Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年6月7日

最新PA-RISCプロセッサ「PA-8900」搭載でHP 9000サーバシリーズを刷新

  ・ 最新の技術を採用した、高いパフォーマンス
・ 既存の投資を保護し、インテル® Itanium®2 プロセッサへの移行もサポート
・ Itanium プロセッサとPA-RISCの混在環境をサポートし柔軟な移行が可能

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、最新のPA-RISCプロセッサ「PA-8900デュアルプロセッサモジュール(以下、PA-8900)」を搭載したUNIXサーバ「HP 9000サーバシリーズ(エイチピー・9000・サーバシリーズ)」6機種を本日より出荷開始します。

日本HPのUNIXサーバ製品群は、お客様から高い評価を受けています。国内UNIX(RISC+EPIC)サーバ市場において、2004年通年でNo.1シェア(32.3%)を獲得しており、また、通年でのNo.1シェア獲得は、2001年から2004年まで4年連続で、不動の地位を築いています。(*1)

PA-8900は、単一チップ上に2つのプロセッサを実装するアーキテクチャを採用しており、高い拡張性を提供します。また、従来の「PA-8800デュアルプロセッサモジュール(以下、PA-8800)」のクロック周波数とキャッシュを強化することで、より高いパフォーマンスを実現します。さらに新サーバは、既存のPA-RISC を搭載したHP 9000 サーバ、インテル® Itanium® 2 プロセッサを搭載したHP Integrityサーバと高い互換性を維持しており、お客様の投資を保護します。変化が激しく、高いパフォーマンス、拡張性、既存のIT資産を生かした高い投資効率の求められる現在のIT環境に最適なサーバです。新サーバの特長は、以下のとおり。

<最新の技術を採用した、高いパフォーマンス>

 

PA-8900は、単一チップ上に2つのプロセッサを実装するアーキテクチャで高い拡張性を実現した従来のPA-8800と同じアーキテクチャを採用し、クロック周波数を最大10%アップさせ、L2キャッシュを2倍の64MB搭載しています。これらの強化により、オンライン・トランザクション性能を最大約15%向上させています。日本HPのPA-RISCプロセッサは最新のPA-8900に至るまで順調にパフォーマンスを向上させてきており、常に最新のテクノロジをお客様に提供します。

<既存の投資を保護し、インテル Itanium 2プロセッサへの移行もサポート>

 

従来のPA-RISC搭載サーバを使用中のお客様は、プロセッサ等の交換により、容易にPA-8900搭載サーバにアップグレードできます。(*2) PA-8900搭載サーバは、現行 のHP 9000 サーバでサポートされているものと同一のHP-UX OSバージョン(HP-UX11iv1/ HP-UX11iv2)をサポートしているため、アップグレード時にシステム環境を変更する必要がなく、既存のアプリケーションやデータをそのまま利用できることで、お客様の過去の投資資産を最大限に保護しながら最新テクノロジに移行できます。

また、PA-RISCプロセッサ環境からインテル Itanium 2プロセッサ環境へのスムースな移行も可能です。PA-RISCを搭載したHP 9000サーバからインテルItanium2プロセッサを搭載したHP Integrity サーバへの移行は、既存の筐体を使い、プロセッサなど一部のコンポーネントを交換することで行えます。(*2) また、HP-UX はHP 9000 と HP Integrity でのバイナリ互換を実現しており、アプリケーションにおいても容易な移行が可能です。HP 9000からHP Integrity への移行は順調に推移しており、すでに日本HPのUNIXサーバの出荷数のうち40%以上がHP Integrityサーバとなっています。

<SuperdomeではItanium プロセッサとPA-RISCの混在環境をサポートし、柔軟な移行が可能>

 

ハイエンドサーバであるHP Superdomeでは、インテル Itanium 2 プロセッサ とPA-RISCを一筐体に納めることができます。既存ユーザはPA-RISCプロセッサの環境から一部をItaniumプロセッサへアップグレードし両プロセッサを混在させることが可能です。これにより、HP 9000 SuperdomeサーバからHP Integrity Superdomeサーバへのアップグレードを徐々に行うことができます。

<PA-8900搭載 HP 9000サーバシリーズ6機種のラインアップ>

 
 
  • Superdome (PA-8900 1.1GHz を 最大 128 CPU 搭載)
  • rp8420-32 (PA-8900 1.1GHzおよび1.0GHz を最大 32 CPU 搭載)
  • rp7420-16 (PA-8900 1.1GHzおよび1.0GHz を最大 16 CPU 搭載)
  • rp4440-8 (PA-8900 1. 0GHzおよび800MHz を最大 8 CPU 搭載)
  • rp3440-4 (PA-8900 1. 0GHz および800MHzを最大 4 CPU 搭載)
  • rp3410-2 (PA-8900 800MHz を最大 2 CPU 搭載)

    <価格例>

     

    rp3410-2 : 800MHz 1way, 1GB メモリ, 36GB HDD, HP-UX搭載

    1,323,000円 (税抜:1,260,000円)

    ■ PA-8900搭載 HP 9000サーバシリーズに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/hp9000/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    *1: 出典:IDC's Worldwide Quarterly Server Tracker Q1 2005
    *2: 一部の機種のアップグレードには、筐体の交換が必要です。

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡