Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは日本ヒューレット・パッカード株式会社とマイクロソフト株式会社の共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2005年6月20日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

日本HPとマイクロソフトが大企業向け64ビットDB市場に向けた取り組みをさらに強化

- SQL Server 2005の製品出荷に向けた検証、技術者育成、サポート強化を実施 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、社長:小田晋吾、以下:日本HP)と、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:マイケル ローディング、以下:マイクロソフト)は、今年後半に完成予定のMicrosoft® SQL Server™ 2005 (以下:SQL Server 2005)の出荷開始を見据え、大企業向け64ビットDB市場に向けた取組みを強化します。

両社は、2003年8月からミッションクリティカル・システム分野での協業を開始しています。その取り組みを前進させ、2004年4月には、今後拡大が予想される64ビットDB市場に向けて日本HPのハイエンドサーバ「HP Integrity Superdome」(以下:Superdome)とSQL Server 2005を組み合わせた共同検証プロジェクト、および技術者の育成プログラムを発表しています。これら共同の取り組みは順調に進んでおり、今年後半のSQL Server 2005の完成に向け、この取り組みを更に推進し、強化するために、今回新たな取り組みを開始します。

具体的には、SQL Server 2005登場後すぐにSuperdome、およびSQL Server 2005を使った環境が迅速に提供できるように、大規模高可用性検証の強化、新規技術者育成プログラム、ミッションクリティカル・サポート体制の強化、およびソリューション推進を行うためのSuperdome、SQL Server 2005 を活用したソリューションデモの開発・公開を行っていきます。

今回からはじめる新たな取組みの詳細は、下記の通りです。

 
1. Superdome+SQL Server 2005の大規模高可用性検証の体制強化
HPとマイクロソフトはSQL Server 2005のベータ1の段階から国内におけるミッションクリティカルデータベースを構築するユーザへの円滑な導入を目的とした共同検証を実施してきました。昨年より、SQL Server 2005の新機能であるデータベース・ミラーリング、データ・パーティショニングなどの重要な高可用性における検証を実施してきました。
今後、Superdome、およびSQL Server 2005を利用した高い稼働率を実現し、その運用を行うための、レプリケーション、障害時フェイルオーバ、バックアップ、障害復旧等の検証ならびに、スケーラビリティを含めた性能検証を強化していきます。
これらを通じてSQL Server 2005 をベースとした高可用性技術、ノウハウの早期確立を継続して行います。
2. 「Microsoft Technology プロフェッション・プログラム」を通じたSQL Server 2005技術力強化
既に、日本HPでは、SQL Server 2005に向けて技術者の育成、および強化を行ってきました。従来の取り組みに加えて今回新たに、全世界のHPで実施され、HPにおける技術者のスキル向上と情報共有を目的としたマイクロソフト技術者のコミュニティ「Microsoft Technology プロフェッション・プログラム」を日本でも展開開始します。本コミュニティの活動ならびに、「SQL Server 技術者トレーニング・プログラム」の実施により、SQL Server 2005 製品出荷までに、SQL Server 2005ベースのシステム実装に精通した技術者をのべ300名以上育成します。
3. マイクロソフトが推進しているRFID .NET Solution Center におけるHPハードウェアとSQL Server 2005 と RFID の連携デモによるお客様へのソリューション提案の推進
マイクロソフトとHPは共同で、HPのハードウェアとSQL Server 2005で提供することができるビジネスソリューションの訴求を行っていきます。特に、SQL Server 2005で強化された開発生産性、可用性、ビジネスインテリジェンスなどの新機能を活用したソリューション デモを構築し、お客様への訴求を開始します。
また、日本HPのHP Integrity サーバならびにHP Proliant サーバを複数台活用し、高い処理能力が必要とされ、今後拡大が予想されるRFID と連携した企業の販売システムを模したデモを準備し、導入を検討するお客様に対しての共同ビジネス提案も推進します。
4. 共同サポートセンターに専用Superdomeを追加導入しミッションクリティカルWindowsのサポートレベルを向上
2003年8月に両社で創設したジョイント・ミッションクリティカル・サポートセンター(以下JMCSC)におけるサポート力強化のために、今回新たに共同サポート部門にSuperdomeを導入。従来もサポート部門全体としてはSuperdomeが導入されていましたが、大規模なWindows Server™、およびSQL Serverをベースとしたシステムの受注が引き続き好調であるため、プロアクティブな技術検証の実施、および障害発生時の問題解析の迅速化を目的とした共同センター専用のSuperdome および Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition 環境と大規模ストレージを追加導入しました。

また、日本国内の取組みだけではなく、ワールドワイドのHP、およびMicrosoftのアライアンスの取組みの一環として、既に以下のようなベンチマーク記録を達成し、6月8日(日本時間)に発表しました。SQL Server 2005の開発段階において、Superdome、およびSQL Server 2005の組合せが高いパフォーマンスを発揮することが証明されています。

■ Windows Server 環境におけるTPC-C最高記録を更新

 

HPは2005年6月8日、インテル® Itanium® 2プロセッサを64基搭載したSuperdomeとマイクロソフトのMicrosoft Windows Server 2003, Datacenter EditionならびにSQL Server 2005の早期ビルドを利用した組み合わせで、Windows Server 環境における TPC-Cベンチマークで史上最高となる1,082,203 tpmCを記録しました。この記録は同社の持つSQL Server 2000における世界最高記録786,646tpmCと比べ、約38%もの向上を実現しています。

日本においては、Windowsを利用した64ビット ミッションクリティカル・システムの導入実績が世界的にも多く、今後も高い需要が期待されています。従来からの64ビットDBにおける検証の強化、技術者の育成、サポート体制の強化などを通じて、SQL Server 2005出荷開始後。お客様が安心してミッションクリティカルなWindowsシステムを構築できる環境を早期に実現します。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

日本ヒューレット・パッカード株式会社

 
カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660

マイクロソフト株式会社

 
カスタマー インフォメーションセンター  TEL: 0120-41-6755

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡