Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年4月4日

日本ヒューレット・パッカード株式会社2006年度入社式
代表取締役副社長訓話(要約)

皆さん、入社おめでとうございます。今日から日本HPの社員となるわけですが、まずは非常に厳しい倍率を勝ち抜いて日本HPの一員になったことに、ぜひ自信と誇りをもってください。

学生生活を終え、今日から社会人となるわけですが、学生と社会人は大きな違いがあります。皆さんの中には大学卒業まで親に学費を払ってもらっていた人も多いと思いますが、これまでは皆さんは、学校にお金を払ってサービスを受けていた、お客様であったわけです。が、これからは会社が給与を払って、皆さんの労働、貢献を求めることになります。給与をもらうということの重みを、ぜひ理解して欲しいと思います。また学生時代の評価は、その学期に学んだ範囲での試験結果による評価に過ぎません。しかし社会に出てからは、経験していない、理解していないことに対応しなければならない場面にたくさん出会うと思います。習っていない、未経験、という言い訳は通用しない世界であり、皆さんの人間性、社会常識、チャレンジ精神が何より重要になってきます。ひとりひとりが、会社の代表としてそうした未知の事柄に対応しなければならなくなります。こうした、学生時代との違いをぜひきちんと認識し、頑張って欲しいと思います。

IT業界は成長産業であり、グローバルな戦いがこれからも続きます。2002年にHPはコンパックを買収し、当初はうまく行くのか?といった懸念も言われましたが、4年経った今、社員の努力により合併は大成功を収めているといえると思います。HPはグローバルでは10兆円規模の大企業であり、また株価も合併前の倍に上昇するなど、将来性への評価も非常に高くなっています。HPが今後もIT業界のリーダーであり続けるために、皆さんの力をぜひ存分に発揮してください。今後の貢献を心から期待しています。

代表取締役副社長 馬場 真

#     #     #

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡