Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年5月27日

SolarisからLinuxへの移行工数を大幅削減

- ソースコードをコンパイルできるまで変換するSolaris to Linux Porting Kit 発表 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、サン・マイクロシステムズ社のSolaris™ 上で稼動しているアプリケーションをLinuxに移行するツールSolaris to Linux Porting Kit(以下、SLPK)を5月27日より提供開始します。また、7月からこのSLPKを使用したSolarisアプリケーションのLinuxへのポーティング支援プログラムを提供開始します。

HPはSLPKにより、フロントの業務はもちろん、ミッションクリティカルな業務で利用されているSolarisのアプリケーションをLinuxにポーティングすることで、エンタープライズ市場でのLinuxの活用を加速します。
これにより、HP-UX、Windows、Linuxで提供されるHPの優れた仮想化技術の適用可能領域を広げ、既存の資産を活かしながら、お客様の状況に合わせた最適なITシステムを構築し、お客様が変化に迅速に対応できる企業(アダプティブ・エンタープライズ)になることをサポートします。

<SLPKの特長>

 

従来のマイグレーションサービスは、アセスメント(分析)の過程までしか実現できなかったのに対し、SLPKは、そのツールにより、Solaris用のソースコードを、Linux上でそのままコンパイルできる段階まで変換する点が大きく異なります。これにより、移行の工数を大幅に削減することができます。SLPKの主な特長は、以下のとおりです。

 
1. ソース・コード・スキャナにより、Solarisのソースコードを分析し、自動ポーティングの可否を判断。自動ポーティング不可の場合、問題となる関数などを指摘。
2. 自動変換可能と判断されたSolaris用のソースコードは、SLPKを使用してLinux上でそのままコンパイルすることができ、最終的に実行バイナリを生成。

既にHPが、SLPKを使ってSolarisアプリケーションをポーティングした事例では下記のような効果が出ています。

 

- 対象:エンタープライズアプリケーション(C,C++)
- 内訳:120万行のコード、1700ファイル(C++)、2700ファイル(C)

従来のマイグレーションの場合の試算:約200日(6000行/日で計算)
SLPKを使用した結果:25日で完了
SLPK の使用効果:時間短縮 1/8
全体の90%は自動化、残り10%をマニュアルポーティング

SLPKは無償で提供されるツールですが、このSLPKを用いたSolarisアプリケーションをLinux上に移行するのを支援する有償ポーティング支援サポートサービスを、エンドユーザ及びパートナー向けに7月から提供を開始します。

既に沖電気工業株式会社様をはじめ、数社のパートナーがこのツールの使用を予定しており、HPは、今後もSLPKのパートナーを増やしていく予定です。

■ 今回のツールの詳細、ならびにHP のインフラストラクチャ・ソリューションに関する製品情報は
    以下のURLを参照してください。

     http://www.hp.com/jp/oemigration/



 

■ パートナーからの賛同コメント(五十音順)

ノベル株式会社 代表取締役社長 吉田 仁志様
ノベル株式会社は、日本ヒューレット・パッカード株式会社のSolaris to Linux Porting Kit(SLPK)の発表を歓迎します。近年、エンタープライズサーバ市場からデスクトップ市場まで、Linux採用の潮流は広く拡大しています。Novell SUSE LINUXは、幅広い対応プラットフォーム、卓越したパフォーマンスとスケーラビリティ、企業が安心して採用できるサポートサービスで、国内外の多数の企業に採用されています。今回、HPのSLPKが発表されたことで、Linuxへの移行がさらに加速されるものと期待しております。ノベルは、HPとの連携をさらに強化し、企業におけるLinuxの導入を推進してまいります。

レッドハット株式会社 代表取締役社長 藤田 祐治様
レッドハット株式会社は、日本ヒューレット・パッカード株式会社のSolaris to Linux Porting Kit(SLPK)の発表を歓迎します。HPの仮想化技術とSLPK は、SolarisアプリケーションのRed Hat EnterpriseLinuxへの移行と統合を容易にし、さらなるLinux市場の発展に貢献できると期待しております。
市場から高い評価を得ているHPの高品質なRed Hat Enterprise Linux対応ハードウエア及びサービスは、Red Hat Enterprise Linuxのソリューションの価値をさらに高めてお客様に提供できるものと確信いたします。今後も両社の協業を一層押し進めてまいります。



#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡