Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年10月11日

HP BladeSystem、サーバ統合を加速する製品戦略を発表

- 新製品投入・サービス追加、販売パートナー支援などによる総合的提案力を強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、大企業のサーバ統合加速を狙いブレードサーバソリューション「HP BladeSystem(エイチピー ブレードシステム)」の新戦略を発表します。新戦略では、ブレードサーバの「仮想化技術を利用したサーバ統合に最適なプラットフォーム」という側面をより強調し、多角的な施策でお客様のサーバ統合の実現を強力に支援します。

具体的には、以下の施策を行います。

 
  • システムの仮想化を推進・支援する新コンセプト「HP ProLiant Essentials Virtualization Management Software(VMS)」を発表、新製品を含む仮想マシン管理ソフトウェア2製品によりHP BladeSystemにおいて仮想化技術のさらなる利用を促進
  • サービス体制と、パートナー経由販売向けの技術支援を同時に強化、あらゆる販路においてより魅力的なサービスを提供
  • 初のSAS対応ブレードサーバ「HP ProLiant BL35p SASモデル」を発売、製品ラインアップを強化するほか、最大32%の価格改定や仮想化技術体験を促進するキャンペーンを実施

    <主な新製品の価格と出荷時期>

    製品名 標準小売価格 出荷時期
    HP ProLiant Essentials Server Migration Pack
    1サーバライセンス
    12,600円
    (税抜 12,000円)
    11月上旬
    HP ProLiant BL35p SASモデル 315,000円〜
    (税抜 300,000円〜)
    10月下旬
    (※ライセンス体系の詳細については添付資料をご参照ください)

    <主なサービスの価格>

    製品名 標準小売価格 受注開始
    HP BladeSystem Optimized エクスプレスサービス 1,890,000円〜
    (税抜 1,800,000円〜)
    本日より
    (※同時発表の他サービスの費用については添付資料をご参照ください)

    <新戦略発表の背景>

     

    事業の成長や変化に伴い企業内のサーバを集約し、投資効率と管理効率を向上させるサーバ統合は、あらゆる企業に普遍的な課題となっています。
    一般に、サーバ統合ソリューションは高性能な大規模マシンに多数のサーバ機能を集約する「スケールアップ型」と、複数の比較的安価なマシンを集中的に導入し分散したサーバ機能を格納する「スケールアウト型」の二種類があります。特にスケールアウト型サーバ統合は、旧世代の小型サーバが多数濫立しているケースに効果的であるとされています。

    高密度・高集積度に加え高い管理性能を誇るHP BladeSystemはこのスケールアウト型サーバ統合に最適なプラットフォームですが、さらに最新のプロセッサ技術やサーバの基礎性能の向上により、ブレードサーバ上でもVMwareやMicrosoft Virtual Serverといった仮想マシンソフトウェアの活用が進んでいます。これらの仮想化技術とHP BladeSystemの管理性、拡張性に優れたアーキテクチャは、小規模から導入し易く、利用効率の高いサーバ統合環境を実現します。

    日本HPでは2004年末にブレードソリューションの総合ブランドとして「HP BladeSystem」を発表、IT管理者のニーズに即した管理・導入機能を柱にソリューション戦略を展開してきましたが、このたび仮想化支援ツールの機能強化、新製品投入により、さらに製品ポートフォリオを充実させ、同時に技術支援、販売体制の強化を行います。従来からの高い管理性に加え、注目を集めているx86仮想化技術とHP BladeSystemの組み合わせにより、幅広い顧客に柔軟かつコスト削減効果の高いITインフラストラクチャソリューションを提唱します。

    <新コンセプト
    「HP ProLiant Essentials Virtualization Management Software(VMS)」と新製品>

     

    新戦略の柱となるのは、HP BladeSystemにおける仮想化技術利用の一層の推進です。この戦略の一環として、日本HPは本日より、HP Systems Insight Manager(HP SIM)の仮想マシン管理用プラグインソフトウェアを包括し、仮想化技術の活用を支援する新たなソリューションコンセプト「HP ProLiant Essentials Virtualization Management Software(VMS)」として販売します。

    VMSには以下の2製品が含まれます。

     
  • HP ProLiant Essentials Server Migration Pack(SMP):
       仮想化への移行の工数削減を実現するソフトウェア(新製品)
  • HP ProLiant Essentials Virtual Machine Management Pack(VMM):
       仮想マシン管理の一元管理を実現するソフトウェア
       (発売中、今回新機能を追加)

    新製品「SMP」は、従来既存サーバを仮想化環境へ移行する際に必要だった、多くの工数を費やす手作業をウィザードにより自動化し、IT管理者の負荷・工数を大幅に削減するソフトウェアです。

    具体的には以下の3つの機能を提供します。

     
    物理サーバから仮想マシンへの移行(P2V)
      既存のサーバを統合する際に必要な作業。HPの旧モデルはもちろん、多くの他社製品からの移行も実現します。
    仮想マシンから物理サーバへの移行(V2P)
      仮想化された検証・開発機から仮想化されていない本番機への移行に必要な作業。通常は物理サーバへの手動インストール作業を大幅に軽減します。
    仮想サーバから仮想サーバへの移行(V2V)
      システム構成を変更する際に必要な作業。本製品は、仮想マシンを仮想化のレイヤや仮想化ソフトの製造元を問わず移動可能です。各社の仮想化ソフトの仕様に縛られることなく、柔軟なシステム環境を実現します。

    また「VMM」では今回VMwareのVMotionテクノロジ(稼働中の仮想マシンを別の物理マシンへ移動する機能)と連動し、従来の物理サーバ、仮想マシンの一括管理に加え、システム性能のバランシングやディザスタ・リカバリなどのシステムの可用性向上が可能になります。

    新コンセプト「VMS」の詳細については、添付資料を併せてご参照ください。

    <あらゆる販路でHP BladeSystemの技術支援を強化>

     

    さらに、日本HPはブレード型サーバのサーバ統合プラットフォームとしての普及を促進するため、直販のお客様と販売パートナー経由のお客様の両方に対する技術支援を強化。製品の販路を問わず、HP BladeSystemを導入するあらゆるお客様に充実したサービス・サポートを提供できるよう体制を整えます。

    従来、個別見積もりにて実施してきたHP BladeSystemの初期導入関連サービスのうち、特に需要が高いものを定型サービスとしてメニュー化。システムの要件定義から設計・導入までを一貫してHPのコンサルタントが実施する「HP BladeSystem Optimized エクスプレスサービス」を含む3つのサービスを開始します。その他、社内に「HP BladeSystem Profession」を設立し、ソリューション担当者の知識・ノウハウの共有と社内連携を促進します。

    また、販売パートナー向け施策として、製品販売に加え自社による付加価値を加えた導入コンサルティング、設置、保守等のサービス開発を希望するパートナーを販売、技術面で支援する「HP BladeSystemパートナー」制度を設け、HPからの技術支援を積極的に行います。

    これらの施策の詳細については、添付資料を併せてご参照ください。

    <SAS採用ブレードサーバ新製品、価格改定、仮想化キャンペーン>

     

    同時に本日、ブレードサーバで初のSerial Attached Storage(SAS)対応製品となる「HP ProLiant BL35p SASモデル」を発売。さらにブレードサーバ製品のラインアップを強化しお客様の選択肢を広げます。また、ブレードサーバについて最大32%の価格改定を実施します。HP BladeSystem全体の施策強化とともに、ハードウェア製品の価格性能比をより高めることにより、さらなる拡販を目指します。

    また、HP BladeSystemにおける仮想化ソリューション強化の一環として、ブレードエンクロージャにVMwareの評価版を添付し仮想化システムを多くのお客様に体験いただく「ブレードで仮想化って、何だ!?」キャンペーンを実施中です。(関連情報: http://www.hp.com/jp/blade_vmw/

    ■ 添付資料
         本日発表の施策の詳細 ( PDF:100kb )

    ■今回の新製品および価格改定の詳細は以下のURLからご覧になれます。
         http://www.hp.com/jp/proliant_new/

    ■HP BladeSystemに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/bladesystem/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


    Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
    アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡