Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2005年11月28日

IT統合、仮想化技術者を養成する上位レベル資格認定、教育コース設置

- 先端スキルを習得したUNIXエンジニアを養成 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田晋吾)は、認定資格制度「HP認定プロフェッショナル・プログラム」を拡充します。既存のHP-UX分野におけるプログラムに仮想化技術、IT統合のスキルを包含した新しい上位レベルの認定資格を追加し、それに対応したUNIXエンジニア向けの教育コースを設置します。

企業を取りまくビジネス環境が激しく変化しており、その変化に追随できる柔軟性の高いITシステムと管理コストの削減が求められています。そこで仮想化の技術を使い、増えすぎたサーバを統合して管理を容易にするIT統合の要望が増加しています。HP-UX搭載サーバは、多くの企業の基幹システムとして導入されており、その信頼性、拡張性、仮想化技術の高さによって仮想化・IT統合を実現できるインフラであると評価されています。そのためHP-UXにおける仮想化技術の実装やIT統合を担うエンジニア養成が求められています。
そこで、日本HPは、HP-UXのエンジニア教育認定制度を拡充し、IT統合および仮想化技術に対応した上位レベル認定制度の追加とそれに対応したトレーニングコースの設定で、このような要求を満たすエンジニアを養成します。

<拡充された新認定資格とトレーニングコースの概要>

 

従来のHP-UX分野の認定資格制度では、基礎的なシステムアドミニストレーター認定(certified systems administrator、以下CSA)とその上位レベルとして、高可用性システム構築に関する「HA認定試験」の2つがありました。トレーニングコースもこれらに対応したものを設定していました。HP-UXのエンジニアに求められスキルの変化に合わせて、今回、CSAの上位レベルとして仮想化技術やIT統合のスキルまで包含したシステムエンジニア認定(certified systems engineer、以下CSE)を設け、CSE認定のための推奨トレーニングコースを設定します。新たに設定したトレーニングコースは、仮想化、IT統合に対応した新コースと従来のコースをあわせた以下の6コースになります。

 
- 仮想化実現のためのトレーニングコース「nPars、vParsによるHP-UXパーティション管理」
- 障害対応のトレーニングコース「HP-UXトラブルシューティング」
- セキュリティ強化のトレーニングコース「セキュリティ管理者のためのHP-UX 11iシステムセキュリティ」
- ディスク管理のトレーニングコース「LVM MirrorDisk/UX Workshop」
- 高可用性実現のためのミドルウェア「HP Serviceguard」トレーニングコース「Serviceguard Workshop」
- シェルプログラミングのトレーニングコース「POSIXシェルプログラミング」

<仮想化実現のためのトレーニングコース「nPar、vParによるHP-UXパーティション管理」>

 

CSE認定プログラムおよびそれによって設置されたトレーニングコースでは、現在注目を集めているIT統合、仮想化技術のコース「nPars、vParsによるHP-UXパーティション管理」の設定が一番の特長です。激しいビジネス変化に対応できる柔軟なITシステム構築するには、既存のIT資産を統合することで運用管理性を高め、仮想化技術生かして効率的なIT資産の振り分けが必要です。日本HPでは、IT統合と仮想化に関する様々な取り組みを行っています。サーバのセルボード単位など物理的な仮想化を行う「nPar」やソフトウェアによる仮想化「vPar」などの仮想化の機能や、ITシステムを統合し、負荷分散を行うWork Load Managerなどの機能を提供しています。「nPar、vParによるHP-UXパーティション管理」では、これらの技術を駆使できる仮想化技術者を育成し、IT統合、仮想化の推進を計ります。具体的なトレーニング内容は、以下のとおり。

 
- セルボード単位のnPars構成の実践
- コマンド、GUIでのvParsの構成実践
- PRMを利用して、CPUやメモリ、ディスクバンド幅といったリソースの制御
- システム負荷の状況により、処理の負荷分散を行うWork Load Managerを利用して、あらかじめ定義したサービスレベル目標(SLO)を満たすように CPUやメモリ、ディスクバンド幅といったリソースの制御

日本HPは、今回のCSEの設置で、年間100名以上の仮想化・IT統合エンジニアの養成を目指します。

なお、CSE取得者には、特典が与えられます。(以下は、特典の一部です)

 
- 認定ロゴの使用権
- HP Technology Forum(米国での開催)など、海外開催イベントへの招待
- 認定者向け各種トレーニングの無償利用

(各種特典の詳細は、日本HPのサイトで確認できます)
資格認定制度に関する詳細情報: http://www.hp.com/certification/japan/

■ HP教育サービスに関する情報
      http://www.hp.com/jp/education/


■ パートナー各社からの賛同コメント(五十音順)

NECラーニング株式会社 代表取締役 執行役員社長 内海 房子 様
この度、新設された資格「システムエンジニア認定(certified systems engineer)」は、実践的で価値あるエンジニアのスキルを明確に認定し、HP-UXサーバを基盤としたプラットフォーム技術の普及と関連ビジネスの発展に繋がるものだと考えます。NECラーニング株式会社は、この新たな資格を含め、認定資格制度「HP認定プロフェッショナル・プログラム」の拡充、認定技術者の育成を今後も支援いたします。

株式会社日立インフォメーションアカデミー 取締役社長 若井 勝郎 様
株式会社日立インフォメーションアカデミー(以下日立IA)はこのたびの教育プログラム拡充を歓迎します。株式会社日立製作所は統合サービスプラットフォームBladeSymphonyと日立アドバンスサーバHA8500シリーズ、HITACHI 9000VシリーズにおいてHP-UXを提供しており、仮想化技術を次世代ITインフラストラクチャの重要な要素技術と位置付けております。日立IAはHP-UXを利用したシステム構築や運用に必要な教育を実施しており、このたびのCSE認定制度新設がシステムエンジニアにとって、より高い目標の設定と、高度な技術習得を促せるものと期待しています。


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡