Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2004年11月18日

HP ProLiantファミリのラインアップ強化

- ファイルサーバ専用機NAS製品のHP ProLiantファミリ統合と、
エントリークラスの新製品でx86サーバ市場の事業拡大を目指す -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、「HP ProLiantファミリ」の製品ラインアップを強化します。HP StorageWorks NASファミリとして販売してきたファイルサーバ専用機NAS(Network Attached Storage)製品群をサーバ製品群のHP ProLiantブランドに統合し、HP ProLiant Storage Serverシリーズとして本日より販売開始します。また、最新のインテル® Xeon™ プロセッサを搭載したエントリークラスのタワー型サーバ新製品「HP ProLiant ML150」を本日より販売開始します。HP ProLiantの製品ラインアップを強化し、多様な顧客ニーズに対応する製品を提供することで、中小・中堅企業向けの販売を強化し、サーバ事業の拡大を目指します。

一般的にx86サーバの用途の半数以上はファイル・プリントサーバに使用されています。ファイル・プリントサーバ構築には、サーバと必要なソフトウェアを購入して構築する方法と、サーバに必要なソフトウェアが予めインストールされているNASを利用する方法があります。しかし、NASはストレージ製品として販売されているため、ファイル・プリントサーバ構築では、x86サーバに必要なソフトウェアを購入して構築するお客様が多数を占めます。

日本HPでも、これまでHP ProLiantベースで設計されたNAS製品をストレージ製品として販売してきました。今回NAS製品を世界中で高い評価を得ているHP ProLiantブランドに統合することでNAS製品の認知度を上げ、導入が容易なファイル・プリントサーバを提供します。

また、スタンダードサーバのラインアップも強化します。HP ProLiant ML100シリーズの新製品として、最新のインテル エクステンデッド・メモリ 64 テクノロジ (インテル EM64T) 採用のインテルXeonプロセッサを2基搭載可能なタワー型サーバ HP ProLiant ML150を発表します。中堅・中小企業や大企業の部門レベルでの使用に最適な製品ラインを強化することで、エントリークラスのサーバビジネスの強化も図ります。

< HP ProLiant Storage Serverシリーズについて>

製品名 希望小売価格
HP ProLiant ML110 Storage Server
(タワー型、旧HP StorageWorks NAS 500s相当)
178,500円〜
(税抜 170,000円〜)
HP ProLiant DL100 Storage Server
(ラック型、旧HP StorageWorks NAS 1500s相当)
294,000円〜
(税抜 280,000円〜)
HP ProLiant DL380 Storage Server
(ラック型、旧HP StorageWorks NAS 2000sおよびHP StorageWorks NAS 4000s相当)
546,000円〜
(税抜 520,000円〜)
HP ProLiant DL580 Storage Server
(ラック型、旧HP StorageWorks NAS 9000s相当)
3,129,000円〜
(税抜 2,980,000円〜)
HP ProLiant ML350 Storage Server
(タワー型、新製品)
483,000円〜
(税抜 460,000円〜)
HP ProLiant ML370 Storage Server
(タワー型、新製品)
630,000円〜
(税抜 600,000円〜)

HP ProLiant Storage Serverシリーズは、従来のHP StorageWorks NASファミリのラインアップを引き継ぎ、機能強化したファイル・プリント専用機です。スタンダードサーバに必要なソフトウェアを購入してファイル・プリンタ共有環境を構築する場合に比べ以下のメリットがあります。

 
  • ファイルサーバの導入や運用管理にかかるコストと時間を節約できる。
  • ユーザ増に対応しやすい。(ユーザライセンスが無制限のため)
  • iSCSI対応により、より安価で柔軟性のあるストレージ共有環境を構築できる。

    日本HPはx86サーバビジネスにおいて「二極化戦略」をとり高性能・高機能なバリュー製品とコストパフォーマンスに優れたボリューム製品に注力してきました。今回のブランド統合により、HP ProLiant Storage Serverシリーズについても、スタンダードサーバと一貫性のある形での事業戦略を展開します。HP ProLiant DL580/DL380/ML370/ML350ベースの製品を主力製品と位置づけ、HPの販売店およびHP直販チャネルを中心に付加価値型のビジネス展開を図ります。一方でエントリーモデルのHP ProLiant DL100/ML110 ベースの製品は流通コスト削減のため直販サイト ダイレクトプラス専用モデルとして提供し、需要喚起型の価格戦略を採用します。

    <HP ProLiant ML150>

    製品名 希望小売価格
    HP ProLiant ML150 153,300円〜
    (税抜 146,000円〜)

    HP ProLiant ML150は、エントリレベルのサーバでありながら、一クラス上の管理性と性能を実現した新製品です。部門やワークグループなどの小・中規模ネットワークにおけるメールとファイル共有、小規模データベースとファイル共有などマルチタスクにもデュアルプロセッサ対応の余裕のパフォーマンスで応えます。最新テクノロジを搭載して、10万円台前半からという価格設定で、このクラスでは圧倒的な価格性能比を実現しています。

    本製品の特長は、以下になります。

     
  • 将来的な64ビット環境へのスムーズな移行を可能にする、インテル エクステンデッド・メモリ 64 テクノロジ (インテル EM64T) 対応Xeonプロセッサ採用
  • Ultra 320規格のSCSI HDDを搭載(電源を切らずにHDDを抜き差しできるホットプラグHDD対応モデルもラインアップ)
  • Lights-Out 100 リモート マネジメント カードをサポートし、リモート環境からの遠隔操作を実現(オプション)

    ■ 添付資料
         各製品の名称と仕様の詳細 ( PDF:108kb )

    ■ HP ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLをご参照下さい。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡