プリンタでありながら、コンパクトサイズ、軽量のため、オフィスの机の上への設置も可能です。
併せて、最大A3プラスサイズまで対応するグラフィック向けプリンタ「HP Designjet 30」を発売します。

*2:

米国の第三者機関「Wilhelm Imaging Reserch, Inc.」にて実施のテストによって算出された予測値。温度:24℃ 湿度:60%。ガラス付きの額縁に入れ保存し、標準的な屋内照度(450luxで12時間を1日の照射量とする)下で明らかな褪色が見られるまでの年数を予測。
※保存・展示方法によっては上記の保存性が発揮されない場合があります。

 

HP Designjet 130のその他の主な特長

 
  • マルチペーパサイズに対応
    ISO A6から610mm幅(A1プラス)までの用紙サイズに対応 A2プラスサイズトレイ搭載により、容易なカット紙セットが可能 ロール紙対応(オプションのロールフィードユニット使用時)
  • 6色インク
    連続印刷に便利な69ml大容量インク採用
  • 最高解像度2,400dpi×1,200 dpi
  • インクドットサイズ:4pl(ピコリットル)
  • Windows、Macintoshドライバ標準付属
  • サイズ:1,045×580×225mm(幅×奥行×高さ)、重量22kg

    HP Designjet 30の主な特長

     
  • 対応サイズ:ISO A6からA3プラスまで
  • 6色インク
    連続印刷に便利な69ml大容量インク採用
  • 最高解像度2,400dpi×1,200 dpi
  • インクドットサイズ:4pl(ピコリットル)
  • Windows、Macintoshドライバ標準付属
  • サイズ:723×442×223 mm(幅×奥行×高さ)、重量:12.5kg

    <A2サイズトレイ採用で利便性を高めたCAD向けプリンタHP Designjet 110plus>

     

    「HP Designjet 110plus(エイチピー デザインジェット 110プラス)」は図面やパースなどのCAD出力用途に最適な大判プリンタです。高濃度顔料系ブラックインク採用によるシャープな線画、A6から610mm幅(A1プラス)までのマルチサイズ対応などのHP Designjet 110の機能を継承しました。さらに、HP Designjetシリーズで初めてA2プラスサイズトレイを搭載し、A2カット紙の連続給紙により印刷の利便性を高めました。これは、特に住宅の設計などでA2サイズ用紙の使用頻度が高いお客様の声を反映したものです。

    筐体サイズもHP Designjet 130同様に、A1プラス対応プリンタでありながらコンパクトで設置スペースをとりません。日本HPでは、HP Designjet 110plusの投入により、従来のA2、A3サイズプリンタ使用顧客層のA1プリンタへの移行および小規模・個人設計事務所などの顧客層の拡大を目指します。

    HP Designjet 110plusのその他の主な特長

     
  • Windows、Macintoshドライバ標準付属
  • サイズ:1,045×580×225mm(幅×奥行×高さ)、重量22kg
  • 4色、1,200dpi

    <既存製品、オプション製品の価格改定を実施>

     

    新製品の発表に伴い、下記の既存製品、オプション製品の価格を最大約22%改定します。

    製品名 新価格(税込) 旧価格(税込) 改定率
    HP Designjet 500 A1モデル 312,900円 365,400円 約14%
    HP Designjet 500 B0モデル 449,400円 533,400円 約16%
    ロールフィードユニット
    (HP Designjet 100シリーズ用)
    25,200円 31,500円 20%
    自動切換ロールフィードユニット
    (HP Designjet 100シリーズ用)
    36,750円 47,250円 約22%

    「ロールフィードユニット」はプリンタにロール紙を装着し、印刷時の利便性を高めるオプション製品です。さらに「自動切換ロールフィードユニット」では、ロール紙が使用できるだけでなく、プリンタドライバで指定するだけで、カット紙とロール紙の切換えが可能になります。

    ■ 添付資料
         新製品スペック一覧表 ( PDF:100kb ) *

    ■ 「HP Designjet」に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/designjet/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡