Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年4月5日

HP Integrity SuperdomeのLinuxでのミッションクリティカルシステム構築体制を強化

- Superdome上で3OS活用の体制が整い、仮想化技術による統合システムの提供が可能に -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:樋口 泰行)は、インテル® Itanium®2 プロセッサを搭載したハイエンドサーバ「HP Integrity Superdome(エイチピー・インテグリティ・スーパードーム、以下、Superdome)」でのLinuxシステム構築体制を強化します。「Red Hat Enterprise Linux(以下、RHEL)4」のSuperdomeでの対応を6月より開始するほか、日本のレッドハット社内に専属のアカウントマネジャを置くなどLinuxを活用したミッションクリティカルシステム構築が可能になるよう体制を充実させます。HP-UX、Windows® に加えLinuxでもミッションクリティカルシステムを構築する体制が整ったことで、Superdome上で仮想化の技術を使い、OSに関係なくサーバ・リソースを最適化した統合システムの提供が可能になります。

近年、企業の基幹システムなどのミッションクリティカルシステムがメインフレームからオープンシステムへと移行する過程でシステムの個別最適化が進み、複数のサーバやOS、アプリケーションが共存する環境における、管理の複雑化やサーバ・リソースの利用率低下が課題となっています。
Superdomeは標準技術であるHP-UX/Windows/Linuxの3OSをサポートする業界唯一のハイエンドサーバであり、単一の筐体で管理の複雑さを削減しながら、仮想化技術の活用により、分散するITシステム環境の統合と全体最適化を実現します。既にHP-UX、WindowsではSuperdomeを活用したミッションクリティカルシステム構築の多数の実績があります。RHEL 4の提供が開始されるのに合わせ、Linuxのサポート体制を強化し、3OSに対応した統合されたミッションクリティカル環境を提供します。

<SuperdomeにおけるLinux対応強化施策>

 

RHEL 4は、企業情報システムの幅広い用途に対応可能なプラットフォームとして前バージョンとの高い互換性を維持しながら、特にセキュリティ機能とパフォーマンス機能を重点的に開発されました。今回の機能強化で、ミッションクリティカルシステムへの活用が見込まれます。
日本HPはRHEL 4に関して、以下の施策を実行します。

 
1. SuperdomeでのRHEL 4の対応開始
SuperdomeでのRHEL 4の対応を6月より開始します。また、それに合わせて、RHEL 4の24時間サポートを開始します。
2. レッドハット株式会社にテクニカルアカウントマネージャ配置
日本HPでは2004年8月より、Red Hat,Inc.とのワールドワイド契約により、米国のRed Hat,Inc.に常駐するHP専任スタッフと連携をとったサポート体制を提供してきました。2005年4月からは、このサポート体制をさらに強化し、Red Hat,Inc.の日本法人であるレッドハット株式会社内に日本HP専任のテクニカルアカウントマネージャを配置します。これにより、お客様からの要望に対して、即時性の高いサポートの提供が可能となります。
3. 仮想化機能の強化
基幹系のシステムにおいてビジネスの状況に合わせてサーバ・リソースを最適配分するには、仮想化の技術が有効です。今回のSuperdomeにおけるLinux対応強化にあわせて、HP-UX、Windowsに加えLinuxの仮想化機能を強化します。具体的には、提供するサービスの状況に応じて動的にサーバのリソースを配分、管理する「HP Global Workload Manager」が、Linuxにおいても利用可能になります。またHP-UXで多くの実績を持つ高信頼性を実現するクラスタソフトウェア「HP Serviceguard」のLinux版、「Serviceguard for Linux」の提供を開始します。サーバの稼動状態を監視し、異常を検出すると、迅速なフェイルオーバー(障害が発生した処理の業務引継)を実行します。これらの機能を組み合わせることで、Linuxで高い信頼性を持った仮想化環境を提供します。

マルチOSが稼動するSuperdomeにおいては、従来HP-UX、Windowsにおいてミッションクリティカル環境構築の取り組みをしてきました。HP-UXにおいては、PA-RISCを搭載した、「HP 9000 サーバ」での豊富な実績や、HP-UXの10年サポートを提供しています。また、Windowsにおいては、マイクロソフトと共同で、ミッションクリティカルシステム構築のためのサポートセンター「ジョイント・ミッションクリティカル・サポート・センター(JMCSC)」の設立やSQL Server 2005とSuperdomeを利用した検証プロジェクトを実施しています。

今回のSuperdomeにおけるLinuxサポート強化で、3つのOSすべてでミッションクリティカルシステム構築体制が整います。ミッションクリティカルな基幹システムの構築がもとめられる企業・公共分野のお客様に既存のシステム投資を保護しながら、拡張性・柔軟性が高く管理性の高い統合されたシステム基盤の提供が可能になります。これにより、ITシステムのコスト削減とお客様が変化に迅速に適応する「アダプティブ・エンタープライズ」になることをサポートします。

■ 添付資料
     マルチOSに対応するHP Integrity Superdomeの特長 ( PDF:72kb )

■HP Integrityサーバに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/integrity/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡