Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
本プレスリリースは日本ヒューレット・パッカード株式会社と日本BEAシステムズ株式会社の共同リリースです。
重複して配信される場合がありますがあらかじめご了承下さい。

2005年12月14日

日本HP、日本BEA、KDDIの基幹システムARIALを構築

- KDDIが展開するau携帯電話事業の基幹システムARIALを、
HP Integrity サーバ上でBEA WebLogic Integrationを採用した構成で構築 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小田 晋吾、以下日本HP)、日本BEAシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:アリイ・ヒロシ、以下日本BEA)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長:小野寺 正、以下KDDI)が展開するau携帯電話事業の基幹業務を支えるIPプロビジョニングシステム「ARIAL(アリエル)」を、HP Integrity サーバ上に「BEA WebLogic Integration™」を配する構成で構築したことを発表しました。同システムは2,000万契約を超えるお客様を支える環境で、安定稼動しています。

世界有数の3G携帯電話ユーザ数を誇るKDDIでは、これまで利用してきた携帯電話サービスの基幹システムが、増加の一途をたどる契約者や続々と追加される新サービスの実装に耐え切れないとの判断から、従来Solarisサーバで構築されていた基幹システムの刷新を決断。システム刷新の提案を各ベンダに依頼したなかから、日本HPの提案が採用されました。KDDIが提案を求めた主な改善点は、以下の5つです。

  • システムの拡張性を確保
  • 開発のリードタイム短縮
  • 並行開発環境の実現
  • 開発コストの削減
  • 障害が他システムに影響を与えない設計

これに対し、日本HPは拡張性を確保するため徹底して業界標準にこだわり、HP Integrity サーバ上に統合プラットフォーム製品としてBEA WebLogic Server® とBEA WebLogic Integrationを採用し、システムを構築しました。開発期間約8ヶ月という短期間で、データ移行件数1800万件以上、移行時間わずか12時間で、すべてのマイグレーションを完了することに成功しました。

新基幹システムARIALはKDDIに、開発期間30%短縮、案件対応能力150%向上、処理速度の向上など、さまざまな効果をもたらしました。KDDI 株式会社 モバイルプラットフォーム開発部4Gの松岡 宏志氏は、「従来のシステムにおける課題の8割はARIALにより改善することができました。本システムはBEA WebLogic Server、BEA WebLogic IntegrationとHP Integrityサーバの組み合わせにより、高い信頼性とコストパフォーマンスを確保できました。そしてこれらを総合的に構築した日本HPのプロジェクト体制とシステム設計・構築能力にも非常に満足しています」と述べています。
日本HP、日本BEA両社は、今後もARIALの安定稼動とさらなる拡張に万全の対応を期します。

日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)について

 

HPはコンシューマ、企業、各種機関等に世界規模でサービスを提供するテクノロジー・ソリューション・プロバイダとして、ITインフラストラクチャ、コンサルティング&インテグレーションサービスからPC、PDA、プリンタまで幅広い製品、サービスを提供しています。2005年10月31日締めの年間売上高は867億ドルでした。HP (NYSE, Nasdaq: HPQ)についての情報は http://www.hp.com/ 米国のサイトへ をご覧ください。
日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)はHPの日本法人です。( http://www.hp.com/jp/

日本BEAシステムズ株式会社について

 

日本BEAシステムズは、BEA Systems, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、Nasdaq略称:BEAS)の日本法人です。BEAは、エンタープライズ・インフラストラクチャ・ソフトウェアの世界的なリーダとして、情報とサービスの安全な流れを加速する標準ベースのプラットフォームを提供します。BEA製品(WebLogic®、Tuxedo®、JRockit™ および新たなサービス・インフラストラクチャ・ソフトウェアからなるAquaLogic™ 製品群)は、ユーザ企業がITの複雑さを軽減し、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を成功裏に導入して、ビジネスに俊敏に対応する後押しをします。(http://www.beasys.co.jp/

#     #     #

BEA, Built on BEA, Jolt, Tuxedo, BEA WebLogic Server, WebLogic, BEA AquaLogic, BEA AquaLogic Data Services Platform, BEA AquaLogic Enterprise Security, BEA AquaLogic Service Bus, BEA dev2dev Subscriptions, BEA eLink, BEA MessageQ, BEA WebLogic Communications Platform, BEA WebLogic Enterprise, BEA WebLogic Enterprise Platform, BEA WebLogic Enterprise Security, BEA WebLogic Express, BEA WebLogic Integration, BEA WebLogic, BEA WebLogic Network Gatekeeper, BEA WebLogic Platform, BEA WebLogic Portal, BEA JRockit, BEA WebLogic SIP Serverおよび BEA WebLogic Workshop はBEA Systems, Inc. の登録商標または、商標です。それ以外の会社名、製品名はそれぞれ関係する企業の商標または登録商標である可能性があります。

「本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでも、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。なお、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もございます」

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡