Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月29日

伊藤忠テクノサイエンス株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社

<ご参考資料>

CTCと日本HP、サーバ及びストレージ分野で提携

- CTCが、HP Integrity サーバ、HP StorageWorks EVAの自営保守サービスを提供 -

伊藤忠テクノサイエンス(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)と日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小田晋吾)はこの度、製品販売、保守サポートに関する新たな契約を締結しました。これらの契約は、CTCと日本HPおよびHPの間で締結されたものです。これら契約に基づきCTC日本HPの両社は、パートナーシップを強化し、CTCは、「HP Integrity サーバ」及び「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)」シリーズの販売強化と同製品の自営保守サービス(=メーカーと同等の保守サポートをパートナー企業が直接行うサービス)を7月から開始します。2008年度の売上目標は100億円です。

昨今のビジネスにおける競争環境の激化により、UNIX、Windows、Linuxなど複数のOSが稼働するシステムをトータルに提供する体制が求められています。
CTCはマルチベンダーとして、これまでも「HP ProLiant サーバ/HP BladeSystem」に代表されるx86サーバ製品群をはじめ、HP Integrity サーバ、HP StorageWorks EVAシリーズといったさまざまなHP製品によるシステム構築で豊富な実績を有しています。今回の提携により、高度な製品知識と迅速なサービスが求められる自営保守サービスを、CTCが持つ全国約100カ所のサポート拠点から提供することで、HP製品による総合的なソリューションの提供をこれまで以上に推進します。これにより、顧客満足度の向上を図ります。なお、UNIX、Windows、Linuxの3OS戦略を機軸としたHP ProLiant サーバ/HP BladeSystem、HP Integrity サーバなどのHPのサーバ製品群、並びにHP StorageWorks EVAの自営保守サービスをトータルで提供するのは国内SIとしては初めてとなります。

一方、日本HPは、HP Integrity サーバを中心として国内のUNIXサーバ市場で、5年連続NO.1のシェア(*1)を獲得するなど、日本国内のUNIX、Windows、Linuxの各サーバ市場で高いシェアを獲得しています。
HP Integrity サーバは、インテル® Itanium®2 プロセッサを搭載し、高い処理性能を発揮します。UNIX、Windows、Linuxの3OSが稼動するため、複数のOS環境が混在する現在のITシステムを統合し、柔軟なシステム構築、効率的な管理によるコスト削減を実現します。
また、ディスクアレイ市場で高い成長率を達成しているミッドレンジクラスのディスクアレイHP StorageWorks EVAは、高機能のコントローラによる自動的なデータ配置の最適化による高い管理性が特長です。また、ハイエンドクラスのディスクアレイのもつ容量拡張などの機能をミッドレンジクラスで実現しており、価格性能比に優れています。
今回高いシステム構築技術、確実な保守提供力を持つCTCと提携することでサーバやストレージ事業をさらに強化、拡大していきます。

(*1) 出典:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker, Q405

#     #     #

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡