Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年8月31日

業界初のサーバ・ストレージ統一管理プラットフォームを実現

- ストレージ統合管理ソフトウェアを一新し、サーバ管理ツールと連携。他社製ストレージにも対応 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、大規模システム向けのストレージ統合管理ソフトウェア「HP Storage Essentials(エイチピー ストレージ エッセンシャルズ)」の販売を開始します。

本製品は従来のストレージ統合管理製品HP OpenView Storage Area Managerの後継に相当します。ハードウェア統合管理プラットフォーム「HP Systems Insight Manager」(エイチピー システムズ インサイト マネージャ、以下 HP SIMと略)の新バージョンと連携して動作します。HP SIMの管理画面を利用することにより、単一のコンソールでサーバとストレージ全体の統合管理が可能です。また、他社製ストレージへの対応を強化し、HP OpenView製品との連携によりネットワークやアプリケーションの管理を含む大企業のIT環境の統合的な管理への拡張も実現します。

HP SIMおよびHP Storage Essentialsの導入により、IT管理者はサーバやストレージにおける定型的な管理作業から解放され、より戦略的な業務に集中できます。

<新製品の価格と出荷時期>

製品名 標準小売価格 出荷時期
HP Storage Essentials Enterprise Edition v5.0 5,040,000円〜 (税抜 4,800,000円〜) 10月中旬

<HP Storage Essentials 詳細>

 

HP Storage EssentialsはMicrosoft Windows® をインストールした管理サーバ上で稼動し、IT管理者はWebブラウザを使用して各種の機能を利用できます。単体のストレージ装置だけでなくSANを構成する各社のディスクアレイやテープライブラリ、NAS、SANスイッチ、HBA(ホストバスアダプタ、* )などに対応するため、複数ベンダーのストレージ装置が混在する複雑なSAN環境の管理に最適です。

* ) HBA: サーバとストレージ間を接続するインターフェースカード

HP Storage Essentialsの主な特長は以下の通りです。

 
  • 多彩なストレージ管理機能
    トポロジー(SANの結線状況)およびSAN上の各ストレージの残容量を視覚的に表示するデバイスマップ機能、ポリシーに基づいてRAID装置上のボリューム作成やゾーニングの設定などを行うプロビジョニング機能、アプリケーション別の容量管理と性能監視機能、サービス状況監視・課金、レポート機能など、SANの管理に必要な機能を備えます。
  • 他社製を含む多くのストレージ装置への対応
    業界標準のストレージ管理プロトコルであるSMI-Sに準拠し、HP StorageWorksファミリの各製品のほか、ストレージベンダー各社の主要ストレージ製品の管理が可能です。今後も順次サポート対象製品が追加される予定です。
  • HP SIMとの統合動作
    サーバ管理ソフトウェア HP SIMとの統合により、統一された画面表示および操作性にて、複数ベンダーが混在したサーバ・ストレージ環境の管理・操作を効率よく行えます。IT管理者は、SANに接続された様々なハードウェアの管理ツールの操作方法を個別に習得する必要がなくなり、トレーニングの時間とコストが削減できます。

    <業界初のサーバ・ストレージ統一管理プラットフォーム

    HP Systems Insight Manager新バージョンの発表>

     

    HP Storage Essentialsの発表と同時に、HP SIMの新バージョン5.0を発表し、日本HPのWebサイトにおいて本日より無償で提供を開始します。
    HP SIM 5.0は、今回の新製品HP Storage Essentialsと連携して新たにストレージ統合管理機能に対応し、業界初のサーバ・ストレージ統一管理プラットフォームを実現します。新バージョンでは、HP ProLiant、HP Integrity、HP BladeSystemといったHPサーバのハードウェアレベルの統一管理ツールとしての機能を強化しながら、HP StorageWorks MSA、EVA、XPなどのエンタープライズストレージ製品のサポートを可能にします。

    HP SIMの使用によってデバイスレベルのストレージ監視が可能になり、IT管理者は故障したコンポーネントを迅速に修理・交換することができます。さらにHP Storage Essentialsを導入することで、上記に加えてアプリケーションやLUNのレベルでのきめ細かなストレージ管理を実現。IT管理者はシステムのデータアクセスにおける高いサービスレベルを維持するとともに、取得したデータを将来の拡張計画に生かすことができます。

    HP SIMはHP Storage EssentialsやHP ProLiant Essentialsといったソフトウェアの追加により、容易に管理機能を拡張でき、ITリソースの効率的な運用管理を実現します。

    <HP OpenView Storage Area Managerからのマイグレーションプログラム>

     

    日本HPは、現在HP OpenView Storage Area Managerを使用中のお客様に、HP Storage Essentialsへのマイグレーションプログラムを提供します。本プログラムは、お客様が使用中のStorage Area Managerと同等機能のHP Storage Essentialsライセンスを無償提供し、より高機能なHP Storage Essentials への移行を支援するものです。

    ■ 今回の新製品の詳細は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/storage_new/

    ■ HP StorageWorksに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/storage/

    ■HP ProLiantに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/proliant/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡