Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年10月12日

ネットワーク末端の機器を効率的に管理するモジュール式スイッチ
ProCurve Switch 8100fl

- ネットワークの末端に機能を持たせ、柔軟なネットワーク環境を実現する
「ProCurveアダプティブ・エッジ・アーキテクチャ」実現の中核製品 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、HPの推進するネットワークのエッジ(末端)に高い機能を持たせ、ネットワーク全体で優れた性能と柔軟性を実現する「ProCurveアダプティブ・エッジ・アーキテクチャ(Adaptive EDGE Architecture、以下、アダプティブ・エッジ・アーキテクチャ)」の中核製品「ProCurve Switch 8100flシリーズ (以下、8100flシリーズ)」ならびにモジュール製品を11月1日より販売開始します。また、同時にニーズが高まっているIP電話や無線アクセスポイントなどでの利用に最適な、8ポートのPoE(Power on Ethernet:Ethernetケーブルにより電源供給する技術)対応スイッチ製品「ProCurve Switch 2600-8-PWR」も11月1日より販売開始します。

企業のネットワーク環境は複雑になり、また、最新のアプリケーションをサポートするためのパフォーマンスと柔軟性への要求は高まる一方です。日本HPは、拡張のたびに多くの労力とコストを要する従来のコアに高機能を持たせるアーキテクチャに対し、ネットワークのさまざまな機能をエッジの機器に分散させ、ニーズに応じた必要最小限の拡張や維持管理を柔軟に行なえるようにできるアダプティブ・エッジ・アーキテクチャを提唱してきました。今回発表した8100flシリーズは、アダプティブ・エッジ・アーキテクチャを実現するために必要なソリューション「インターコネクト・ファブリック・ソリューション」を実現する製品です。インターコネクト・ファブリック・ソリューションは、エッジ部分に配置された各種デバイス間を接続(インターコネクト)し、エッジ部分の機能を最大限に活かしながら効率的にネットワーク全体を管理します。このソリューションは、2004 年にHPがRiverstone Networks社から取得したエンタープライズ・ネットワーキング技術をもとに開発されたものです。

<ProCurve Switch 8100flシリーズ>

製品名 価格 販売開始予定日
ProCurve Switch 8108fl 4,200,000円 (税抜 4,000,000円) 11月1日
ProCurve Switch 8116fl 5,775,000円 (税抜 5,500,000円) 11月1日
※ 8100flシリーズ用 オプションのモジュール製品につきましては、添付資料をご参照ください。

8100flシリーズは、将来のネットワーク・ニーズにも柔軟に対応できる高い拡張性、ネットワークをダウンさせない可用性と、余裕あるパフォーマンスを発揮する高帯域幅を提供し、コスト効率に優れたモジュール式のスイッチです。同シリーズには2つのモデルがあり、「ProCurve Switch 8108fl」は、最大8つの10GbEポートと160Gbpsのスイッチング容量、最大119Mppsのスループットを実現、また、「ProCurve Switch 8116fl」は、最大16個の10GbEポート、320Gbpsのスイッチング容量、最大238Mppsのスループットを提供します。

いずれも、ハードウェアベースのアクセス・コントロール・リスト(ACL)や高度なQoS(Quality of Service)技術などによって、ネットワークのアクセス管理やトラフィック管理の機能も豊富に実装しています。さらに、業界標準のプロトコルや、従来からのコア・ネットワークで広く使われている主要な技術要素もサポートしているため、構築済みのネットワーク環境に組み込むことも容易で、従来のコアに高機能を持たせたアーキテクチャから機能をエッジに分散するアーキテクチャへのスムーズな移行、あるいは相互共存を実現します。ProCurve Switch 8108fl は、1 年間の無償交換対応の保証が提供されるほか、WEBからの無償ダウンロードで行なえるソフトウェア・アップグレードがライフタイムでサポートされます。

<ProCurve Switch 2600-8-PWR>

製品名 価格 販売開始予定日
ProCurve Switch 2600-8-PWR 147,000円 (税抜140,000円) 11月1日

IP電話や無線LAN、セキュリティカメラ、RFIDシステムなどの導入が加速するのに伴い、電源の確保が難しい場所やリモート環境で利用する低ポート密度の低価格スイッチ製品の需要が高まっています。こうしたニーズに対応する新しいエッジの機器として、8つのオートセンシング10/100 PoE(IEEE 802.3af)ポートを備えたスタッカブル・スイッチ「ProCurve Switch 2600-8-PWR」を投入しました。この製品は、8個のポートすべてに最大15.4W/ポートの電力を同時に供給することが可能で、Ethernetケーブルを通じて接続するデバイスに電力を提供します。また、10/100/1000BASE-TまたはMini-GBIC接続用のギガビットアップリンクも搭載しています。さらに同製品は、ProCurveの主力製品のひとつであるProCurve Switch 2600シリーズのひとつであり、小規模ネットワーク向けの低価格帯製品でありながら、エンタープライズ・レベルの高い品質とソフトウェア機能、信頼性が提供されます。ProCurve Switch 2600-8-PWRは、製品を利用している限りは故障時の無償交換が受けられるライフタイム保証が提供されます。

■ProCurve製品に関する製品情報は以下のURLを参照ください。
     http://www.hp.com/jp/procurve/

■ 添付資料
     ProCurve Switch 8100flおよびProCurve Switch 2600-8-PWR 製品概要 ( PDF:156kb )

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/


Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡