Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年7月13日

オープンソースシステム構築のサポート強化

- JBoss Application Serverに関する製品保守サービスならびに開発者支援コンサルティングを開始 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、米JBoss社のオープンソースJ2EEミドルウェア製品「JBoss Application Server (以下、JBossアプリケーションサーバ)」に対する製品保守サービスならびに、「JBoss製品開発者支援コンサルティング」の提供を本日より開始します。

これまで日本HPではLinuxを中心としたオープンソースシステムの容易かつ確実な導入をサポートするため、「Linux Reference Architecture(リファレンスアーキテクチャ)」(以下、LRA)を通じて技術情報やサポートを提供してきました。今回、LRAに含まれるミドルウェアの保守サービスを開始することで、より一層のオープンソースビジネスを拡大します。今回発表する、具体的な取り組みは以下の通りです。

 
  • オープンソースのアプリケーションサーバJBossアプリケーションサーバの保守サービスをHP IntegrityサーバとHP ProLiantサーバを対象に提供
  • 全世界のお客様の実績から生まれたJBoss製品の開発者支援サービス提供開始
  • オープンソースソフトウェアによるシステム基盤構築サービスをHPエクスプレスサービスのメニューとして展開

    各取り組みの詳細は、以下のとおりです。

    <「JBossアプリケーションサーバ製品保守サービス」の提供を開始>

     

    オープンソースソフトウェア市場で高い導入実績を誇るアプリケーションサーバJBossアプリケーションサーバは、JBoss社(本社:米国ジョージア州アトランタ市、Chairman and CEO:マーク・フルーリ)が開発したミドルウェア製品です。アプリケーションサーバは、J2EE技術を用いたWEBシステムを構築するには必要不可欠なミドルウェアです。

    J2EE 1.4準拠など、最新の機能と仕様を早期に取り入れながらライセンスフリーであるため、ライセンス料を含めたトータルなコストパフォーマンスに優れTCOの削減に大きく貢献できます。HPとJBoss社は、JBoss Authorized Service Partner (*1) として契約し、全世界レベルで協業しています。この契約に基づき日本HPの技術力、サポート力、ならびに実績を生かし、お客様に安心の製品保守サービスを提供します。

    サービス名 料金 提供開始日
    JBossアプリケーションサーバ製品保守サービス 1,008,000円〜 (税抜 960,000円〜)
    / 1サーバ (4CPU構成)
    本日より

     

    JBoss社のサポートエンジニアと協調
    米JBoss社の専任サポートエンジニアと協調したHPサポートチームが、ハードウェア、OSからミドルウェアまでを一括した窓口でお客様のお問い合わせの対応にあたります。

    障害対応まで広汎な製品保守サポートを提供
    製品使用中に障害が発生した場合、お客様が原因を切り分けて問題を特定するために必要となる技術支援を提供します。また、製品の不具合を開発元であるJBoss社への通知、およびその回答のお客様へのフィードバックを行います。これによって、単なる情報提供のサポートサービスとは異なる、本格的な製品保守サポートを提供します。

    電話によるテクニカルサポート
    標準時間内(8:45-17:30)の電話支援サポート(ソフトウェアテクニカルサポート)を提供します。なお、対象とする製品は「JBoss Application Server 4.0」で、対象プラットフォームは、HP ProLiant及びHP Integrityサーバ上で稼働するRed Hat Enterprise Linuxとなります。また、日本HPとOSの保守契約を締結していることが前提となります。

    <「JBoss開発者支援コンサルティング」の提供開始>

     

    HPでは、日本を含め全世界でお客様に対してオープンソースソフトウェアを活用したシステム構築を提供してきました。その中で、お客様にオープンソース構築の経験が少なく、トラブルシューティングをはじめとした情報も十分ではないため、開発者に向けた情報支援コンサルティングの要望が数多くありました。
    そこで日本HPではJBoss開発者に対しての支援コンサルティング・サービスの提供を開始します。日本HPの優れた技術力とサポート力により、お客様のシステム開発時のリスクを最小限に抑え、かつ、迅速な導入を可能にする、技術と経験に裏づけされた開発者支援コンサルティングを提供します。

    サービス名 料金 提供開始日
    JBoss開発者支援コンサルティング 525,000円〜 (税抜 500,000円〜) 本日より

     

    HPの技術力・サポート力と導入事例ノウハウを結集
    日本を含めた全世界のお客様での実際の構築事例を基にした安心の開発者支援コンサルティングを、日本HPの技術力とサポート力に加えて提供いたします。

    一貫した開発支援サービスを提供
    これまでの導入事例における実績を生かし、ハードウェアベンダとしての範囲にとどまらない仕様設計からトラブルシューティング、サンプルコードの提供、製品仕様決定までの一貫した開発支援サービスを提供します。

    パートナー、SIによる確実なシステム開発の提供
    また、SI(システムインテグレータ)などのパートナー各社も、これらの開発者支援コンサルティングを活用して、円滑にオープンソースによるシステム構築を実現することができます。

    <オープンソースに関する構築支援サービスを、エクスプレスサービスに追加>

     

    日本HPでは以前よりHP-UX、Windowsをプラットフォームとするシステム構築のサービスをパッケージ化し手軽に導入できる「エクスプレスサービス」として提供してきました。これらのノウハウをLinux、オープンソースによるシステム構築にも広げ、エクスプレスサービスとして展開する予定です。

    日本HPではこれまでLRAにもとづいてLinuxを中心とするオープンソースシステムの提供を拡大してきました。今回のJBoss製品のサポート開始を契機として、JBoss製品だけではなく各種オープンソースソフトウェア製品に対して技術情報や、実行手順、サービス提供などを強化していきます。

    *1 JBoss社とHPについて
    JBoss社とHPは、JBoss社製品を市場にお届けする様々に応じた強いパートナーシップを締結しています。
    プラットホームベンダーとしてPremier Technology Partnerを締結しております。また、システム インテグレータとしてPremier Certified Sisの認定を受けています。
    安心してサポートお届けするために製品保守については、JBoss Authorized Service Partner (WorldWide) レベルでのアライアンスを結んでおります。日本HPは、今後もJBoss社とのアライアンスを活用し、お客様にサービスを提供していきます。

    ■ HP Linux リファレンスアーキテクチャ (LRA)に関する情報は以下のURLを参照してください。
         http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/linux/summary/reference/index.html

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡