Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本リリースは、株式会社CSKシステムズと日本ヒューレット・パッカード株式会社との共同リリースです。
両社から重複して配信されることがありますが、あらかじめご了承ください。

2005年11月7日

株式会社CSKシステムズ
日本ヒューレット・パッカード株式会社

CSKシステムズ、日本HPと協業し、ブレードPCを利用した
従量課金型のThinクライアントPC・アウトソーシングサービスを提供

株式会社CSKシステムズ(本社:東京都港区 代表取締役社長:広瀬省三、以下CSKシステムズ)は、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:小田晋吾、以下日本HP)と協業し、CSKシステムズの提供する従量課金型アウトソーシングサービス「USiZE (*1) 」の新たなサービスとして、日本HPのブレードPCを利用したThinクライアントPC・アウトソーシングサービスを開始します。

今回新たに展開するThinクライアントPC・アウトソーシングサービスでは、ディスクレスのThinクライアント環境に移行することで端末からの情報漏洩を防止するとともに、サーバーにおける情報の一元管理により効率的なセキュリティ対策を行うことが可能となります。また、システムの導入/運用からデスクトップサポートまでを含めたワンストップのアウトソーシングサービスを提供することにより、サーバーおよびPC端末の運用管理負担の軽減を実現します。

ThinクライアントPC・アウトソーシングサービスの特長は、以下のとおりです。

 
  • 従量課金型サービスで、企業の高いIT投資効率を実現する「USiZE」
    ThinクライアントPC・アウトソーシングサービスのベースとなる「USiZE」は、お客様のさまざまなビジネス展開に伴う「ビジネス規模の拡大や縮小」、「業務量の増減」あるいは「サーバーやストレージリソースの利用量」に応じて、CSKシステムズのセンター設備やサーバー/ストレージ、ネットワーク、運用などを提供する従業課金型のサービスです。
    お客様にとって常に最適なIT環境を提供することで、次のような効果を実現しています。

     
    1. ITリソースとコストの最適化
    2. システム投資リスクの軽減
    3. システムの導入・サポート・運用といった業務からの開放、技術管理の合理化
    4. 突発的なピーク時やITリソースの追加時などの迅速な対応
    (非対面販売システムやWebマーケティングなどの季節変動型または突発的なピーク対応に効果が高い)
  • セキュリティ面と管理面両方の課題を解決する日本HPのブレードPC
    日本HPの提供するブレードPCソリューションは、PCの機能を2つに分解し、CPUやディスクなどの記憶装置といった主要機能をデータセンターで一括管理し、ユーザ側には、アクセス端末のみ提供します。これにより、社員のPC端末からの情報漏洩の防止やソフトウェアのセキュリティ対策を効率的に行うことが可能となり、高いセキュリティ環境と運用管理負担の軽減を実現します。
  • 導入をサポートするサービスの提供
    CSKシステムズ内にブレードPCの検証環境を整備し、2005年12月にはお客様に対してデモサービスの提供開始を予定しています。

    この「USiZE」をベースとしたThinクライアントPC・アウトソーシングは、情報漏洩対策に有効であり、個人情報を扱う業務を外部委託するケースの多い金融業、小売業、通信販売業、個人情報を扱うコールセンター業務への適用に適しています。また、PC盗難・紛失対策の観点から営業マンのモバイル端末、比較的拠点移動の多い建設業、土木業の工事現場での適用にも有効となります。CSKシステムズでは、このThinクライアントPC・アウトソーシングに、コスト削減を目的とした統合ソリューションやマイグレーション、リスクマネジメントを目的としたディザスタ・リカバリーなどの「USiZE」ソリューションを組み合わせることで、お客様に対して、情報基盤の強化とコストの削減・最適化の実現に向けた提案をしていきます。

    なお、今回の協業実施に合わせて、「USiZE」のプラットフォームに従来からのUNIXプラットフォームに加え、Windows/Linuxのサーバー・プラットフォームを追加します。また、仮想化技術を導入した共有ストレージ等が新たに利用可能となります。

    (*1) 「USiZE」は、ITプラットフォームの柔軟かつ最適な提供をコンセプトに、CSKシステムズが提供する従量課金型のユーティリティ・コンピューティング・サービスおよびアウトソーシングサービスの登録商標です。

    ■ 株式会社CSKシステムズについて

     

    株式会社CSKシステムズ ( http://www.csk.com/systems/ )は、2005年10月、株式会社CSKのすべての事業を引き継ぐとともにグループ会社であった日本フィッツ株式会社を統合して誕生。お客様の業務や最終消費者の視点からサービスを捉え、コンサルティングからシステム開発、運用、BPOまでを包括するフルラインのサービスを提供します。また、専門性の高い多様なサービスを提供するグループ各社のノウハウを組み合わせた付加価値の高いサービスを提供していきます。

    ■ 日本ヒューレット・パッカード株式会社について

     

    HPはコンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2005年7月31日締めの年間売上高は852億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ) についての情報は http://www.hp.com/ 米国のサイトへ をご覧ください。
    日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。 http://www.hp.com/jp/

    #     #     #

    その他文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡