Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年5月19日

HP BladeSystemの管理性とコスト効率をさらに高める4GビットSANスイッチが登場

- 低電圧版Xeon™ プロセッサ搭載のHP ProLiant BL20p新モデルも追加、
HP BladeSystemのトータルソリューションを強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、ブレードシステムソリューション「HP BladeSystem」のエンクロージャ(筐体)に内蔵可能な高性能ファイバチャネル スイッチ、「HP BladeSystem用 Brocade 4Gビット SANスイッチ」を発売します。最新の4Gビット ファイバチャネルに対応した高性能スイッチを「HP BladeSystem」に統合することにより、「HP BladeSystem」の高い管理性、柔軟性を活かしながら、SANストレージ接続の利便性を向上させます。

またブレード型2-Wayサーバ「HP ProLiant BL20p Generation3」において低電圧版の64ビットインテル® Xeon™ プロセッサを搭載した新モデルを発売し、高密度システムの重要課題である消費電力増大への解決に、新たな選択肢を提供します。
これらのHP BladeSystemのトータルラインアップの強化により、お客様の課題にきめ細かく対応するソリューションを提供し、幅広いお客様におけるHP BladeSystemの導入を促進します。

同時に、先月発表したデュアルコアAMD Opteron™ プロセッサ搭載製品4-wayブレード型サーバ「HP ProLiant BL45p」4-Wayラックマウント型サーバ「HP ProLiant DL585」の受注を開始します。
さらに、業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリのオプション製品群に、1枚のネットワークアダプタで従来のネットワークカード機能と同時にiSCSIアダプタとして機能する費用効率・柔軟性に優れた「NC370T/ NC370F マルチファンクション Gigabitサーバ アダプタ」を追加し、HP ProLiantの多様なシステム構成を実現します。

<主な新製品の価格と出荷時期>

製品名 標準小売価格 出荷開始
Brocade 4Gビット SANスイッチ
HP BladeSystem用
1,260,000円〜
(税抜1,200,000円〜)
6月上旬
HP ProLiant BL20p Genaration3
(低電圧プロセッサモデル)
367,500円〜
(税抜 350,000円〜)
6月中旬
HP ProLiant BL45p
(デュアルコアモデル)
1,638,000円〜
(税抜1,560,000円〜)
6月中旬
HP ProLiant DL585
(デュアルコアモデル)
1,890,000円〜
(税抜1,800,000円〜)
6月中旬
NC370T マルチファンクション
1000T Gigabit サーバ アダプタ
33,600円
(税抜 32,000円)
6月中旬
NC370F マルチファンクション
1000SX Gigabit サーバ アダプタ
88,200円
(税抜 84,000円)
6月中旬

<HP BladeSystem用Brocade 4Gビット SANスイッチ>

 

HP BladeSystem用4Gビット SANスイッチは、HP BladeSystemサーバブレード エンクロージャに格納可能で、業界標準のBrocade Communications Systems 社のテクノロジをHP BladeSystemに統合・最適化したファイバチャネル SANスイッチです。

本製品は、最新の4Gビット ファイバチャネルに対応した4つの外部ポートと、サーバブレード接続用の8つの内部ポート(2Gビット ファイバチャネル対応)を備えています。本製品の導入により、従来の外部SANスイッチによる構成と比較して、迅速な導入を実現し、導入コストを削減します。
さらに、ラック内の設置効率を向上させ、ブレード型サーバとスイッチ間のケーブルなどの配線本数が大幅に削減可能 (*1) になるため、冷却効率の改善によるランニングコストの節減、管理性の向上など、多くのメリットを提供します。
また、SANスイッチ経由のストレージ接続性が強化されたことで、中規模環境から大規模環境まで対応可能なSANストレージシステムである「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array」などと組み合わせたSANブート (*2) の活用により、HP BladeSystemにおける効率的なシステム冗長化ソリューションである「N+1構成」 (*3) の実装が容易になります。

本製品の発売により、HP純正のEthernetスイッチ、Cisco Systems社との共同開発によるEhternetスイッチに加え、HP BladeSystem用スイッチ製品のラインアップが強化され、お客様は既存のシステムの管理環境との統合や、HP BladeSystemの用途にあわせたネットワーク環境の構築が可能となります。

*1 HP BladeSystem用SANスイッチにより削減可能な配線本数:
  [ ブレード型サーバ8台で電源・ネットワーク・SANケーブルを冗長構成した場合 ]
     ・従来の配線本数(ブレード型サーバ8台の場合):20本
     ・HP BladeSystem用SANスイッチ導入時:6本(ケーブル本数を70%削減)
*2 SANブート:
  SANストレージ内にシステムイメージを配置し、任意のサーバでシステムをブートする技術
*3 N+1構成:
  SANブート構成の多数のブレード型サーバに対してスタンバイ用のブレード型サーバを1台準備し、通常稼動サーバの故障時にはストレージ上のブートイメージからスタンバイ用サーバを使ってシステムを再起動する構成

<HP BladeSystemにて
  低電圧版インテル® Xeon™ プロセッサ採用のHP ProLiant BL20pを新発売>

 

本日、広範囲な用途に適したブレード型2-wayサーバHP ProLiant BL20p Generation3の新モデルとして、HPとして初めて低電圧版64ビット インテル® Xeon™ プロセッサ(1MB L2キャッシュ搭載、2.8GHz)を搭載した製品を発売します。本製品は従来の64ビットインテル® Xeon™ プロセッサ搭載モデルに比べ消費電力が抑えられ、高密度システムの課題である消費電力と発熱量の増大に対して新たな解決策の選択肢を提供します。

<AMD Opteron™ デュアルコア・プロセッサ搭載製品の受注開始>

 

また、本日よりAMD Opteron™ デュアルコア・プロセッサを4基搭載可能な、ブレード型サーバHP ProLiant BL45pおよびラックマウント型サーバHP ProLiant DL585(ともに4月22日製品発表済み)の受注を開始します。これらの新製品は1つのプロセッサに2つのプロセッサコアを搭載するAMD デュアルコア・テクノロジに対応する初のHP ProLiantサーバです。64ビットコンピューティングへの対応はもちろん、同程度の価格帯の他製品と比べ非常に優れた性能を発揮し、お客様に最高水準の価格性能比を提供します。

<NC370T/NC370F マルチファンクション Gigabitサーバ アダプタ>

 

NC370T/NC370F マルチファンクション Gigabitサーバ アダプタは、HP ProLiant ML/DLシリーズに装着可能な、多機能で費用効率の高いネットワークアダプタの新製品です。

NC370T(1000Base-T対応)とNC370F(1000Base-SX対応)は、1枚でネットワークアダプタ機能と同時にiSCSIアダプタ機能を備え、EthernetとSCSIという広く使われるテクノロジを結合し、ネットワーク通信用と同じEthernet上にNetwork Attached Storage(NAS)製品である 「HP ProLiant Storage Server」のようなストレージ装置を接続できます。この柔軟性のある構成により、ストレージ専用のネットワークを構築する必要がなくなり、コストの削減が期待できます。また、今後TCP/IP オフロード エンジン(TOE、*4)、リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA、*5)といった新技術への対応も予定され、将来にわたってより効率的なデータアクセスを実現します。

*4 TCP/IP オフロード エンジン(TOE):
  ネットワークアダプタ自身の機能でTCPプロトコルを処理させる機能です。この技術によりサーバのCPUをTCPの処理から解放し、サーバ性能を向上させます。本機能は、Windows OSの対応により利用可能になります。
*5 リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA):
  1台のコンピュータのメモリから、別のコンピュータのメモリへ直接情報を異動させる機能です。この移動処理はごくわずかなCPUとメモリバスのオーバーヘッドで実行でき、この機能を利用することで他のサーバの空いたメモリ領域を負荷の高いサーバの処理に使用することが可能です。

今回発売の新製品、価格改定の詳細については以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant_new/

■HP ProLiantファミリに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡