Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年10月24日

製造・流通業の補修部品管理を適正化する
「サービスパーツ管理ソリューション」を発売

- HPの保守ノウハウを活かし、業務コンサルティングまで含めたトータルソリューションを提供 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、米サービジスティクス社が開発したパッケージソフトウェア「Servigistics (サービジスティクス) 8.1」を活用した製造・流通業向けソリューション「サービスパーツ管理ソリューション」を発売します。

本ソリューションはサービスパーツ(補修部品)の適正な在庫管理を実現するシステムの構築を支援するもので、以下のサービスから成り、Servigistics 8.1の優れた機能と世界的な製造・保守サービス企業であるHPのノウハウを活かし、コンサルティングからシステム実装、運用保守まで一貫したソリューションを提供します。

 

サービスパーツ管理ソリューションの提供サービス

 
  • 導入診断アセスメント
      お客様の業務・環境におけるサービスパーツ管理ソリューションの導入効果を測定します。
  • 導入支援コンサルティング
      HPのノウハウを活かし、お客様のサービスパーツ管理業務のコンサルティングを実施。業務プロセスの改善を図ります。
  • システム設計
      あるべき業務プロセスに沿って、Servigisticsによるサービスパーツ管理システムの設計を行います。
  • システム構築
      サービスパーツ管理システムの構築を行います。
  • システム保守
      サービスパーツ管理システムの保守を行います。

    <本日の発表の背景と詳細>

     

    製造業や流通業のお客様にとって、部材の在庫削減はコストの抑制・利益拡大につながります。特に生産の現場では生産部材の在庫削減の取り組みが早くから進められており、SCM(サプライチェーン・マネジメント)を取り入れた先進的な在庫管理を行っている企業も少なくありません。
    しかし、製品のライフサイクルが短くなる中でも中長期のサポートが求められるアフターサービスの分野では、サービス率 (*1) の向上とサービスパーツの在庫削減というトレードオフの解決が困難であるため、サポート部材に関しては、生産部材に比べると在庫削減への取り組みの遅れが目立っています。

    日本HPでは、効率的なサービスパーツ管理の実現を望むお客様のニーズに応え、この分野での先進的なポジションを獲得するために、従来よりサービジスティクス アジア(本社:東京都千代田区、社長:清水 博)と代理店契約を締結し、同社のサービスパーツ管理に特化したパッケージソフトウェアである「Servigistics」を販売すると同時に、同製品を利用した総合的なソリューションを提供しています。今回、同製品の最新バージョン8.1の発売に伴い、日本HPは新製品Servigistics 8.1を活用した「サービスパーツ管理ソリューション」の提供サービスメニューを整え、サービジスティクスアジアとの連携をより深めながら、より幅広いお客様における本ソリューションの導入を推進します。

    Servigisticsは、サービスパーツの在庫・調達計画に特化したソフトウェアパッケージで、パーツの需要予測だけでなく、適正在庫水準、推奨在庫管理、拠点間バランス機能などを備え、サービスパーツの総合的な在庫適正化を行います。
    また、KPI分析 (*2) やWhat-if分析 (*3) などの分析機能により、在庫計画精度の継続的な向上をサポートし、先に述べた、アフターサービス部門の課題である、サービスパーツ管理に関するトレードオフの解決を支援します。
    さらに、最新のServigistics 8.1では様々な有用な機能が追加されています。中でも "中長期発注計画機能" はサプライヤ(部材供給業者)と物流業者、自社倉庫の様々な制約を加味した上で各部材の中長期の適正発注数量を推奨するもので、将来の部材発注の見通しを明確化するほか、Webを通じたサプライヤへの発注内示によって納期遵守を促進します。これにより、お客様の部材発注業務の精度向上と効率化をサポートし、サプライヤとの協業をより円滑にします。

    (*1) サービス率:
    企業が部品を顧客に提供する際の供給充足度
    (*2) KPI分析:
    業績評価指標分析。企業目標やビジネス戦略を実現するために設定した具体的な業務目標の達成度をモニタリング・分析する指標の1つ。Servigisticsでは、分析対象のサービス業務の目標達成度を定量的に計測する
    (*3) What-if分析:特定の前提条件を変更した場合に、結果がどのように変化するかをシミュレーションする分析。たとえば、Servigisticsではサービスパーツの納品リードタイムを短縮したときに、在庫がどれくらい減るかを計算できる

    日本HPは、この優れたパッケージソフトウェアと、日本市場でも長年のサービスパーツ管理の実績がある製造業としてのHPのノウハウを組み合わせ、単なるサービスパーツ管理システムの設計・構築にとどまらず、導入効果測定、業務プロセスコンサルティングから運用保守までを含めたトータルソリューションを提供します。

    日本HPは本ソリューションにより、製造業・流通業のお客様のアフターサービスにおける効率改善とコスト削減に貢献する、先進的で効果の高いサービスパーツ在庫管理システムの導入を支援します。


    ■ 米サービジスティクス社からのエンドースメント

    両社の組合せによるワールドワイドでの実績や市場における専門知識により、 両社のクライアントに真に実のある価値をお届けすることができるでしょう。HPが、補修部品管理ソリューションを顧客に提供するために、業界のリーダーであるSERVIGISTICS社をパートナーとして選択したという事実は、彼らが本当に優れたソリューションだけをクライアントに提供することに心を砕いているということの現れです。我々は、このような重大な側面においてHPと協調関係を結べることを非常に嬉しく思っています

    サービジスティクス社CEO(最高経営責任者) エリック ヒンクル様


    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡