Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月18日

データベース専用アーカイブツールがOracle 10gに対応、
最新のシステムでも利用可能に

- データベースでILMを実現するソフトウェア「RIM for DB」がバージョンアップ。
米HPによる開発元の買収・合併により、さらにサポート体制を強化 -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都品川区、社長:小田 晋吾)は本日より、データベース向け情報ライフサイクル管理(ILM)ソフトウェア「HP StorageWorks Reference Information Manager for Databases(エイチピー ストレージワークス リファレンス・インフォメーション・マネージャ フォー データベーシズ、以下RIM for DB)」の新バージョン2.0を発売します。

<RIM for DB バージョン2.0>
2006年1月に発売開始したRIM for DBは、企業で利用されているデータベースやERPなどのシステムに特化したデータアーカイブソフトウェアです。 RIM for DBは、運用中のデータベースから更新が行われず参照のみ行われているデータを識別し、予め設定されたポリシーに基づいて別のストレージ領域に自動的に移動させます。それぞれのデータは、アプリケーションからはその所在を意識せず、ひとつのデータベースとして参照できます。

新バージョン2.0では、対応可能なデータベースとして、新たにOracle 10gが加わりました。これにより、Oracle社の最新データベースを利用したシステムでもRIM for DBが利用可能になり、ILMを実現するシステムの範囲が広がります。

<Oracle 10gとRIM for DBバージョン2.0が実現する、効果的なデータベース性能維持>
RIM for DB バージョン2.0がOracle 10gに対応したことにより、両製品の組み合わせによってデータベース環境の性能維持をより効果的に行えます。Oracle 10gに標準実装されたテーブル再構成機能(断片化したデータを効率的に再配置する機能)は、RIM for DBがデータの再配置を行った後のデータベースの断片化を解消し、データ容量の削減と性能維持を従来より効率的かつ簡単に行うことができます。
以上の組み合わせによる効果はOracle 10gを利用したほとんどのアプリケーションにおいて期待でき、幅広い業務システムにおける性能維持、長期データ保管、コスト抑制の3つのニーズを全て満たします。

<RIM for DBのメリット>
データベースのアーカイブを自動化し、データベースを備えたシステムでILMを実現するRIM for DBには、以下のメリットがあります。

  • 性能維持とストレージコスト削減
    稼働中のデータを配置する高性能なストレージ環境と、更新のないリファレンスデータを配置する安価なストレージ環境を組み合わせることで、データの肥大化によるデータベースの性能低下を未然に防ぎます。また、効率の良いIT投資を可能にし、コストの削減にもつながります。
  • アーカイブの自動化による管理者負担の軽減
    データベースのアーカイブによって稼働中のデータベースの容量を削減することで、システムのバックアップ/リカバリ時間を短縮することが可能になります。またアーカイブの自動化によって、システム管理者はデータ容量の監視、定期的な手動アーカイブといった定型的業務から解放されます。データベースの手動アーカイブにはデータベースの知識と正確な作業が要求されるため、RIM for DBは管理者の負担と保守のリスクを大幅に軽減します。
  • 柔軟なアプリケーション対応
    RIM for DBはOracle E-Business Suite、SAP Business Intelligenceといった主要な業務アプリケーションのほか、Oracle DBのカスタムアプリケーション環境にも適用可能で、多様なシステムに導入できます。

<Outerbay社について>
ヒューレット・パッカード カンパニーは、2006年4月13日(米国時間)に、RIM for DBの開発元であるOuterbay Technologies社(以下Outerbay)の買収を完了したことを発表しました。
HPはこれまでもRIM for DBをOuterbayより供給をうけて販売してきましたが、米国における買収・合併に伴い、日本HPは、日本国内においてOuterbayとの代理店契約のもと同社製品の販売・サポートを行なってきたアウターベイ株式会社のスタッフ及びノウハウを引き継ぎました。これにより、今後日本HPは従来以上にRIM for DBのサポート体制を強化し、同製品を活用した企業システムのILM実現に向けて、より質の高いサービスを提供します。

■ 今回の新製品に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage_new/

■ HP StorageWorksに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
     http://www.hp.com/jp/storage/

■ プレスルーム
     http://www.hp.com/jp/pressroom/

#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター  TEL: 03-6416-6660
ホームページ:   http://www.hp.com/jp/
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡