Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年8月9日

業界で初めて24時間×7日間対応のテクニカルサポートを添付した
「HP ProLiant用Red Hat Enterprise Linux 3」を発表

- 同時に「HP Directplus」でプリインストールサービスを提供開始 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、業界で初めて24時間×7日間対応のテクニカルサポートを添付した「HP ProLiant用Red Hat Enterprise Linux 3(以下、RHEL3)」 4製品を発表し、Linux OSポートフォリオを強化します。
また、HP Directplusにおける注文仕様生産(CTO)メニューにRHEL3のプリインストールサービスを追加し、8月中旬から提供開始します。

これらにより、業界標準x86サーバ「HP ProLiant(プロライアント)ファミリ」のLinuxビジネスにおける二極化戦略 (注) を強化します。

製品名 希望小売価格 受注開始
Red Hat Enterprise Linux ES 3
     サブスクリプション&Care Pack(24x7 1年)
206,850円
(税抜197,000円)
本日より
Red Hat Enterprise Linux ES 3
     サブスクリプション&Care Pack(24x7 3年)
573,720円
(税抜546,400円)
本日より
Red Hat Enterprise Linux AS 3
     サブスクリプション&Care Pack(24x7 1年)
408,240円
(税抜388,800円)
本日より
Red Hat Enterprise Linux AS 3
     サブスクリプション&Care Pack(24x7 3年)
1,132,425円
(税抜1,078,500円)
本日より

<サービス提供時間を拡大し、Linuxによる基幹システム構築ニーズに対応>

 

Linuxでの基幹システム構築におけるお客様の多様なニーズに対応するため、サービス提供時間を大幅に拡大したテクニカルサポートを添付したRHEL3 4製品を発表します。
従来から提供していた、RHEL3に平日8:45〜17:30のテクニカルサポートを添付したパッケージ製品に加え、24時間×7日間のテクニカルサポートを添付したパッケージ製品を追加し、お客様に幅広い選択肢を提供します。OS単体での販売も行うことでProLiantを既に使用しているお客様のLinuxシステム導入をサポートします。

<自由にカスタマイズしたProLiantにLinuxをプリインストールして提供>

 

Linuxシステムの導入の簡便性を高めるため、HP DirectplusのCTOメニューにRHEL3 2製品のプリインストールサービスを追加し、ラックマウント型サーバのHP ProLiant DL380およびDL360を対象に提供開始します。
これによりお客様は、標準時間のテクニカルサポートを含む構成を自由にカスタマイズしたLinuxシステムを正式受注後5営業日で導入できます。

 

プリインストールサービス対象のLinux OS

 
  • Red Hat Enterprise Linux ES 3
       サブスクリプション&Care Pack(標準時間 1年)
  • Red Hat Enterprise Linux ES 3
       サブスクリプション&Care Pack(標準時間 3年)

    <Linuxビジネスにおける二極化戦略について>

     

    日本HPは、ProLiantにおけるLinuxビジネスのターゲット市場を「エンタープライズLinux市場」と「エントリーLinux市場」に分け、それぞれの市場特性やお客様の購買行動に合わせた施策を両面展開する二極化戦略を推進しています。

    「エンタープライズLinux市場」ではデータベース、ERPなどの基幹システム構築、科学技術計算HPC(High Performance Computing)や金融・製造などのエンタープライズHPCの構築を求める大企業、中堅規模企業を主なお客様として、HP ProLiant用RHEL3やLinuxでのクラスタリング構成を実現するHP Serviceguard for Linuxを中心にビジネスを展開しています。
    一方、「エントリーLinux市場」では、導入コストを抑えながらメール、ファイル/プリント、Web、イントラネットなどのシステムの構築を求める大学の研究室や企業の部門、支店を主なお客様として、全国をカバーする広い販売網を持つパートナーと協調してビジネス展開を図っています。

    今後もこれらの戦略および施策を通じて、使いやすく信頼性の高いLinuxソリューションをお求めやすい価格でお客様に提供することで、TCO(Total Cost of Ownership)を低減し、顧客満足度(TCE:Total Customer Experience)の向上を図ります。

    注: Linuxビジネスにおける二極化戦略については以下のURLをご参照ください。
         http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/pr/fy2004/fy04-098.html

    ■日本HPのLinuxに関する情報は以下のURLでご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/linux/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡