Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
このリリースは、ヒューレット・パッカード カンパニーが、12月16日(米国時間)に発表したリリースの日本語抄訳です。それぞれの日付は米国を基準にしています。

2004年12月21日

<参考資料>

Itanium® 2 プロセッサ搭載HP Integrityサーバへの取り組み強化のため、
3年間に30億ドルの投資を決定

- サーバのシステム技術、仮想化ソリューションや対応アプリケーション開発に注力 -

ヒューレット・パッカード カンパニー(カリフォルニア州パロアルト、以下:HP)は、インテル® Itanium® 2 プロセッサ搭載のHP Integrity サーバの開発に今後3年間で30億ドル以上の投資を行います。この投資により、現在はRISCプロセッサが優勢な200億ドルのサーバ市場で主導的な立場を築きます。

好調なHP Integrityサーバの販売状況に乗じて、この投資により、サーバやシステム・ソフトウェアの設計、パートナー主導型のアプリケーション・ソリューション開発、販売・マーケティング活動をいっそう促進します。

また、これと連動して、インテル コーポレーションは、HPのインテル Itanium プロセッサ設計チームをインテルが雇用することでHPと合意に達しました。同設計チームは、コロラド州フォート・コリンズに本拠を置き、この合意を通じて、Itanium アーキテクチャへの投資を強化し、マルチコア、マルチスレッドプロセッサの開発を推進します。

この合意は、インテルのターゲットとするRISCプロセッサ市場、高性能科学技術計算、メインフレームの置き換えにおけるItanium アーキテクチャの採用を拡大し、市場に普及させるという意図に基づいています。この発表に関する詳細は、www.intel.com/pressroomに掲載されているニュースリリースから入手できます。

HPは、Itanium プロセッサ搭載のHP Integrity サーバの売上が、2005年度末までにHPのBusiness Critical Server部門の売上の50%、2006年度末までに70%に達すると予測しています。

「HPとインテルは、サーバの革新とItanium プロセッサに対する投資を継続します。HP Integrity サーバは、今後10年以上にわたってお客様が競合優位性を獲得するために「不可欠」の競争上の武器になるのです。HPは、インテルと共同で、最も要求の厳しいお客様の業務用サーバプラットフォームとして、HP Integrity サーバを売り込んでいきます。」とHP会長兼CEO カーリー・フィオリーナは述べています。

より広範な提携関係によるソリューション

 

HPの投資計画には、ソフトウェア・パートナーのHP Integrity サーバ向けアプリケーション・ポートフォリオを拡充し、ソリューションの市場投入プログラムを促進するためのインテル社との共同出資も含まれています。アプリケーションのエコ・システムは、現在2,900以上のアプリケーションを擁し、2005年中には4,500以上に増加すると予測されています。

「HPは、主要パートナーのアプリケーションとソリューションのインフラストラクチャを確立することで、HP Integrity サーバ向けの強力な基盤を構築しました。現在は、通信業、金融業、公官庁、製薬業、製造業にわたる主要市場で、弊社のお客様から求められている完全なアプリケーション環境の提供に注力しています。」とHPの Business Critical Servers 上級副社長兼ゼネラル・マネジャ リッチー・マルセロは述べています。

サーバおよびシステム・ソフトウェア設計への投資

 

今日、様々なHP Integrityサーバが、RISCベースの競合製品より優れた価格性能比を実現しています。投資の強化を通じて、HPは、業界最高の性能、拡張性、信頼性をお客様に提供するために、チップセットとサーバ全体の設計による付加価値提供に注力していきます。

サーバ設計におけるHPの革新性には、競争が激化している2プロセッサから4プロセッサ・サーバ市場にフォーカスしたHP Integrity サーバ関連の開発などがあります。現在は、この市場においてUNIX、Windows®、LinuxおよびOpenVMSのシステムでお客様に業界最高の価格性能比と価値を提供するための開発が進行中です。さらに、HPは、2005年にItanium プロセッサ搭載NonStopサーバを発表する予定です。

HPは、お客様が単一プラットフォームで4つの動作環境を選択できる唯一のベンダとして、高い信頼性が求められるソフトウェアに巨額の投資を継続します。また、UNIX市場のリーダーとして、積極的にHP-UX 11iの革新を継続しています。特に、UNIX上の仮想化、高い信頼性、災害対策機能の強化に注力しています。Windows Server 2003とSQL Serverについては、マイクロソフトとの緊密な技術提携を通じて、今日のRISCサーバに匹敵する信頼性と拡張性の優れたプラットフォームの提供に注力しています。さらに、HPは、HP Integrityサーバ上のLinuxを最適化する専任の開発部門を創設しました。

HPの仮想化技術は、HP Integrity サーバによる業界をリードしていくために不可欠な技術です。たとえば、HPは、2005年後半に、HP Integrityサーバ用の仮想マシン(VM)を提供する予定です。これにより、お客様は、単一のItanium プロセッサで複数の仮想サーバを動作させることができ、サーバの利用効率を最適化することができます。すでに発表されている通り、HPは、マルチOSで構成される仮想化環境で共通の管理機能を提供することによって、仮想化技術でリーダーシップを獲得しています。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡