Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年6月13日

ネットワーク・コアに高度な機能とパフォーマンスを提供するIPv6対応の
最上位シリーズProCurve Routing Switch 9400slを発売

- 従来のコア・アーキテクチャから、インテリジェント・エッジ・ネットワークへの移行と共存をサポート -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、大・中規模エンタープライズ・システムのネットワーク・コアに、より高い性能とポート密度、セキュアな環境を提供する、マルチレイヤ・ルーティング・スイッチ製品の最上位シリーズ「ProCurve (プロカーブ) Routing Switch 9400sl(以下、9400slシリーズ)」ならびにモジュール製品を8月1日より販売開始します。9400slシリーズは、現行の最上位機種である同9300mシリーズのさらに上位となるハイエンド製品で、筐体あたり1.28テラビット/秒のスイッチング容量と480,000,000パケット/秒のスループットという圧倒的な拡張性とパフォーマンスを実現しています。また、10ギガビットイーサネット(GbE)や次世代のインターネット・プロトコルであるIPv6をハードウェアでサポートするなど、既存のIT投資を無駄にすることなく、最先端の技術によって将来のニーズへの柔軟な対応を可能とします。

また、シャーシ型LANスイッチ製品「ProCurve Switch 5300xl(以下、5300xlシリーズ)」ならびに「ProCurve Wireless Access Point 420シリーズ(以下、420シリーズ)」のセキュリティを強化する、2つの無償ソフトウェア・アップグレードも7月初旬より開始します。

製品名 価格 販売開始予定日
ProCurve Routing Switch 9408sl 6,132,000円より(税抜5,840,000円より) 8月1日
※ 9400slシリーズ用 オプションのモジュール製品につきましては、添付資料をご参照ください。

ネットワーク環境が、コアに高機能製品を配置するコア・セントリック・モデルから、ネットワークの末端であるエッジ部分に高度な機能を持たせるインテリジェント・エッジ・ネットワークへと移行が進んでいます。しかし、システムの規模が大きいほど、現行のコア・セントリック・モデルから一度に全てを切り替えることは、物理的にも投資コストの面からも不可能です。今回発表する9400slシリーズは、ネットワークのコアとエッジの相互接続性に優れ、高いパフォーマンスと機能を提供します。コア・セントリック・モデルからインテリジェント・エッジ・ネットワークへのスムーズな移行、あるいは効率的な共存をサポートする製品です。

<ProCurve Routing Switch 9400slシリーズ>

 

今回発売開始する9400slシリーズの「ProCurve Routing Switch 9408sl」は、データセンターやコア・ネットワークとエッジ・ネットワークを相互に効率良く連携させるために求められるあらゆるニーズや課題に対応します。最大32個の高いポート密度で10GbEに対応しているため、例えばネットワーク・コアからエンドユーザのデスクトップへのソフトウェア・アップデートも高速かつ効率的に実行でき、生産性の向上につながります。また、IPv4/IPv6をハードウェアでサポートするため、スイッチ自体のパフォーマンスを低下させることなく、次世代の技術やアプリケーションにも柔軟に対応します。さらに、アクセス・コントロール・リスト(ACL)や高度なQoS(Quality of Service)技術などによって、ネットワークのアクセス管理やトラフィック管理の機能も豊富に実装しています。ハードウェアには1 年間の無償交換対応の保証が提供されるほか、WEBからの無償ダウンロードで行えるソフトウェア・アップグレードがライフタイムでサポートされます。

<ネットワークのセキュリティを強化する2つの無償ソフトウェア・アップグレード>

 

ProCurve Switch 5300xlシリーズ向けソフトウェア・アップグレード
ネットワーク・エッジにおけるコントロール機能を向上させ、セキュリティを強化する5300xlシリーズ向けのソフトウェア・アップグレードは、ネットワーク・アクセスとサービスの安全性を高め、システムダウンを最小限に抑えることで、運用コストを削減します。詳細なセキュリティ・ポリシーがユーザ認証後のエントリーポイントに適用されるIdentity Driven Per-Port ACL機能(ポートごとのアクセス・コントロール・リスト機能)や、ネットワークの利用に関するより多くのデータを提供するRADIUSアカウンティング・エンフォースメント機能、サービス拒否攻撃(DoS)を防御するICMPスロットリング機能など、5300xlシリーズを安全に、そしてさらに使いやすくするセキュリティ機能が網羅されています。

ProCurve Wireless Access Point 420シリーズ向けソフトウェア・アップグレード
420シリーズ向けソフトウェアのアップグレードは、IEEE802.11iなど無線LANのセキュリティ標準や、LAN内でのユーザ認証仕様である802.1x、802.11iに基づいた新しい無線セキュリティ標準WPAに準拠しています。今回のアップグレードによって、420シリーズは、無線LANで特定のネットワークを識別するための8つのサービス・セットID(SSID)をはじめ、セキュリティの認証とスキームに多彩で柔軟な選択肢を提供します。また、制御不能なアクセスポイントの検出や、高度なアカウンティング管理機能によって、ますます導入が加速するワイヤレス環境におけるセキュリティを向上します。

HPでは、エッジ・デバイスの機能を最大限に活かしながらネットワーク全体を管理する「ProCurve アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ(Adaptive EDGE Architecture)」の実現には、既存のネットワーク環境や企業のIT戦略に合わせて柔軟に導入することが重要と考えています。今回発表したコア向けの最上位モデルである9400slシリーズは、こうしたスムーズな移行と共存をサポートする製品として位置付けています。

■ ProCurve製品に関する製品情報は以下のURLを参照ください。
     http://www.hp.com/jp/procurve/

■ 添付資料
     ProCurve Routing Switch 9408sl 製品概要 ( PDF:130kb )

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡