Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
当リリースは、日本ヒューレット・パッカード株式会社およびアデクサ・ジャパン株式会社の共同リリースです。
重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

2004年9月30日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
アデクサ・ジャパン株式会社

日本HPとアデクサ・ジャパン、ハイテク製造業向けにSCMソリューションを強化

- Itanium® 2プロセッサ環境でのソリューション提供により、
変化に迅速に対応する複雑なサプライチェーンの計画立案を高速化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:樋口泰行、以下:日本HP)とSCMソリューションプロバイダであるアデクサ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:末重秀二、以下:アデクサ)は、アデクサのSCMソリューション「Enterprise Global Planning System(以下:eGPS)」の中核をなす全社レベルでの生産計画モジュール「Supply Chain Planner(以下:SCP)」と工場レベルでの生産計画モジュール「Plant Planner(以下:PP)」が新たにHPのインテル® Itanium® 2プロセッサ搭載サーバ、「HP Integrityサーバ」に対応することを発表します。新モジュールは、HP-UXの環境で稼動し、日本HPとアデクサから本日より販売開始されます。

製造業では製品の短命化や需要の大きな変動など、ビジネスの変化が激しく、IT部門はこれらの変化に迅速に対応するため、大規模で複雑な処理を高い信頼性の下で実行することが求められています。eGPSは、半導体・液晶、電気・電子機器、精密機械 の製造分野で高いシェアを持つSCMソリューションです。今回eGPSを、新たに高い処理能力を持つ64ビットのItanium2プロセッサ搭載HP Integrityサーバとミッションクリティカルな領域で高い実績を持つHP-UXの組み合わせで利用可能にすることで、スケーラビリティ(拡張性)とパフォーマンスが大幅に強化されます。これにより顧客企業は、ハイテク製造業などに特有の複雑なサプライチェーンに伴うデータ処理を高速かつ高い信頼性の確保されたサーバ環境で行うことが可能になり、工場レベルから企業全体レベルまで、あらゆるレベルのサプライチェーンの計画立案を高速化できます。また、経営における迅速な意思決定を促進し、市場の激しい需要変動へ迅速に対応できるようになります。

また今回の発表に関しまして、三洋電機株式会社コンポーネント企業グループセミコンダクターカンパニー様から賛同コメントをいただいております。

三洋電機株式会社コンポーネント企業グループセミコンダクターカンパニーは、アデクサ社のSCMソリューションのユーザーとして、HPのItanium2搭載サーバ上で、稼働、販売開始されることを歓迎いたします。当社のSCMソリューションは、HPのPA-RISCとアデクサのSCPの組み合わせで稼働しておりますが、今回発表をうけて新バージョンの採用を決定しております。
両社ソリューションの強化が今後ますます増大するサプライチェーンの高速処理、スケーラビリティの拡大、また当社のさらなるビジネス拡大にともなう意思決定の迅速化につながるものと確信しております。

アデクサのSCMソリューション「Enterprise Global Planning System(eGPS)」のモジュールについて

 
  • SCP (サプライチェーン・プランナ)
    企業内外のサプライチェーン全体の制約条件を管理し、最適化された需要配分を工場などの各供給拠点に対して行い、また拠点間の物流計画を作成します。さらに、需給の制約条件の変化に対する仮説分析を瞬時に可能にします。サプライチェーン・ソフトウェアの心臓部にあたり、サプライチェーンでのグローバルな可視性を供給し、最上流から最下流までの需給情報を同期させます。
  • PP (プラント・プランナ)
    工場、あるいはサイトレベルでの計画立案システムで、あらゆる所要生産能力及び資材購買の制約条件を考慮し、実行可能な最適化された生産計画を立案します。通常、SCPから配分された需要、または実行系システム(ERPなど)の需要情報をインプットとし、詳細レベルでの仮説分析を可能にします。

    日本HPとアデクサでは、今後も密接な連携により、64ビット環境で稼動する主要エンタープライズ・ソリューションを拡大し、お客様に提供していきます。 

    ■ 日本ヒューレット・パッカードについて

     

    HPはコンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2004年4月締めの年間売上高は768億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報は http://www.hp.com/   をご覧ください。
    日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。 http://www.hp.com/jp/

    ■ アデクサ・ジャパン株式会社について

      アデクサ・ジャパン株式会社は、1997年米国アデクサ社の100%出資子会社として設立。主に製造業を対象に米国アデクサ社開発のサプライチェーン・マネジメント・ソリューション「Enterprise Global Planning System(eGPS)」の販売・導入コンサルティングを行っています。代表的なお客様には、セイコーエプソン株式会社、三洋電機株式会社、シャープ株式会社、株式会社東芝、株式会社ルネサステクノロジ、松下電器産業株式会社、日本電気株式会社、帝人株式会社があります。
    ホームページ: http://www.adexa.co.jp/

    #     #     #

    ※ 全ての会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡