Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
(注)本リリースは、日本AMD株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社とノベル株式会社による共同リリースです。
各社より重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

2006年2月27日
日本AMD株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
ノベル株式会社

仮想化技術を活用した柔軟なITインフラサービスを開始

- 仮想化技術と従量課金サービスを組み合わせ、初期導入コストを抑え、
変化の激しいビジネス環境に対応できるITインフラサービスを提供 -

日本AMD株式会社(以下 AMD)、日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下 日本HP)、ノベル株式会社(以下 ノベル)は、仮想化技術を活用したITインフラのサービス提供で協業します。AMDのサーバ向けプロセッサ「AMD Opteron™プロセッサ」を搭載した日本HPの業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリと「Novell® SUSE™ Linux」、仮想化ソフトウェアを組み合わせた仮想化ITインフラをパッケージにした従量課金サービスやシステムの構築サービスを2月27日より提供開始します。同時に、仮想化ITインフラの検証センターを設立いたします。
これらのサービス提供で、初期導入コストを抑え、変化に柔軟に対応できる仮想化ITインフラの導入を促進し、お客様の競争力強化をサポートします。

激しい変化と競争の行われているビジネス環境において、変化に柔軟に対応でき、初期導入コストを抑制できる仮想化技術と従量課金サービスに注目が集まっています。その一方で、仮想化技術を活用し、従量課金型の料金体系を採用したITインフラの構築、サービス提供には、技術検証やソフトウェア、ミドルウェアの価格体系などの問題を解決しなければなりません。

このような状況において、仮想化技術に対して先進的な取り組みをしている3社が協業します。各社は、仮想化や従量課金のサービスについて、以下のような特長を持った製品の提供、取り組みを行ってきました。

  • AMDは、プロセッサとメモリ間を頻繁にアクセスする仮想化システムに最適な「ダイレクトコネクトアーキテクチャ」を採用しています。近い将来、ハードウェア側でのメモリアクセスの仮想化とI/O部分の仮想化に最適化されたプロセッサの開発にもコミットしています。
  • ノベルの提供する「Novell SUSE Linux」は、最大1TBのメモリ容量をサポートしており、AMDのプロセッサ同様頻繁なメモリアクセスを必要とする仮想化システムに適したオペレーティング・システム(OS)です。また、サーバ内の物理CPU単位でのライセンス料金体系を採用しており、仮想化、従量課金の体系に柔軟に対応できます。
  • 日本HPは、2004年よりハードウェア、管理ソフトウェア、構築サービス、従量課金サービスを組み合わせ「統合管理」、「仮想化」、「自動化」を実現するソリューション「HP Blade System」を提供してきました。また、仮想化ソフトウェアである「VMware」の販売、サービス・サポートも提供してきました。さらに、オープンソースの仮想化技術である「Xen」に関して、ケンブリッジ大学と共同研究を行ったり、HPのオープンソースが一部に採用されるなど、積極的な取り組みをしています。

これらの特長、取り組みをベースに3社が、仮想化ITインフラの提供で協業し、仮想化を中心とした柔軟なITインフラの構築を推進していきます。
今回の協業で、具体的に提供するサービスは、以下のとおり。

1.検証センターの開設
日本HP天王洲本社内に、各社の製品を組み合わせたシステムとお客様のアプリケーションの稼動を検証する検証センターを開設します。検証センターには、以下の環境を用意しています。

AMD Opteronプロセッサ搭載 HP ProLiant BL25p、BL35p
AMD Opteronプロセッサ搭載 HP ProLiant DL385、DL585
HP StorageWorks
Novell SUSE Linux Enterprise Server
VMware ESX Server
Xen

2.仮想化ITインフラを従量課金型で利用できるファイナンスサービス
「AMD Opteronプロセッサ」を搭載した、日本HPの業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリと「Novell SUSE Linux」、仮想化ソフトウェア「VMWare」を組み合わせた仮想化ITインフラを以下の2つのユーティリティ・モデルで利用できるファイナスサービスを提供します。

  • 利用率に応じて課金する従量課金上限型の「ペイ・パー・ユース・サービス」
  • あらかじめ利用できるサーバなどのリソースを用意し、必要時にすぐ利用できる先用後利型の「インスタント・キャパシティ・サービス」

3.仮想化ITインフラ構築、保守サービス
「AMD Opteronプロセッサ」を搭載した、日本HPの業界標準x86サーバ「HP ProLiant」ファミリと「Novell SUSE Linux」、仮想化ソフトウェアを組み合わせた仮想化ITインフラを日本HPが構築、保守を行う「Virtualization Optimized Startup Service」の提供を開始します。また、同時に「VMWare」を使った仮想環境のインストールサービス「VMWare スタートアップサービス」も開始します。

<主な新サービスの価格>
製品名 価格(税込) 受注開始日
Virtualization Optimized Startup Service 682,500円〜
(同構成2台目より336,000円〜)
2月27日
VMWare スタートアップサービス 399,000円/台 2月27日

4.仮想化市場開発において共同マーケティングを展開
企業分野における仮想化市場のさらなる認知拡大・利用促進のため、共同で広告展開を行い、イベントやセミナーの開催、カタログの制作などにおいて、共同でマーケティング活動を展開します。

■ ヴイエムウェア株式会社からのエンドースメント

ヴイエムウェア株式会社 社長 三木 泰雄 様
ヴイエムウェアは、業界標準のサーバ、デスクトップ コンピューティングを仮想化によって変革することを使命として、広範囲で先進的な仮想化ソリューションを提供しています。この度、日本AMD、日本HP、ノベルの3社が提供するエンタープライズ分野でのより高いサポート、技術検証環境の充実と、高成長が期待されるLinux市場での仮想化促進をサポートできることを大変嬉しく思っております。今後も、仮想化市場の充実のため、日本AMD、日本HP、そしてノベルによるIT インフラサービスへのサポートを強化してゆきたいと思います。

#     #     #

AMD、AMD OpteronはAdvanced Micro Devices, Inc.の商標です。
その他文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡