Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年11月25日

HP教育サービス、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)関連の
新トレーニング4コースを開始

- 同時に、ITサービスマネジメント関連の「BS15000トレーニング」も開始 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、お客様向けの教育サービス部門「HP教育サービス」が提供するITSM(IT Service Management)教育コースの一環として、「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)関連コース」4コースと「BS15000トレーニングコース」を2006年1月より開始します。

「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)関連コース」4コースは、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が定める「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度」の認証取得、及び同制度のもとになった英国が定める情報セキュリティマネジメントシステム規格「BS7799」の習得・実践に関連するものです。また、「BS15000トレーニングコース」は、同じく英国のITサービスマネジメントであるBS15000について学ぶものです。

これらのコースは、BS7799を定めた国際認証のリーディングカンパニーである英BSI(英国規格協会)の日本法人、ビーエスアイジャパン株式会社(略称:BSIジャパン、本社:東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー21階、社長:上野 隆)との提携により企画・開催されます。

<新コースのラインアップ>

 

今回開始する新コースは以下の通りです。なお、ISMS認証の国際規格であるISO/IEC27001の発行に伴い、各コースは順次、ISO/IEC27001対応コースとして提供される予定です。

1. 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)審査員コース/BS7799リードオーディターコース (*1)
2. BS7799情報セキュリティマネジメントシステム基本コース
3. BS7799/ISMS導入実践コース
4. ISMS内部監査員養成コース
5. BS15000コース

*1: BSIジャパンは、JIPDECが定める「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価 制度」で認定されたISMS審査員研修機関です。本コースはJIPDECによって、ISMS審査員 研修コース(ISTC03A)として公認されています。

<開催スケジュール>

 

新コースの開催スケジュールはHP教育サービスの定期コーススケジュール
http://www.hp.com/jp/education/ )を参照してください。

<各コースの概要>

 
1. 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)審査員コース/BS7799リードオーディターコース (5日間)
本コースは、BS7799/ISMS認証の取得準備に役立つほか、同認証を行う審査員を目指す方の必修コースとしてもデザインされている、ISMSの総合的かつ実践的なトレーニングです。通常の講義に加えてグループ演習、ロールプレイ、事例研究を取り入れているほか、実用的なサンプル文書の提供等により受講者の理解が深まるよう工夫されています。本コースはBSI英国本部で実施しているものと同じ内容を日本人講師にて行い、教材は日・英併記となります。
本コースにより、受講者はBS7799の審査活動の意味やその技術を理解でき、システム認証に向けた必要かつ有用な情報を得られます。
2. BS7799情報セキュリティマネジメントシステム基本コース (2日間)
本コースは、情報セキュリティマネジメントの英国規格であるBS7799の真に意図するところを学ぶためのコースです。具体的には、情報セキュリティの定義、規格の目的、管理目標と管理策、管理策の重要性、審査登録の意義と取引上の圧力、規格への不適合に対するペナルティ等についての情報を提供します。コース内容は英国NCC(the National Computing Centre)によるセキュリティ上の課題に関する実際の調査報告からの事例紹介から始まり、情報セキュリティマネジメントの構成要素の解説、さらに認証審査の概要までを網羅しています。また、演習問題によって、コースの内容をより具体的に理解できるようになっています。本コースはBSI英国本部で実施しているものと同じ内容を日本人講師にて行い、教材は日・英併記となります。
3. BS7799/ISMS導入実践コース (3日間)
本コースは、 BS7799で示される情報セキュリティマネジメントシステムの仕様、及び同仕様に適合するISMSの導入方法を紹介し、ISMSの導入の実際を理解することを目的とします。ISMS制度やBS7799概念の理解を前提におきながら、ビジネスに直結するISMS導入方法の、より実践的なメソッドの修得と理解に最適なコース編成となっています。特に、企業等における情報セキュリティマネジメントの実務担当者、ならびにコンサルタントに適したコースです。
4. ISMS内部監査員養成コース (2日間)
本コースは、BS7799認証取得の準備を行う方、また有効な内部監査の実施を目指す方に最適な、総合的かつ実践的なトレーニングで、通常の講義に加えてグループ演習、ロールプレイ、事例研究を取り入れているほか、実用的なサンプル文書の提供等により受講者の理解が深まるよう工夫されています。受講者は、本コースによってBS7799の審査活動の意味やその技術を理解でき、システム認証に向けて必要かつ有用な情報を得られます。
5. BS15000コース (2日間)
「BS15000 ITサービスマネジメント」はITサービスを提供するすべての組織に適用されるマネジメントシステム規格で、英国政府が作成したITサービスの品質向上のためのガイドラインであるITIL(IT Infrastructure Library)をもとにした、英国の国家規格です。本規格は品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)と共通の考え方を持つ部分も多く、顧客及び利害関係者の満足はもとより、ビジネスのパフォーマンスの向上をも目的としています。また、BS7799を引用した形式となっており、まさにITサービスに関するビジネス規格であるといえます。本コースは、BSI英国本部に認定された日本人講師によって行われます。

<日本HPのITSM関連教育コース>

 

日本HPでは、これらの新コースのほか、ITIL Foundationコース、ITIL ManagerコースなどのITILの世界共通資格の取得を目指す、多数の教育コースを開催しています。日本HPは、これらの教育コースを通じて、お客様におけるより深いITサービス管理知識の理解と実践を支援していきます。

■ BSIジャパンについて

 

BSI (英国規格協会)は1929 年に英国王室の認可(Royal Charter )を受け、現在、100 カ国以上でシステム認証、製品認証、製品検査、教育セミナー等の幅広いサービスを提供しております。ISO関連につきましては、BSIはこれまでISO9000 のベースとなったBS5750やISO14001 の ベースとなったBS7750 等の規格を作成したことで世界的に知られており、またISO の 設立メンバーとしても、これまでに様々な国際規格の作成に大きく貢献しております。 さらに、BSI はISO9000 やISO14001 の審査登録においても世界最大の実績を誇っており、ISO9000 では世界市場の20 %、ISO14001 では世界市場の24 %を占めています。 BSI は世界のリーディングカンパニーとして、国際的な認証市場において絶大な影響力 と認知度を誇る審査登録機関です。BSI Japanの詳細については、下記Webページをご参照ください。
http://asia.bsi-global.com/Japan/

■ HP教育サービスに関する情報は以下のURLを参照してください。
    http://www.hp.com/jp/education/

■ プレスルーム
    http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡