Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年6月28日

メインフレームのオープン化を推進するHP Serviceguardシリーズの新ソリューションを発表

− ミッション・クリティカルシステム障害時のリカバリー時間をさらに短縮 −

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、新ハイアベイラビリティ・ソリューション「HP Serviceguard Extension for Faster Failover(エイチピー・サービスガード・エクステンション・フォ・ファスター・フェールオーバー、以下、SGeFF)」を発表します。ミッション・クリティカル分野において、より高速なフェールオーバーを実現するミドルウェアであるSGeFFは、高度な可用性を必要とする通信業界や金融業界などミッション・クリティカル分野のユーザの強い要望を実現したものです。同ソリューションは、HP IntegrityサーバとHP9000サーバ上のHP-UX環境をサポートします。高可用性ソリューションを実現するミドルウェア群「HP Serviceguardシリーズ」に追加され、7月1日より販売開始します。

同時に、同シリーズのHP-UX環境でのクラスタ機能を実現する「HP Serviceguard(以下、Serviceguard)」、管理ツール「HP Serviceguard Manager(以下、SGM)」、およびOracle Real Application Clusters(以下、RAC)環境向けアドオン製品「HP Serviceguard Extension for RAC(以下、SGeRAC)」の機能を強化します。

今日のビジネス環境において、安定性および信頼性の高いITインフラストラクチャの構築が必須条件となっています。このようなITインフラストラクチャは、HPの推進する「アダプティブ・エンタープライズ戦略」を支える基盤です。日本HPは従来、HP-UXを中心に数多くのビジネス環境の変化に迅速に対応できる、優れた可用性および事業継続性を備えたソリューションを提供してきました。日本HPは、今回の新製品および機能強化版によって、HP IntegrityサーバとHP9000サーバに対してシームレスでかつ強固なクラスタ・システム環境を提供するとともに、ミッション・クリティカルなシステム環境に対応したより高度な可用性を実現することによって、アダプティブ・エンタープライズ戦略をさらに推進します。

<高速なフェールオーバー機能を実現するSGeFF>

 

SGeFFは、システムに高度の安定性および信頼性が求められる通信業界や金融業界などミッション・クリティカル分野のユーザからの強い要望に応えるために開発されました。SGeFFの導入により、現状のシステムはそのままに、さらに高速なフェールオーバーが可能になり、システム障害からのリカバリー時間が短縮されるので、ビジネス損失の最小化を実現できます。SGeFFは、Oracle RACなどのデータベース・システムやWebアプリケーションなどに特に有効です。SGeFFの主な特長は下記の通りです。

 
  • 最適化されたServiceguard、またはSGeRAC環境において、クラスタ・システムの再構成時間を大幅に短縮することが可能。従来最速でも 15 秒程度かかっていたクラスタの再構成時間が SGeFFにより 6 秒程度にまで大幅に短縮されます *1 。これによりユーザはシステム障害発生時にもミッション・クリティカルなサービスをストレスなく利用し続けることができます。
  • Serviceguard、およびSGeRACと密接に統合されており、全てのコアな機能とコンポーネントをサポート。
  • サポート・プラットフォームとして、HP IntegrityサーバのHP-UX 11i v2および HP9000サーバのHP-UX 11i v1をサポート。

    <管理機能などを強化したServiceguardおよびSGM>

     

    新ソリューションSGeFFの発表とともにServiceguardおよびSGMの管理機能も強化しました。システムの大規模化が進むと同時に、厳しい経済環境の下での管理コストの削減が強く要求されています。ServiceguardおよびSGMの新バージョンでは、ロールベースのクラスタ管理機能を提供することによって、より柔軟で管理の容易なクラスタ環境を提供します。Serviceguardの今回の機能強化では、より高度なネットワーク障害検知の機能も含まれています。またSGeRACではOracle 10gのサポートなどの新機能が追加されました。

    HPでは引き続き、優れたミッション・クリティカル環境の構築に貢献するため、HP-UXで培った技術とミッション・クリティカル分野における実績を基盤に、ソフトウェアをはじめ、サーバ製品などを包括的に提供していきます。

    <HP Serviceguardシリーズの特長>

     

    クラスタ技術による複数システム間での冗長構成、災害復旧のためのディザスタトレラント・クラスタの実現など、包括的なハイ・アベイラビリティ・ソリューションを実現するミドルウェア群です。HP-UXクラスタツールであるServiceguard、それに標準装備されるクラスタ管理ツールであるSGMを含む2つの管理ツール、および4つの個別アプリケーション向けアドオン製品と2つのディザスタリカバリ・ソリューションで構成されます。同シリーズの製品を使用することで、企業は、万一の時にもシステム・ダウンタイムおよびデータ損失を最小限に抑える安定性および信頼性の高いシステムを実現できます。同シリーズの基本ソフトウェアは、HP-UX 11iミッション・クリティカルオペレーティング環境にも含まれます。

    <HP Serviceguardシリーズ>

     

    今回、販売開始する新製品および新バージョンの詳細は以下の通りです。

    製品名 価格
    HP Serviceguard Extension for Faster Failover 1CPUあたり 20万円(税込21万円)
    HP Serviceguard
    HP Serviceguard Managerは、Serviceguardに
    含まれます。
    1CPUあたり 34万3千円(税込36万150円)
    HP Serviceguard Extension for RAC 1CPUあたり 45万7千円(税込47万9850円)

    *1: クラスタの再構成時間は弊社のテスト環境で実測したものです。システム全体のリカバリーのためには、この他にアプリケーションの復旧などの時間が必要です。実際のフェールオーバー時間はシステム構成などに依存します。

    ■HP Serviceguardシリーズに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/ha/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡