Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年5月14日

<お知らせ>

ProLiant用Red Hat Enterprise Linux 3とHP Serviceguard for Linux ProLiantの
受注開始

− 安心して使用できるLinuxソリューションを提供 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、業界標準x86サーバ「HP ProLiant(プロライアント)ファミリ」用に、「Red Hat Enterprise Linux 3(以下、RHEL)」 4製品と、RHELと組み合わせることで高い可用性、信頼性を備えたLinuxベースのクラスタ・ソリューションを実現する「HP Serviceguard for Linux ProLiant(以下、Serviceguard for Linux)」 2製品を本日より開始することを発表します。

製品名 希望小売価格 受注開始
Red Hat Enterprise Linux ES 3
          サブスクリプション&Care Pack
104,790円〜
(税抜99,800円)〜
本日より
Red Hat Enterprise Linux AS 3
          サブスクリプション&Care Pack
207,900円〜
(税抜198,000円)〜
本日より
HP Serviceguard
          for Linux ProLiant
1ノードあたり262,500円
(税抜250,000円)
本日より

<Red Hat Enterprise Linux 3について>:

 

RHELは、企業情報システムの幅広い用途に対応可能なプラットフォームとして性能、拡張性、セキュリティに注力して開発されています。
今回受注を開始するRHEL 4製品は、RHEL ESおよびASに、「Red Hat Network」へのアクセス権と日本HPによるソフトウェアテクニカルサポート 1年もしくは3年が添付されています。お客様はサポートサービスが付属したRHELを導入することで、導入後も安心してLinuxソリューションを使用できます。
また、ハードウェアベンダとして初めてサポートサービスが付属したRHELを単体でも販売することで、ProLiantを既に使用しているお客様のLinuxシステムへの移行をサポートします。

RHELには下記のサポートサービスが添付されています。

 
-

Red Hat Networkへのアクセス権
Red Hat Networkへのアクセス権を提供し、期間中に発表されるソフトウェアの新バージョンの使用権を提供。

 
  • 新バージョンのアップデート権
  • Red Hat Networkによるパッチ/アップデート配布
    -

    HPカスタマーサポートによるソフトウェアテクニカルサポート
    電話による技術支援を提供。時間帯は8:45〜17:30(月〜金)。期間は1年もしくは3年。

     
  • ソフトウェアの機能および運用に関するサポート
  • 問題の特定および解決のサポート
  • ソフトウェア・インストレーションのサポート
  • Red Hatへのエスカレーション

    <HP Serviceguard for Linux ProLiantについて>

     

    Serviceguard for Linuxは、RHELと組み合わせることでミッションクリティカルな業務に求められる高可用性をLinux環境で実現する、Linuxベースのクラスタ・ソリューションです。HP-UXで培った経験やテクノロジをProLiantサーバとLinux上に移植し、ミッションクリティカルな業務に求められる高可用性と信頼性を実現します。

    Serviceguard for Linuxは、各ノード(サーバ)の状態を監視し、異常を検出すると、迅速なフェイルオーバー(障害が発生したサーバからの業務引継)を実行して、サービスのダウンタイムを最小限に抑えます。また、共有ストレージとしてHP StorageWorks MSAファミリからHP StorageWorks XPシリーズまでの幅広いラインナップを選択でき、SCSI構成として2ノード、ファイバチャネル構成として2〜16ノードまでのクラスタを構築できます。

    <Linuxビジネスにおける「二極化戦略」 (注) について>

     

    日本HPは、ProLiantにおけるLinuxビジネスのターゲット市場を「エンタープライズLinux市場」と「エントリーLinux市場」に分け、それぞれの市場特性やお客様の購買行動に合わせた施策を両面展開する「二極化戦略」を推進しています。今回の発表は、新製品によるLinuxソリューションのラインナップを強化し、顧客満足度の向上を目指すものです。

    今後もこれらの戦略および施策を通じて、使いやすく信頼性の高いLinuxソリューションをお求めやすい価格でお客様に提供することで、TCO(Total Cost of Ownership)を低減し、顧客満足度(TCE:Total Customer Experience)の向上を図ります。

    Linuxビジネスにおける「二極化戦略」については以下のURLをご参照ください。
         http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2004/fy04-098.html

    ■ 添付資料
         Red Hat Enterprise Linux 3、HP Serviceguard for Linux ProLiantの主な仕様 ( PDF:12.5kb ) *

    ■ 日本HPのLinuxに関する情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/linux/

    ■ HP ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡