Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年5月31日

インテル® Itanium® 2 プロセッサ搭載
新世代HP NonStop Serverを発表

・標準テクノロジ採用のプロセッサ搭載で高いコストパフォーマンス実現
・初の3重化構成で、従来以上の可用性を提供

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、インテル® Itanium® 2 プロセッサを初めて搭載した「HP NonStop™ Server」の新製品「HP Integrity NonStop サーバ NS16000」の受注を6月中旬より開始します。

HP NonStop サーバは、ハードウェアの二重化、ソフトウェアの耐障害性等によって、システムを停止させることなく、メンテナンスや機器構成の変更などを行うことが可能な無停止型超並列サーバです。24時間365日無停止、99.9999%の業界最高水準の可用性を実現します。これまでも世界中で金融・通信といったダウンタイムのゆるされないミッションクリティカルな業務分野の基幹システムを支えるサーバとして、国内・国外ともに高いシェアで採用されています。

今回発表となる新製品は、初めてインテル Itanium 2 プロセッサを搭載した製品です。従来の同サーバの持つ可用性、拡張性、保守性という特長に、インテル Itanium 2 プロセッサの持つ高い処理性能が加わり、従来製品を凌駕する圧倒的なコストパフォーマンスを発揮する新世代製品に位置づけられるものです。

HP Integrity NonStop サーバ NS16000の主な特長は以下のとおりです。

 
  • インテル Itanium 2 プロセッサを搭載。拡張性、信頼性、可用性、保守性に加え、高いコストパフォーマンスも実現
  • TMR (Triple Modular Redundancy)テクノロジを採用。プロセッサモジュールの3重化によって、最高水準の可用性を実現。
  • モジュラーパッケージデザインの採用による最適なキャビネット構成で投資効率の向上
  • 従来の NonStop サーバ・プラットフォームを含む様々なシステムとの高い互換性

    今回の「HP Integrity NonStop サーバ NS16000」の発表によって、HPではミッションクリティカル分野での業界標準テクノロジを採用したアーキテクチャへの統合を進め、柔軟かつ幅広い選択が可能なサーバーポートフォリオを提供し、お客様が変化に迅速に対応できる企業=アダプティブ・エンタープライズになることをサポートします。

    <新製品の価格と出荷時期>

    製品名 標準小売価格 受注開始
    HP Integrity NonStop サーバ NS16000 7875万円〜 (税抜7500万円〜) 6月中旬

    <インテル Itanium 2 プロセッサ搭載による高いコストパフォーマンスを実現>

     

    新製品は、業界標準のテクノロジを採用したインテル Itanium 2 プロセッサを搭載しています。HP NonStopサーバの持つシステム稼動のままでハードウェアの拡張、構成変更ができる保守性、2CPUから4080CPUまで追加できる高い拡張と高い処理性能をより少ないコストで実現できるインテル Itanium 2 プロセッサの組み合わせで、高いコストパフォーマンスを実現します。

    <TMR (Triple Modular Redundancy)による、耐障害性のさらなる向上>

     

    HP NonStop サーバ は、プロセッサからI/Oといったハードウェア構成、OSまでを 2重化する先進のアーキテクチャによって、すぐれた可用性、拡張性、信頼性を実現しております。今回の新製品では従来のアーキテクチャをさらに進化させた「HP NonStop アドバンスド・アーキテクチャ」によって、従来2重化までであったプロセッサモジュールの3重化構成 (*1) ができるTMR (Triple Modular Redundancy)テクノロジを採用しています。
    3重化構成を採用することで、並行して演算処理を行う複数のプロセッサにおいて、 演算結果の不整合が発生した場合にも、縮退を回避することができ、耐障害性のさらなる向上を図ることができます。

    *1: TMR (Triple Modular Redundancy)はオプション構成となります。

    <モジュラーパッケージデザインの採用による最適なキャビネット構成で投資効率の向上>

     

    従来は、キャビネット内のCPU、ストレージなどの構成制限により、増設時にキャビネット単位の購入が必要でした。今回の新製品ではプロセッサ、I/O、ストレージの各パーツがモジュールとして提供されます。これにより業務に必要なサイズの各モジュールを既存のキャビネットに追加することが可能となり、必要最低限の投資で済みます。さらに、構成の自由度が高くなったことでキャビネットの本数が削減でき、設置面積の縮小も可能になり、環境面での投資金額を抑えられます。

    <既存のNonStopサーバで稼動するアプリケーションとの高い互換性>

     

    HP Integrity NonStopサーバは、 既存のNonStopサーバ上で稼働しているアプリケーションとの高い互換性を持つため、アプリケーションに変更を 加えることなく、HP Integrity NonStopサーバへの移行が可能であり、お客様のシステム投資を保護します。以下のような各種既存システム、他プラットフォームからのスムーズな移行のための環境を提供しております。

     
  • 従来のI/Oストレージおよび通信コントローラを含む接続サポート
    インテル Itanium 2 プロセッサ サーバでの標準ストレージである、FCDM(Fiber Channel Disk Module)、HP StorageWorks XP 128, 1024, 12000 といったストレージ装置を含む、従来のI/Oストレージ、通信コントローラの接続もサポートします。
  • OSS(Open System Service)、各種開発ツールによるオープン化への対応
    HP NonStopサーバの機能のひとつであるOSS(Open System Service)を利用することで、Nonstop Kernel上にUNIX互換環境を提供し、UNIX標準のコーディング、ツール、様々なオープンソースソフトウェアの利用が可能です。また、各種開発ツールの利用によって、Windows PC上でのアプリケーション開発が可能です。
  • HP OpenViewとの統合
    統合サーバ管理ソリューションHP OpenView OperationでNonStopサーバを管理可能です。


    ■ インテル株式会社からのエンドースメント

     

    インテル株式会社
    取締役 エンタープライズ & ネットワーク ソリューションズ本部長 町田栄作様

    インテル株式会社は、この度の日本ヒューレット・パッカード株式会社による最新のインテル® Itanium® 2プロセッサ搭載サーバ、「HP Integrity NonStop サーバ NS16000」の発表を歓迎いたします。
    インテル Itanium 2 プロセッサは、ミッションクリティカル環境に必要とされる高い信頼性と性能、優れた価格性能比、およびオープン・プラットフォームによる多様な選択肢を提供することにより、既に米国FORTUNE誌「GLOBAL 100」の内40社に導入されるなど、企業の基幹システムにおける導入が急速に進んでいます。
    インテルは今後も日本HPと協力し、増大し続ける企業の要求に応えるべく、過去の資産の保持とプラットフォーム全体の技術革新を推進してまいります。


    HP NonStop サーバに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡