Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社が設立メンバーとなっているEGA日本運営委員会のプレスリリースです。

<参考資料>

2004年7月5日

EGA日本運営委員会

「Enterprise Grid Alliance (EGA) 日本運営委員会」を設立

− グリッドの国際標準化を目指しEGAが地区運営委員会を発足 −

企業向けグリッド・コンピューティングの開発および導入推進を目的とするコンソーシアム"エンタープライズ・グリッド・アライアンス(Enterprise Grid Alliance、以下EGA)"は、アジア太平洋地域におけるグリッドの普及促進に向けて日本運営委員会を設立したことを発表します。

EGAの日本運営委員会設立は、EGAのアジア太平洋、EMEA(欧州中東アフリカ)、南北アメリカを中心とした、エンタープライズ・グリッド・コンピューティング実現のための取り組みの一環です。EGA日本運営委員会設立趣旨は、日本企業のEGAへの参加の促進や規格の普及を含む地域活動を支援することだけでなく、日本グリッド協議会を初めとするグリッド関連団体との連絡業務も委員会の職務となります。
当初EGA日本運営委員会の運営は、EMCジャパン株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、日本ネットワーク・アプライアンス株式会社、日本電気株式会社、日本オラクル株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社の6社により行なわれます。また日本運営委員会はEGA技術運営委員会およびマーケティング運営委員会との密接な連携のもとに活動を進め、EGA理事会に直接報告を行なうことになります。

日本グリッド協議会会長の関口智嗣氏は、EGA日本運営委員会の設立に伴い、「日本グリッド協議会は、グリッド技術に関わる産業、学術分野の専門家が一堂に会し、それぞれの参加機関の会員による技術開発や標準化動向の調査、テストベッドの運用に関する最新の技術研究の成果などについて情報交流及び人的交流を行なう事を目的として、国内のグリッド技術の発展に資するべく設立致しました。グリッド協議会は EGAの今回の発表を歓迎し、グリッド技術の研究開発への促進及び研究成果の普及とともに新たな応用と産業分野への導入を期待します。」と語っています。

「日本運営委員会の発足により、世界中でグリッド・コンピューティングが活用されるという私達の目標に一歩近づくことになります。」と、EGA会長兼オラクル・コーポレーション、標準化戦略・アーキテクチャ部門のバイスプレジデントであるドナルド・ドイッチュ(Donald Deutsch)氏は述べています。「日本運営委員会は、アジア太平洋地域の企業におけるグリッド・コンピューティングの活用の拡大に貢献してくれるとともに、他の地域におけるEGAの拡大の一助になってくれるでしょう。」

日本市場は、業界標準のサーバ、ストレージ、ソフトウエアを活用することにより、IT管理にかかる時間、労力、費用を劇的に削減してくれるエンタープライズ・グリッド・コンピューティングの技術を受け入れています。過去、日本の大手IT企業は、明らかになりつつあるグリッドの技術をベースに、グリッドへのビジョンと製品ロードマップを公開してきました。EGAは今回のEGA日本運営委員会の設立によって、アジアパシフィックでのエンタープライズ・グリッド・コンピューティングの普及を加速させていきます。

エンタープライズ・グリッド・アライアンスについて

 

エンタープライズ・グリッド・アライアンス(EGA)は、企業向けグリッド・ソリューションの開発および推進に焦点をあてた、オープンなコンソーシアムです。EGAへの参画は、参加のレベルに応じて全ての組織が行なうことができます。詳細についてはEGAのWebサイトをご覧下さい。

http://www.gridalliance.org

#     #     #

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡