Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年9月8日

RoITを最大化するILMのための中核プラットフォーム
「HP StorageWorks XP12000 ディスクアレイ」を発表

- 仮想化技術によりハイエンド機能とエントリストレージを融合、最適なデータ管理環境を低コストで実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、効率的な情報管理ソリューション「インフォメーション・ライフサイクル・マネージメント(以下、「ILM」)」の実現を支える基幹インフラとなるハイエンド・ストレージ「HP StorageWorks(ストレージワークス) XP12000(以下、XP12000)」を発表します。

今日、データ量が爆発的に増加する中で、セキュリティを確保しながら情報を最大限に有効活用し、同時に管理コストを削減することが企業の大きな課題となっています。「XP12000」は高度な機能と低コストストレージの活用により、効率的なデータ管理「ILM」のニーズに応え、ITの生み出すビジネス価値=RoIT(Return on IT)を最大化します。「XP12000」は、「XP1024」および「XP128」の後継機種となり、業界最高レベルのスケーラビリティや性能、可用性をさらに強化しました。また、新たに「HP NonStop サーバ」の接続をサポートし、これまで独立していた基幹システムを、オープンシステム環境と共にストレージ統合することを可能にします。

<新製品>

製品名 販売開始 出荷時期
HP StorageWorks XP12000 ディスクアレイ 9月8日 9月中旬

<HP StorageWorks XP12000の特長>

 

(1) 高度な機能と低コストストレージ利用で、ILMを実現
「XP12000」は、先進の仮想化技術を搭載しており、低コストのエントリストレージ「HP StorageWorks MSA1000(以下、MSA1000)」を外部拡張ストレージとして背後に接続 * することで、「XP12000」上の仮想論理ディスクとして利用し、管理することができます。自動的なデータの複製や移行、サービスレベル管理など「XP12000」に搭載された優れた管理機能を、容量単価の低いストレージと共に利用することで高度なILMを実現し、現在と比較し最大50%の管理コスト削減を可能にします。さらに、既存のXPシステムや他社のハイエンドシステム ** を外部拡張ストレージとして利用することで、既存の投資を保護し、データの移行を支援します。その他ILMを実現する以下の特長があります。

 

* 外部拡張ストレージ利用には、オプションソフトウェア「External Storage XP」が必要です。
** 他社ハイエンドシステム接続の提供は、2005年第一四半期予定。

 
  • 性能と容量効率を自動最適化する「Auto LUN XP」
    定義したポリシーに従い、アレイシステムが高速ディスク/RAIDと大容量、低容量単価のディスク/RAID間で自動的にデータを移行します。ホストおよびユーザが意識することなく、同一LUN内で性能と容量効率が最適化され、ILMの自動化がはかれます。
  • データの2次、3次利用を可能にする複製ソリューション「Business Copy XP」、
    「Flex Copy XP」

    実績のあるXP上のデータ複製ソリューション「Business Copy XP」を利用することで複数世代のデータ管理ができ、オンラインバックアップや瞬時のリカバリ、データ移行など業務を止めずにデータを2次、3次的な様々な用途に活用できます。さらに「Flex Copy XP」は、XPシステムとMSA1000の間で既存のSANを利用した汎用性の高いデータ転送を提供します。
  • データ保管のセキュリティ強化を可能にする「Lun Security Extension XP」
    長期のデータ保管において、コスト削減とともに求められるのが、不正アクセスや改ざんに対するセキュリティの確保です。「Lun Security Extension XP」では、Write-Once/Read-many (書き込みは一度のみ、読み出しは制限なし)のボリュームを作成し、長期にわたるデータの安全性を保証します。
  • 複数サービスレベルの管理を提供する「Storage Partition XP」「Cache Partition XP」(2005年第一四半期提供予定)
    ストレージ統合の規模が大きく複雑になるに従って、サービスレベル管理は深刻な問題です。「XP12000」では、FCポート、キャッシュ、コントローラを含むディスクアレイ・リソースを複数の論理パーティションに分離できます。単一のアレイ上に複数の「仮想アレイ」を構成し、そのアレイごとにサービスレベルを提供し、セキュリティや信頼性を向上します。サービスプロバイダは、ユーザのサービス、アプリケーションごとに異なるサービスレベルを設定できます。また、重要な業務に必要リソースを割り当てることにより可用性が向上します。

    (2) 業界最高レベルのスケーラビリティ、性能、可用性

     

    「XP12000」内部で物理容量 最大165TB(2005年上半期に332TBに拡大)、外部拡張ストレージ利用で最大14PB(2005年第一四半期に32PBに拡大)のデータを単一の「XP12000」システムとして統合し管理することができます。既存製品の2〜4倍のピーク性能を実現すると同時に、リモートのデータ複製、ファームウェア更新などの高可用性の機能も強化しました。その他以下の特長があります。

     
  • スモールスタートで全社規模まで単一アレイでの統合を実現
    「XP12000」は、今必要な構成でビジネスを小さくスタートし、成長のペースにあわせて最適な追加投資でシステムを最大規模まで拡張することが可能です。さらに、導入支援サービス「CBP for StorageWorks 」を利用することで、導入時の投資を最小限にし、先行投資のリスクを低減することができます。
  • 業界最高68GB/ 秒 クロスバー・スイッチによる圧倒的な性能
    実績のあるクロスバー・スイッチ・アーキテクチャを中心に、各部を大幅に見直し、大幅に性能を向上しました。シーケンシャルデータ転送で現行機種の2.5倍の8.0GB/秒(ピーク)、ランダムI/O性能で現行機種の4倍近い1,900,000IOPS(ピーク、キャッシュからの読み出し)という性能を実現しています。
  • 強化された災害復旧ソリューション「Continuous Access XP Jornaling」(2005年第一四半期提供予定)
    リモートコピーを実現するソフトウェア「HP Continuous Access XP」に新たに「ジャーナリング」機能が追加されます。リモートへ送信する更新データをディスク上の「ジャーナル」として蓄積し、限りあるネットワーク帯域を有効利用して転送するため、ネットワークの負荷が軽減されます。また、1対2または1対1対1の論理構成が可能なため、複数サイトの災害復旧ソリューションに展開可能です。
  • オンライン・ファームウェア更新機能の強化
    オンラインでのファームウェア更新機能がさらに強化されました。更新のポートのダウンタイム、性能への悪影響を排除し、業務への影響のないシステム更新、機能強化を実現します。

    (3) HP NonStop サーバ」接続で可能になる全社規模のストレージ統合

     

    「XP12000」 *、「XP1024」および「XP128」では、新たにフォールト・トレラント・システム「HP NonStop サーバ」の接続をサポートし、これまで独立していた基幹システムをオープンシステム環境と共にストレージ統合することが可能となりました。 SANストレージとしてNonStopサーバに初めて対応しました。これにより、NonStop、メインフレーム、UNIXまで含めた大規模ストレージ統合を実現します。フロントエンドとバックエンドのシステムで連携運用が可能となります。

     

    * 「XP12000」の「HP NonStop サーバ」接続は、2005年上半期提供開始予定

    <HPのデータ管理ソリューション「ILM」について>

     

    一般的にILMは、データを生成から削除までの重要度の変化に合わせて適切なストレージに格納する管理方法を意味します。HPは、ストレージだけでなく、より上位のネットワーク、サーバ、ソフトウェア、コンサルティング、運用管理までを含め、ビジネスニーズに合わせてストレージとシステム全体の最適化を行う効率的なデータ管理ソリューションである「ILM」を提供しています。これにより、お客様が激しいビジネスの変化に迅速に適応できるITシステムを備えた企業「アダプティブ・エンタープライズ(適応進化型企業)」になることをサポートします。

    ■ 添付資料
         新製品の仕様一覧 ( PDF:60kb )

    ■ストレージ・ソリューションに関する製品情報は以下のURLから参照できます。
         http://www.hp.com/jp/storageworks/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡