Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年9月30日

国内最大の国際テニストーナメント「AIG OPEN」のライブスコアシステムに
日本HP製品を採用

- 日本HPのPDAやノートPCを活用し、試合状況をリアルタイムに提供することで、
ファンサービス、効率的な大会運営をサポート -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、財団法人日本テニス協会(会長:盛田 正明)の主催する国際テニストーナメント、「AIG OPEN」で使用される「JTA公式ライブスコアシステム」に、日本HPの製品が採用されたと発表しました。JTA公式ライブスコアシステムは、試合内容をウエブサイト上でリアルタイムに確認できるシステムで、海外のツアーでは、すでに同様のシステムが導入されていますが、日本では初めての試みです。日本HPは、PDA(携帯情報端末)「HP iPAQ Pocket PC(エイチピー アイパック ポケット ピーシー)と、ノートPC、及びビジネス・インクジェットプリンタを提供し、このシステムをサポートします。

日本テニス協会では以前から、大会運営、ファンサービスの一環として、試合のスコアを中継しウエブサイトに公開していました。従来はチェアアンパイアがスコアカードを記入しながら携帯電話を操作してウエブアップ用のサーバに情報を送っていたため、スコアカード作成と送信データの入力という2つの作業が発生していました。またワンゲーム取得ごとの情報のアップデートのみが可能でした。
日本テニス協会は、2年間に亘る海外の大会運営の調査を活かし、今回のPDAを用いた新システムを構築しました。PDAを端末に用い、直接スコアを入力することで、スコアカードを作成する工数を削減すると共に、サーブ結果やポイント奪取ごとなど、より詳細な情報をリアルタイムに提供することができるようになります。
日本HPのPDAの操作性や周辺機器との親和性の高さが評価され、採用されました。

<日本HP製品を活用した、JTA 公式ライブスコアシステムについて>

 

会場のチェアアンパイアが操作するPDAからインターネット経由でサーバへ情報を送信し、集計したデータをウエブ上のスコアボードに表示します。

簡単な入力で、詳細情報のアップデートが可能
PDAのインタフェースは、ITF(International Tennis Federation:国際テニス連盟)のスコアボードと同じフォーマットのものを使い、チェアアンパイアは特別なトレーニング無しで簡単にデータ入力などの操作が行えます。また、同時にファーストサーブやエースの確率などの統計を取得でき、これらの情報を選手に提供することで弱点の改善や戦略構築に役立てることができます。

スコアカードや対戦表などのシート作成が容易
PDA端末で入力されたデータを共有することで、ドロー(対戦表)とOOP(Order Of Play : 試合日程表)シートの作成が容易です。また、ゲームのスコアカードとスタッツ(サーブの成功確率などの詳細データ)は、試合終了と同時に表示、プリントアウトすることができます。

大会運営の効率化に貢献
全員で200名ほどの運営スタッフは、次の試合の準備を行うために、従来はトランシーバを使って連絡を取り合いながら試合終了が近い会場を確認していました。PDAを用いて試合の進行状況を詳細にアップデートできるようになったことで、控え室に設置したノートPCから全試合の状況を確認でき、スタッフはより効率的に業務を行うことができます。

本サービスは、今後全日本選手権をはじめジュニアの大会など、日本で開催される各種の大会へ展開していく予定です。

<採用製品>

 
  • PDA : HP iPAQ hx2410 Pocket PC ×15台(各会場分12台、予備3台)
  • ノートPC : HP Compaq nx6125 Notebook PC ×15台
  • プリンタ : HP Business Inkjet 1200 ×1台

    <AIG OPENについて>

     

    AIG OPENは、33年の歴史を誇る国内最大の国際テニストーナメントです。ATPマスターズカップや、WTAチャンピオンシップ出場に直結する大会で、世界のトップクラスの選手が集まります。過去の優勝者には、J.マッケンローやM.シャラポア、日本人では伊達公子や杉山愛など、そうそうたる顔ぶれが並びます。

    今年は以下の日程で開催されます。

     
    開催日 : * 本戦 : 2005年10月3日(月)〜2005年10月9日(日)
    * 予選 : 2005年10月1日(土)、2日(日)
    会場 : 有明コロシアム
    開催種目 : 男子シングルス(48名)、ダブルス(16組)
    女子シングルス(30名)、ダブルス(16組)

    ■財団法人日本テニス協会からのエンドースメント

     

    よりよいファンサービスを考える上で、ウエブ上での詳細かつリアルタイムなスコアの開示はぜひ実現したい内容でした。日本HP殿のPDAの操作性の良さ、様々な要求を満たす柔軟性によりすばらしいサービスが実現できました。本サービスは、今まで以上にファンの方々に満足いただけるものと確信しています。今後も様々な大会で積極的に利用していく予定です。

    日本テニス協会 http://www.jta-tennis.or.jp/
    「JTA公式ライブボードシステム」 http://scoreboard.jta-tennis.or.jp

    ■HP iPAQに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/pocketpc/

    ■HP Compaq Notebook PCに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/notebooks/

    ■HP ビジネス向けインクジェットプリンタに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/biz-inkjet/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡