Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月10日

ネットワークに負荷をかけずに構成監視できる管理製品を発売

- リアルタイムの構成監視とシミュレーション機能により効率的な管理を実現 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は、ルーティング情報を元に、ネットワーク構成の障害監視・解析を行う管理製品「HP OpenView Route Analytics Management System4.0 (オープンビュー・ルート・アナリティクス・マネージメント・システム4.0、以下RAMS4.0)」を6月1日から販売開始します。製品の出荷開始は6月末を予定しています。
RAMS4.0は、ルータ間で交換している経路情報を元に監視・解析を行うため、ポーリング(*1)などによる余分なトラフィックによるネットワークへの負担無しに、ネットワーク構成・障害状況等をリアルタイムに把握することが可能です。また、ネットワーク管理製品として事実上の業界標準と言われる「HP OpenView Network Node Manager Advanced Edition(オープンビュー・ネットワーク・ノード・マネージャ・アドバンスト・エディション、以下NNM AE)」との連携が可能であり、RAMSによって障害をリアルタイムに検知し、NNM AEによって障害の根本原因を把握することによって、より効率的な管理を実現します。
本製品は、主に大規模NSP(ネットワーク・サービス・プロバイダ)をはじめとする通信業界、金融業界等、ネットワーク管理に多くの作業量を必要とする企業を対象に販売します。

*1: ネットワーク内にある機器の障害をチェックするために、監視側が一つ一つの機器に問い合わせを行う手法。その都度データの送受信が必要になり、ネットワーク内のトラフィックが増大

RAMS4.0の主な特長は以下の通りです。

  • レイヤ3(*2)情報の取得によって、ネットワーク構成を可視的に把握
  • ネットワークに負荷をかけずに、リアルタイムな状況管理が可能
  • NNM AEとの連携で迅速に問題を検知し、より根本的な原因の特定が可能
  • シミュレーション機能で設定変更の工数を削減

<レイヤ3情報の取得によって、ネットワーク構成を可視的に把握>
RAMS4.0は、既存の多くのネットワーク管理製品と違い、実際の障害発生の50%以上を占めるという、レイヤ3の情報を取得できる監視製品です。ネットワークの経路全体を可視的に表示するため、問題の存在を視覚的に把握し、容易に管理することが可能です。

<ネットワークに負荷をかけずに、リアルタイムな状況管理が可能>
RAMS4.0では、ルータ同士で交換している情報を捕捉することで構成情報を把握しており、情報の取りこぼしのないリアルタイムな状況管理が可能です。時間ごとのイベントの表示と推移の確認も可能で、ある時点におけるイベントの履歴を再現、参照しながら対処を検討することが可能です。
さらに、定期ポーリングにより構成情報を把握する製品と違い、無駄なトラフィックを流さず、ネットワークに余分な負担をかけずに障害となりうる問題の芽を見つけることが可能です。

<NNM AEとの連携で迅速に問題を検知し、より根本的な対処を提供可能>
RAMS4.0によるレイヤ3、NNM AEのレイヤ2(*3)のイベント検知能力の統合によって、より根本的な原因解析が可能になります。また、RAMS4.0で検知したイベント情報を元に、NNM AEが根本原因を調査することにより、NNM AE単体より迅速に問題を検知することができます。
さらに、RAMS4.0で取得する情報を元に監視することで、NNM AEによる定期ポーリングを必要最小限の頻度に保つことができ、重要なコアネットワークに無駄なトラフィックを流さず、障害となりうる問題の芽を見つけることが可能です。あわせて、NNM上のRAMS View機能を用いることで、ルータのサマリーレポートを表示することも可能です。

<シミュレーション機能で設定変更の工数を削減>
RAMS4.0はルーティング設定変更のシミュレーション機能を持っており、ネットワークの経路設定を変更した場合にネットワーク全体に及ぼす影響を事前に検証できます。これにより、変更作業の確実性・有効性の向上を図ることが可能となり、また、事前に作業項目が把握できることで実作業時間の短縮も実現します。

*2: ネットワークの階層構造を定めた、OSI基本参照モデルの第3層(ネットワーク層)で、相手にデータを送るための通信経路の選択や、経路内のアドレス管理を行う領域
*3: OSI基本参照モデルの第2層(データリンク層)を指し、通信相手との物理的な通信路を確保し、通信路を流れるデータのエラー検出などを行う領域

<RAMS4.0製品概要>

製品名 標準小売価格
HP OpenView Route Analytics Management System4.0 7,875,000円〜(税抜7,500,000円〜)
サポートプロトコル: OSPF、IS-IS 、BGP、EIGRP、MPLS

監視用サーバとして、サーバが必要です。(以下サーバの標準構成)
HP ProLiant DL360、1GBメモリ、146GB HDD

■  HP OpenView Route Analytics Management System4.0に関する情報は 以下のURLを参照してください。
     http://h50146.www5.hp.com/products/software/management/openview/lineup/rams/index.html

■ HP ProLiantサーバに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/proliant/

■ プレスルーム
     (画像データは以下のURLから「製品写真ライブラリ」をクリックしてご覧になれます。)
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡