Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年2月17日

AMD Opteron™ プロセッサ搭載製品のラインアップを拡充

- ブレード型サーバ、高性能ワークステーションなどに新規搭載、
高い処理性能を要する広範な用途に向け新たな選択肢を提供 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、本日、64ビット拡張テクノロジ対応AMD Opteron™ プロセッサを搭載した製品ラインアップを大幅に拡充します。同プロセッサを搭載した初めてのブレード型サーバを含む「HP ProLiant(エイチピー プロライアント) サーバ」4シリーズと「HP Workstation(エイチピー ワークステーション)」1シリーズを発売します。
HPは「業界標準テクノロジの採用」を基本のプラットフォーム戦略として、多様化する顧客ニーズに適した広範な選択肢を継続的に提供します。32ビット及び64ビット拡張コンピューティングに同時対応し、性能に優れたAMD Opteronプロセッサ搭載製品により、64ビット環境へのスムーズな移行を実現します。

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP ProLiant BL25p 462,000円〜(税抜440,000円〜) 3月中旬
HP ProLiant BL35p 346,500円〜(税抜330,000円〜) 3月上旬
HP ProLiant DL385 430,500円〜(税抜410,000円〜) 3月下旬
HP ProLiant DL585 2,100,000円〜(税抜2,000,000円〜) 3月中旬
HP xw9300 Workstation 449,400円〜(税抜428,000円〜) 3月上旬

<AMD Opteronプロセッサ搭載ブレードサーバが登場>

 

今回発売されるHP ProLiant BL25p/BL35pは、HP初のAMD Opteronプロセッサ搭載高性能ブレード型サーバです。AMD OpteronプロセッサはHyperTransport™ テクノロジにより高いデータ処理性能を実現し、高パフォーマンスのブレード・ソリューションの構築を実現します。また低消費電力・低発熱であるため、42Uラックに最大192CPU搭載可能なHP ProLiant BL35pなど高密度サーバの課題である消費電力と発熱量の増大を抑止する上で優れた効果を発揮します。

本製品は業界でいち早く発売されるAMD Opteronプロセッサ搭載ブレード型サーバです。HP BladeSystemのラインアップがより幅広くなり、お客様はニーズに合ったブレード型サーバを選択可能です。
同時に、ネットワーク製品において業界をリードするシスコシステムズ社(以下、シスコ社)との共同開発によるHP BladeSystemのエンクロージャに統合可能なネットワークスイッチ製品「HP BladeSystem p-Class Cisco Gigabit Ethernet スイッチモジュール」を発売します。本製品はシスコ社およびHPのダブルロゴ製品として販売され、シスコ社の従来のネットワーク機器と同様のユーザインターフェースでネットワーク構築が可能です。
これらの新製品によりHP BladeSystemの高い管理性・コスト効率がさらに強化され、ITシステムの全体コストの削減に貢献します。

<多様な業務に性能を発揮する AMD Opteronプロセッサ搭載 HP ProLiantサーバ>

 

HP ProLiantファミリのAMD Opteronプロセッサ搭載ミッドレンジモデルとして、新たにHP ProLiant DL385を発売します。併せてAMD Opteronプロセッサを4基搭載可能なHP ProLiant DL585に、最新プロセッサ(AMD Opteron 825)を搭載したモデルを追加し、ハイエンドモデルの性能もさらに強化します。
高速処理に優れたAMD Opteronプロセッサ搭載サーバはこれまでもその性能を活かしHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)分野において高い評価を得てきました。今回市場普及率が高い2CPU搭載可能ラック型サーバの製品ラインでAMD Opteronプロセッサ搭載モデルを発売することで、リアルタイム処理を必要とするデータベースサーバやアプリケーションサーバなどのビジネス用途におけるAMD Opteronプロセッサの活用を促進します。HP ProLiant DL385とHP ProLiant DL585は、64ビット環境だけでなく32ビット環境でも性能面に優れ、処理能力と将来性の面で有力な選択肢となります。

<高性能を活かすグラフィックス用途の最高峰、HP xw9300 Workstation >

 

xw9300は、AMD Opteronプロセッサを搭載した、グラフィック性能に優れたパーソナル・ワークステーションの最上位機種です。業界で初めて (*1) デュアルグラフィックスを実現し、高度で大規模な3D画像もストレス無く扱えます。CAEやオイル・ガス等の資源探索、及び自動車のスタイリングやロボットなどのシミュレーションを行う製造業や、大学・研究所など、最先端の分野で今まで以上のグラフィック処理性能を求められているお客様に最適です。

 

HP xw9300 Workstationの主な特徴

  • AMD Opteron 250(2.4GHz)プロセッサを搭載
      - 今後、最新のAMD Opteron 252(2.6GHz)プロセッサも追加予定(4 月上旬予定)
  • NVIDIA nForce Professionalチップセットにより、業界初 (*1) のデュアルグラフィックスを実現
      - PCI Express x16グラフィックスを2枚搭載により、高速処理を実現するグラフィックス構成が可能。
  • 高いグラフィックス処理機能を有する NVIDIA SLiを5月上旬よりサポート予定。

    (*1) 2005年2月16日 日本HP調べ

    アプリケーションの多機能化によるデータのトランザクションの増大や、今年本格化する64ビット環境への移行などの市場背景により、x86プラットフォームのニーズはますます多様化しています。HPは高性能なAMD Opteron搭載製品の幅広い選択肢を展開することで、より高い価格性能比を求めるお客様のニーズに応えます。
    日本HPは、今後日本AMD社との連携を強化し、日本市場でのAMD Opteronプロセッサ搭載製品のより幅広い用途への普及を推進します。

    ■ 日本AMD株式会社からのエンドースメント

     

    ダイレクトコネクト・アーキテクチャを特長とするAMD Opteronプロセッサに対するエンタープライズのお客様からの需要はますます高まりつつあります。 世界をリードするサーバ・ベンダの1社であるHPがそれを認めて下さっていることを光栄に存じます。この度の、AMD Opteron モデル852/252プロセッサを搭載したHP ProLiantサーバならびにHP xw9300 Workstationのご発売は、日本のエンタープライズの皆様にとって朗報です。本日のご発表は、日本HP様が、業界標準プラットフォームに基づくソリューションの拡充に注力されていることを示すと同時に、AMDが日本のエンタープライズ市場で勢いを増していることの証でもあります。

    日本AMD株式会社 取締役 吉沢 俊介

    ■ 添付資料

         本日発表のHP ProLiant新製品の詳細情報 ( PDF:117kb )
         本日発表のHP Workstation新製品の詳細情報 ( PDF:89kb )

    ■HP ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ HP Workstationに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/workstation/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    AMD OpteronはAdvanced Micro Devices, Inc.の商標です。
    その他、文中に掲載の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡