Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年9月13日

ITIL実践の定石を指南 「実践!ITIL道場」 スタート

- トレーニングから実践計画立案サポート、現状分析、導入支援まで、
ITIL実践の道筋を継続的にアドバイス -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、お客様自身でのIT運用の改善とコスト削減を可能にする「実践!ITIL道場」を本日より開始します。

現在、数多くの企業がIT業務プロセスの改善に取り組んでおり、実現のガイドラインとなるITIL実践への注目が高まっています。その一方で、充分な計画を行わないままツールだけ導入した結果、ITILをベースとした運用が根付かず、継続的な改善をリードする人材であるサービスレベルマネージャが育成されないといった問題を抱えたお客様が増加しています。

今回発表の「実践!ITIL道場」では、ITIL実践に必要な各種トレーニングコースや現状分析、ITIL実践計画支援等のサービスを用意しています。お客様の状況を調査したうえで、4〜8ヶ月にわたりこれらのサービスの中からお客様の状況に合った最適なソリューションを適宜選択し、継続的に提供します。これにより、お客様自身でIT運用の継続的改善と運用コストの削減が可能となります。また、このプロセスの中で、IT業務プロセス改善をリードするサービスレベルマネージャの育成も可能です。

「実践!ITIL道場」の特長は下記のとおりです。

 
  • お客様自身での実行可能な計画立案のサポート
  • お客様の状況に合わせて、準備のできたところからスモールスタートが可能
  • ITILベースのIT戦略実践を実現する運用管理ツールHP OpenView Service Deskの活用
  • 4〜8ヶ月の継続的サービス提供により、サービスレベルマネージャの育成が可能

    <ITIL実践計画作成支援によりお客様自身で実行可能な計画を立案>

     

    ITILマネージャ資格取得者であるコンサルタントによるITIL実践計画作成支援により、お客様自身で実行可能な計画の立案が可能になります。お客様自身がITILスキルを習得し、ITIL実践を行うことで将来のBS15000、ISO20000認証取得の基盤作りも可能となります。

    <お客様の状況に合わせた選択でスモールスタートが可能>

     

    基本的なITILのトレーニングから、実践計画の作成支援コンサルティング、本格的な導入のためのアセスメントサービス、運用ツールとなるHP OpenView Service Deskのライセンス、導入支援サービスなどのメニューから、お客様のニーズに合わせて選択が可能です。これによりお客様の準備ができたところからITILの実践ができ、ITIL推奨のスモールスタートが可能になります。

    <HP ITSM実現のソフトウェアツールHP OpenView Service Desk>

     

    HP ITSM 参照モデル (*2) は ITIL をベースとしたIT戦略立案、実践のためのフレームワークです。HP OpenView Service Deskは、このHP ITSM実現のための運用管理ソフトウェアとして開発され、多くの導入実績を持っています。「ITIL道場」では、HP OpenView Service Deskを使ったシステム環境構築もメニューの1つに入っています。

    *2: HPではITILをもとにHP ITSM参照モデルという独自のプロセスフレームワークを開発し、日本でも1998年より実際のプロセス導入時に活用しています。このモデルを用いることでITILの範囲外であるIT戦略の立案、開発も含めた形でトータルのプロセスを最適化できます。

    <SLM(サービス・レベル・マネージャ)を育成>

     

    ITIL実践の要は企業のビジネス部門とIT部門間で取り交わした「SLA(サービス・レベル・アグリーメント) 」に基づき、日々のITサービスの運用改善を継続することです。その中心的存在がSLM(サービス・レベル・マネージャ)であり、「実践ITIL道場」ではITIL実践計画作成支援を通じてSLM育成を可能にし、お客様自身によるITIL実践を支援します

    <「実践ITIL道場」のメニューと基本例概算価格>

    ソリューション 基本例概算価格(税別)
    ITIL Foundation for IT Service Management
    (3日間のトレーニング、ITIL Foundation 資格取得可)
    24万円/1名
    ITILオンサイト・ワークショップ・トレーニング
    (2日間のオンサイトトレーニング、10名から20名まで受講可能)
    70万円/1開催(東京地区)
    ITIL実践計画作成支援
    (ITILマネージャマネージャ資格取得者のコンサルタントが支援。
    主にサービスデスク、インシデント管理、問題管理、変更管理、
    サービスレベル管理・SLA作成支援)
    300万円から
    アベイラビリティ・アセスメントサービス
    (ITILを基本とした現状調査とギャップの提示、推奨事項の提示、
    評価基準として、ITIL/HP ITSMを使用)
    300万円
    HP OpenView Service Deskソフトウェア・ライセンス 500万円/基本ライセンス+5
    固定ユーザ+5 コンカレントユーザ

    (マッチング&プロトタイピングを含む)
    HP OpenView Service Deskスタートアップサービス
    (導入支援)
    200万円/カスタマイズ費用は別途必要

    (HP OpenView Service Desk基本機能を使った構築導入。基本機能以外のカスタマイズは含まず)

    ■ 添付資料
         ITILとHPの取り組みについて ( PDF:71kb )

    ■ HP OpenView Service Deskに関する情報は以下のURLを参照してください。
         http://h50146.www5.hp.com/products/software/management/openview/lineup/sd/index.html

    ■ ITIL/HP ITSM参照モデルに関する情報は以下のURLを参照してください。
         http://h50146.www5.hp.com/products/software/management/openview/solutions/itsm/index.html

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡