Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月17日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
マイクロソフト株式会社

日本HP、マイクロソフト 企業の内部統制支援に向け協業

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、以下:日本HP)、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、以下:マイクロソフト)は、金融商品取引法(通称:日本版SOX法)施行を視野に入れ、企業内での財務報告の信頼性確保など内部統制を効率的に行うITのプロセスと基盤作りを積極的に支援、推進していくために協業します。具体的には、IT全般統制を効率的に行うために、ITの管理フレームワークであるITILをベースとしたサービス提供や、UNIXやWindowsの混在する環境の管理を実現するために両社の運用管理製品の連携を行い、IT基盤の最適化を支援します。

企業において、金融商品取引法施行を見据え、更なる強固な内部統制の仕組み作りを図っていくことが急務となり、その実現に向けては、ITの利用及び統制が必要不可欠な状況になってきています。しかし、現在のITシステムは個々の業務処理に最適化されており、また、様々なハードウェアやソフトウェアによるシステム環境が混在しています。そのため、ITの運用管理が複雑で、システム全体を統合管理することが難しく、様々な内部統制上のリスクが懸念されています。

これらの課題を解決するために今回実施する協業の内容は、以下の3点です。

  1. IT全般統制を効率的に行うために、IT管理のフレークワークであるITILベースの管理環境構築をサポートするサービスの提供
  2. ITの変更管理、アクセス管理、レポート作成を行うHP OpenView製品とマイクロソフト Microsoft® Windows Server System™製品群の連携を実現し、UNIXやWindowsの混在する環境の効率的な管理を実現。これによりIT全般統制を行うためのIT管理環境の整備、強化をサポート
  3. 両社製品の連携における効果を体感できるデモセンターを開設

上記により、内部統制整備を進める企業ITにおいては、IT全般統制の主要部分をカバーするツールの統合が実現、検証されているので、構築時にかかる検証、テスト工数が低減できるほか、Windows Serverを含む環境における統制の整備が容易かつ迅速に実現できます。また、総合的な統制状態の監視、管理環境を構築してその情報を共有できるため、中長期的にみて内部統制およびその監査のためのコストを圧縮していくことが可能となります。

1.ITILベースの管理環境構築サービス

内部統制を効率的に行うための基盤となるIT管理のフレームワークであるITILに対する両社の長年の取り組みをベースに、効率的管理実現のためのホワイトペーパー公開などとあわせ以下のサービスを日本HPより提供します。

  • 「ITILを活用したIT全般統制アセスメントサービス」
  • 「HP OpenViewとMicrosoft Systems Management Server (SMS), Microsoft Operations Manager (MOM)環境構築サービス」

また、マイクロソフトが提供するITILに基づいたシステム運用管理をWindows環境で実現するためのMicrosoft Operations Framework(MOF)にHPのITIL関連のソリューションを適用し、UNIXやWindowsの混在環境における効率的な管理基盤を提供します。

2.HP OpenView製品とマイクロソフト製品との連携

以下の3つの分野における製品連携により、UNIXやWindowsの混在するIT環境の管理基盤を整備し、内部統制を効率的に行うことのできるIT管理を実現します。

  • ITの問題管理などを行う「HP OpenView Operations(OVO)」と「Microsoft Operations Manager(MOM)」、また、これらの製品で得られる情報を集約し、問題や変更の管理を行うHP OpenView ServiceDesk(OVSD)とMicrosoft Systems Management Server(SMS)の連携を実現するための専用コネクタの開発を行います。これらの連携により、Exchange ServerやSQL Serverをはじめとする全ての製品が監視対象となり、Windowsで構築されたシステムの管理が強化され、UNIXとWindowsの混在した環境の問題管理や変更管理が効率的に行えます。


  • アクセス管理やアイデンティティ管理を行うHP OpenView Selectシリーズ(Select Identity、Access、Auditの各製品)とMicrosoft Active Directory® Microsoft Identity Integration Server(MIIS)の連携を検証し、広範なディレクトリ環境の中でシングルサインオン環境を実現し、大規模なID管理への適応を可能にします。


  • 上記で連携した様々なIT管理製品からの情報を収集し業務プロセスごとに集約してIT全般統制の状態レポートを作成する「HP OpenView Compliance Manager」と「Microsoft SharePoint® Portal Server」の連携を実現します。これによりIT全般統制およびその監査に必要な文書を適切にかつタイムリーに提供することを可能にします。

3.デモセンターの開設

日本HP市ヶ谷事業所内に、両社製品の連携ソリューションとその効果を体感できるデモセンターを開設します。これにより、お客様のシステム状況に合わせた提案が可能になるとともに、具体的なお客様の環境を想定した技術検証を行うことができます。

さらに両社は、今回の発表にともない、2006年5月23日(火)に開催される、Microsoft Management Summit (MMS)に一部連携の展示を行ないます。これを皮切りに、両社のイベント・セミナー・広報などの共同マーケティング活動を行っていきます。

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

「本プレスリリースは、一般的な報道のための参考資料として提供させて頂いています。投資判断のための第一義的な資料になるものでも、投資家の特定の目的にそった助言を提供するためのものでもないことをご了承ください。尚、第三者より供給されている情報の正確性につきましてはできる限り確認をしておりますが、内容の変更がある場合もございます」

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡