Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年2月23日

3Dグラフィックスアプリケーション画面の共有及び遠隔操作が可能なソフトウェア発表

- HP独自の圧縮技術により、少ないネットワーク負荷で、大容量画像データを高速転送 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、遠隔地から、ワークステーション上で稼動する3D(3次元)グラフィックスアプリケーションの画面を円滑に共有、閲覧、操作することを実現するリモートアクセスソフトウェア「HP Remote Graphics ソフトウェア (エイチピー リモート グラフィックス ソフトウェア)」(以下、HP RGS)を2月24日より販売開始します。

HP RGSは、遠隔のワークステーションまたはPC(Receiver、受信者)からワークステーション本体(Sender、送信者)へのアクセスを可能にするソフトウェアです。この機能により、複数のワークステーション、PCでの3次元画面情報の共有が可能となり、Receiver側の画面からSenderワークステーションを目の前のPC同様に操作できます。米航空宇宙局(NASA)にも使われたHP独自の圧縮技術「HP2テクノロジ」により、少ないネットワーク負荷で、従来困難であった3Dグラフィックスなど大容量データの高速転送を可能にしました。これにより、CADやCAEなどの大容量データの確認作業を、オフィスから離れた場所からでもリアルタイムに行うことができます。
3Dグラフィックス表示が必要とされるハイエンドCAD分野での導入推進を目指します。

製品名 標準小売価格 出荷開始
HP Remote Graphics ソフトウェア Senderモジュール/Receiver
モジュール 使用権 HPシステム用(HPワークステーション一台につき)
63,000円(税抜60,000円) 3月上旬
HP Remote Graphics ソフトウェア Receiver
モジュール 使用権(一台につき)
14,700円(税抜14,000円) 3月上旬

※Receiverは複数台同時接続が可能です。

<遠隔地同士での3Dグラフィックスの共同作業を実現>

 

HP RGSを用いることで、遠隔地同士での円滑な3Dグラフィックスの共同作業が可能です。製造業などのCAD設計・開発部門の共同作業用として、例えば、出張先とオフィス間、工場や海外などの遠隔地でのデータの確認・操作など様々なシーンで利用できます。また、教育機関でのトレーニングや、リモートレビュー用途などにも適しています。

<独自の圧縮技術により、高画質3Dグラフィックスを高速転送>

 

3Dグラフィックスアプリケーションはデータ容量が大きいため、従来のリモートアクセスソフトウェアでは転送の際のネットワーク負荷が大きい上、転送速度も遅く、3Dグラフィックスの使用環境として適していませんでした。

HP RGSはHPの開発した独自の圧縮技術「HP2テクノロジ」を採用しています。HP2テクノロジは米航空宇宙局(NASA)の火星探査の画像転送にも利用された技術で、転送データを170:1の高い圧縮率で、高速にエンコードします。
平均5Mbpsのネットワーク帯域幅まで圧縮するため、バンド幅の狭いネットワークでも支障なくデータ転送が可能です。SenderでのレンダリングとReceiverのアップデートのタイムラグはほとんどなく、データ容量の大きい3Dグラフィックス動画や画像の回転なども、オリジナルとほぼ同等のイメージクオリティでストレスなく円滑に表示します。

<Sender側のグラフィックス機能を利用し高画質表示>

 

HP RGSではSenderのデスクトップ画面を、Receiver側で表示用画面として画像作成するのではなく、Sender側で画像データを作成して転送する仕組みを採用しています。これにより、以下の利点が挙げられます。

 
  • Sender側のグラフィックス機能を利用するため、Receiver側でもワークステーション同様の高いイメージクオリティで表示
  • SenderとReceiverが異なるOSでも同じ画面を共有可能
  • 万が一ネットワーク回線が切断された場合でもSender側のアプリケーション稼動を維持
      大規模計算やアニメーションの画像レンダリングなど長時間にわたるワークステーション業務においても利用可能
  • アクセスするReceiver側にデータが残らないため、情報が持ち出されることがなく、機密情報の漏えいを防止

    ■HP Remote Graphics ソフトウェアに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/workstation_remote/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡