Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースはシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、マイクロソフト株式会社の共同リリースです。重複して配信される場合がございますがあらかじめご了承ください。

2004年5月13日

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

シトリックス、日本HP、マイクロソフトが、
アプリケーションソフトウェアメーカー向け検証センターの共同運営を開始

- HPサーバー製品上に、マイクロソフトサーバー製品およびシトリックス製品を搭載した
検証環境を無償で提供。アプリケーションに対する付加価値を提供 -

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下:シトリックス、本社:東京都目黒区、代表取締役社長:田中正利)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下:日本HP、本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口 泰行)、マイクロソフト株式会社(以下:マイクロソフト、本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:マイケル ローディング)の3社は、国内外のアプリケーションソフトウェアメーカー向けに、アプリケーションの稼動検証を支援する検証センターを共同運営することを発表します。共同運営する検証センターの名称は、各社の頭文字をとり、「HMC ソリューションセンター」と呼びます。

HMC ソリューションセンターで提供されるサービスを利用することで、アプリケーションソフトウェアメーカーはアプリケーションのWeb対応、TCO削減など、アプリケーションに付加価値を付けてユーザーに提供でき、案件推進のスピードアップにつなげることが可能になります。

「HMC ソリューションセンター」は、日本HPの天王洲ソリューションズセンタを検証施設として、最新のCitrix® MetaFrame® Presentation Server 3.0および、Microsoft® Windows Server™ を、HPの高信頼性・高パフォーマンスを誇るProLiantサーバー製品に搭載した検証環境を無償で提供します。また、各社の製品、技術ノウハウを詰め込んだ検証ガイドを活用でき、検証ガイドに従って、各メーカーが稼動検証を行います。さらに、検証が終了し、HMC ソリューションセンター事務局審査によりProLiantサーバー製品、Windows Server 2003、MetaFrame Presentation Serverの組合せで拡販できる可能性を判断したアプリケーションには、HMCソリューションセンターとアプリケーションソフトウェアメーカーと共同でベンチマーク、サーバーサイジングなどの共同検証のサービスなども用意しています。

本センターで検証ガイドに基づいて稼動確認がされたアプリケーションは、 MetaFrame Presentation Serverと、Windows Server 2003の提供するターミナルサービスの連携により、サーバー上にインストールされているアプリケーションを効率的かつ安全に管理でき、Webを通じてユーザーが利用可能であることを示します。アプリケーションソフトウェアメーカーにとってのメリットは以下の通りです。

<アプリケーションソフトウェアメーカーにとってのメリット>

 
  • 仕様上Web化が困難なクライアントサーバー形式のアプリケーションをカスタマイズ・再開発することなく、シンクライアント環境への移行を可能にします。また、クライアントサーバー形式のボトルネックであるクライアントへのアプリケーション配布や運用、メンテナンスコストを大きく削減できます。
  • HMCソリューションセンターを利用し、アプリケーションの事前動作確認をHPのProLiant上で行うことにより、案件時のカットオーバーまでの工数を削減できます。
  • 動作確認を完了し報告をいただいた場合、シトリックス社のホームページ上でHMCソリューションセンターにて稼動確認済みソリューションとして公開されるほか、HMC ソリューションセンター事務局審査によりProLiantサーバー製品、 Windows Server、MetaFrame Presentation Serverの組合せで拡販できる可能性を判断されれば共同マーケティング活動を通して市場への認知度向上を共に目指すことが可能です。

    MetaFrame Presentation Serverでアプリケーションを配布すると、従来のクライアントサーバー形式のアプリケーションを、再開発しなくてもWebで利用可能になります。これにより、それぞれのクライアントPCにアプリケーションをインストールする必要がなくなるほか、操作性は従来と同じであるため従業員への再教育にかける手間も要りません。この結果、少ないコストで現状のアプリケーションを最大限活用ができ、自社のアプリケーションに付加価値をつけてエンドユーザーに提供できます。エンドユーザーにとっては、アプリケーションの社内展開配布が短時間で済み、運用管理にかかる手間が大きく削減できます。

    <HMCソリューションセンター開設の背景>

     

    これまでシトリックス、日本HP、マイクロソフトの3社は各々2社間のパートナーシップをベースに活動を展開してきました。しかし実際の顧客へのソリューション提供においては3社の組合せをベースに展開する例が多く、3社間のパートナーシップが顧客への利点提供に有益と判断しました。

    さらに3社の組合せによるソリューションの多くが、チャネルパートナーを通じて組み合わされ、ユーザーに提供されています。この現状を受け、各ソフトウェアメーカーにおける情報蓄積や資源の共有を強化し、それらをチャネルパートナー、エンドユーザーに提供していく仕組みを作ることで、チャネルパートナーによるソリューションの提案の質・内容をより向上させ、販売、導入のスピードを高めていくこと可能であると考えます。3社のHMCソリューションセンター共同運営の背景はこのような考えをベースにしており、これまでの各社のパートナーシップを統合し、より強化していきます。

    <HMCソリューションセンターの概要>

     

    HMCソリューションセンターは共同運営各社の既存施設、リソースを連携させ運営されます。

     
    名称: HMCソリューションセンター:   http://www.citrix.co.jp/partners/hmc/ 
    (※現在、ページの提供は終了しております。)
    検証施設: 日本HP天王洲ソリューションズセンタ(天王洲セントラルタワー22階)
    稼動確認アプリケーションの掲載サイト: http://www.citrix.co.jp/cgibin/application.cgi

    HMCソリューションセンターの利用方法

     

    本センターの利用に際しては、利用申請書に必要事項を記入し、HMCソリューションセンター事務局までメールにて送付します。申請にあたっては、申請内容を事務局にて審査します。審査基準における必須項目は以下の通りです。

     
    1. Windows Terminal Service + MetaFrame Presentation Serverで付加価値のつくアプリケーションであること。
    2. Microsoft SQL Serverに対応していること。
    もし、未対応であり、Microsoft SQL Serverへポーティングをされたい場合は、Microsoftより支援を得ることが可能です。
    3. 商用のパッケージソフトウェアであること。

    HMCソリューションセンターに関する詳細な情報は、下記事務局までお問合せください。

         HMCソリューションセンター事務局: hmc_solution@citrix.co.jp

    #     #     #

    Citrix® 、MetaFrame® はCitrix Systems, Inc.の米国及びその他の国における登録商標です。Windows® 、Windows Server™は、米国Microsoft® Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。その他の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡