Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年1月24日

増え続けるデータを適切に管理し、
システムパフォーマンスの維持とコスト削減に貢献するILMソフトウェア2製品

- コンプライアンス(法令遵守)対応にも効果的なDB専用アーカイブツールと、
ファイルサーバ環境向けHSMツール -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日、企業システムの増え続ける業務データの適切な管理に役立つ、情報ライフサイクル管理(ILM)ソフトウェア2製品を発売します。

 
  • データベースサーバ向けのアーカイブソフトウェア「HP StorageWorks Reference Information Manager for Databases」(エイチピー ストレージワークス リファレンス・インフォメーション・マネージャ フォー データベーシズ、以下RIM for DB)
  • Windows® ファイルサーバ環境向けのエージェント型HSM(階層型ストレージ管理)ソフトウェア「HP StorageWorks File Migration Agent」(エイチピー ストレージワークス ファイル・マイグレーション・エージェント、以下FMA)

    長期的に運用されている企業システムにおいては、システム内に蓄積される業務データの適切な管理が大きな課題です。2005年4月よりe文書法が施行され、これまで書面での保存が義務付けられてきた財務や税務関連の書類や帳票の、電子データによる保存が認められました。これにより企業システムには、適切なパフォーマンスを維持しながら大量の文書データを保管する機能が求められています。また、今後日本においても米国のSOX法 (*) 相当の企業の内部統制に関する法律が制定されると見込まれており、コンプライアンス(法令遵守)対応の観点から、過去の業務データを適切に管理できる体制作りが企業の重要な課題になっていくと予想されます。

    本日発売の2製品は、いずれもこのような企業のデータ管理基盤の整備に役立つILMソフトウェアです。これらのソフトウェアは、企業のデータ管理方針に基づいて管理者が定めたポリシーに従い、自動的にシステム内のデータを分類し、指定されたストレージ装置へ再配置するものです。これらのツールは、方針に基づく明快で確実なデータの整理を実現し、IT管理者の負荷軽減に貢献するとともに、高価なストレージと安価なストレージの使い分けにより、ストレージコストの削減にも役立ちます。

    *)SOX法: サーベンス・オクスリー法。投資者保護を目的として経営者による内部統制を義務化した
    米国の法律。

    <本日発表の新製品>

    製品名 標準小売価格 出荷開始
    HP StorageWorks
    Reference Information Manager
    For Databases
    17,850,000円〜
    (税抜 17,000,000円〜)
    2月下旬
    HP StorageWorks File Migration Agent 806,400円〜
    (税抜 768,000円〜)
    2月下旬

    <大規模なデータベース環境のILM実現に特化したソフトウェア、RIM for DB>

     

    RIM for DBは、SAPやOracle等の企業のデータベースに特化したアーカイブソフトウェアです。システム全体の運用に影響を与えることなく、予め設定されたポリシーに従って、稼働中のデータ(プロダクションデータ)中の長期間更新のないデータ(リファレンスデータ)を識別し、指定されたストレージへ自動的に再配置します。再配置されたデータは、プロダクションデータとリファレンスデータの別に関わらず、アプリケーションからは透過的にひとつのデータベースとしてアクセスできます。
    本製品は、参照系データの自動的なアーカイビングによりITスタッフの負荷を軽減するとともに、更新系データのみを高性能な本番システム上に残すことで、システム性能の維持とバックアップ&リカバリー時間の短縮を図り、データベースシステムのサービスレベルの安定化を実現します。

    リファレンスデータはさらにテープメディアなどの長期保管用ストレージにアーカイブ可能で、一連のアーカイビングプロセスにより、コスト削減とパフォーマンス維持を両立しながら、コンプライアンスにも貢献するストレージシステムの実現をサポートします。
    本製品は、主要な汎用業務アプリケーションに対応しているほか、コンサルティングを伴う導入により、OracleおよびSybaseのデータベースを使用したカスタム・アプリケーションに合わせたチューニングが可能です。その他、本ソフトウェアの仕様は以下の通りです。

     
  • 対応OS
    HP-UX 11/11i、Solaris 8、AIX、Windows® NT/2000、RedHat Linux
  • 対応アプリケーション
    Oracle E-Business Suite 10.7/11/11i
    PeopleSoft Enterprise 7.5/8.0/8.4/8.8/8.9
    SAP Business Intelligence 4.0
  • 対応アプリケーション以外のカスタム・アプリケーションに対応可能なデータベース製品
    Oracle 8.1.7/9.2.0.4/9.2.0.5
    Sybase ASE version
  • 対応ストレージ
    HP StorageWorks XP, HP StorageWorks EVA, HP StorageWorks MSAに対応

    <Windows® ベースのファイルサーバ環境でILMを実現するFMA>

     

    FMAは、Windows® ベースのファイルサーバ環境向けのHSMソフトウェアです。Windowsサーバ上で動作する、システムにほとんど負荷を与えないエージェントソフトウェアで、予め設定されたポリシーに従って、更新頻度の高いファイル(プロダクションデータ)を元のストレージに残し、更新頻度の低いファイル(リファレンスデータ)を他のストレージへ自動的に移動させます。ユーザーやアプリケーションは、本製品によるデータの移動後も、データの物理的な所在を意識することなくファイルにアクセスできます。安価なアーカイブ用ストレージ装置とFMAを組み合わせることにより、高機能ストレージ装置に保存するデータ量を抑制し、ストレージ全体のコストを削減します。
    本製品は通常のストレージのほか、NAS装置やRISSも移行先ストレージとして指定が可能で、柔軟なILM環境の構築が可能です。

     
  • 対応OS
    Windows® 2000(SP4以降、デスクトップでも使用可能)/Windows® 2003 Server
  • 対応ファイルシステム
    NTFS
  • 対応する移動先ストレージ
    通常のストレージ装置のほか、HP ProLiant Storage ServerシリーズなどのNAS装置、
    HP StorageWorks Reference Information Manager(RISS)、HP StorageWorks File System Extender(FSE)環境にも対応

    ■ 本日の新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/storage_new/

    ■ HP StorageWorksに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
         http://www.hp.com/jp/StorageWorks/

    ■ プレスルーム
         (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
         http://www.hp.com/jp/pressroom/

    #     #     #

    文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    ■ お客様からのお問い合わせ先

    カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
    ホームページ:   http://www.hp.com/jp/

    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡