Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ


会社情報 > ニュースルーム

ニュースリリース

会社情報

HPについて
プレスリリース
エグゼクティブ・チーム
社会・環境への取り組み
アナリスト向け情報(英語)
投資家向け情報
報道関係者向け
製品写真ライブラリ
HP News Letter
プレスルーム
HPエグゼクティブ・チーム経歴書
日本HPエグゼクティブ・チーム経歴書
HPの歴史
ビデオ(英語)
カタログライブラリ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
2006年5月31日

日本ヒューレット・パッカード株式会社
フェリカネットワークス株式会社
<ご参考資料>

日本HP、フェリカネットワークスよりライセンス許諾を受け
FeliCa対応次世代サーバーの提供開始

- 機能強化により携帯電話を活用した利便性の高いサービス提供が可能に -

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 小田 晋吾、以下日本HP)とフェリカネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 河内 聡一、以下フェリカネットワークス)は、FeliCa対応次世代サーバーに関するライセンス契約を結びました。日本HPは、フェリカネットワークスから受けたライセンス許諾に基づき、FeliCa対応次世代サーバー「HP IC-Chip Access Server for FeliCa」の開発を完了させ、8月より販売を開始します。
このサーバーは、非接触ICカード技術「FeliCa」を用い、携帯電話を使った利便性の高いサービス、例えば電子マネーやクレジットカード等の決済サービス、電車・バス等の交通サービス、ポイントサービス、電子チケット、電子キーといった多彩なサービスをネットワークを介して可能とするものです。
また、日本HPは、HP IC-Chip Access Server for FeliCa、FeliCa ICチップを活用した画期的なサービスの提供を支えるシステムの構築を推進するために、各分野で高い技術を持つパートナーと連携していきます。

■ HP IC-Chip Access Server for FeliCaについて
FeliCa対応サーバーは、ネットワークを経由したFeliCa ICチップへのアクセス、認証された機器間での安全な鍵情報の交換をするためのサーバーミドルウェア製品です。本サーバーでは、より多くのトランザクションを高速に処理できるようになり、携帯電話、インターネットなどの端末と駅や実際の店舗などの拠点を結びつけ、安全な環境下で、便利で高品質なサービスの提供を可能にします。主な特長は以下の3点です。

  • 次世代モバイルFeliCa ICチップと連携することにより、更に多くのトランザクション処理が可能となり、より便利なサービス提供を実現します。
  • 機密データの解読を困難にさせるために、データ解読の「鍵」を安全に保管できるHSM(Hardware Security Module)を採用しており、高いセキュリティを確保しています。
  • 広く普及しているJavaのアプリケーションフレームワーク(Struts)をベースとしたアーキテクチャにより、効率的な開発ができます。これにより、より早く、より低価格のサービス提供が可能になります。
    製品体系として、通信業者向け、一般事業者向けの製品を用意しており、8月に通信事業者向け製品の出荷を開始し、その後一般事業者向けの出荷を開始します。

■ HP IC-Chip Access Server for FeliCaを核とした利便性の高いサービス提供を 可能にするパートナーシップの構築
日本HPは、HP IC-Chip Access Server for FeliCaを携帯電話などの通信とITに融合させて、利便性の高いサービス提供を実現する次世代のIT基盤の主要な要素技術の一つと位置づけています。これまでにない利便性、生産性の改善等の付加価値の高いサービスを実現するために、相互補完的な技術を提供する日本オラクル株式会社やシステム構築を行う株式会社アイアイジェイテクノロジー、株式会社NTTデータ、日本電気株式会社(NEC)、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の各社と協調し、共同でのマーケティング活動、サービスメニューの整備/検証、営業活動等を行います。これらの活動を通して、HP IC-Chip Access Server for FeliCaを核とした便利なサービスの普及、新しいライフスタイル創造を推進します。

<参考>
フェリカネットワークスは、1988年にソニー株式会社により開発が開始された非接触ICカード技術「FeliCa」を活用し、携帯電話と融合させた従来に無い新しいサービスの提供に貢献してきました。既に、フェリカネットワークスが開発した「モバイルFeliCa ICチップ」を搭載した携帯電話は1400万台以上(2006年3月末現在、フェリカネットワークス調べ)が普及しており、電子マネー(Edy等)、クレジット(NTTドコモ「iD」等)、交通チケット(モバイルSuica等)、会員証(マツモトキヨシ等)など多くのサービスが実現されています。こうした順調なモバイルFeliCaの普及に伴い、更に付加価値の高いサービスを提供するため、フェリカネットワークスは次世代モバイルFeliCaシステム(ICチップ、サーバー等)の開発に着手しています。
この次世代モバイルFeliCaシステムの中で、ネットワーク経由でFeliCa ICチップにアクセスするためのミドルウェアであるFeliCa対応次世代サーバー開発において日本HPにライセンを供与しました。日本HPは、特に通信業界を中心に要件定義、アプリケーション開発、システム構築のノウハウなど、高いシステム構築力と多くの実績を持っており、これらのノウハウを開発に活用し、この度販売開始にいたりました。

*FeliCaはソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
*FeliCaはソニー株式会社の登録商標です。
*その他記載されている会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。

■ 添付資料
     日本HPのパートナー各社様からのエンドースメント(PDF:133kb)

以下のパートナー様からエンドースメントをいただいています。

  • 株式会社アイアイジェイテクノロジー
  • 株式会社NTTデータ
  • 日本オラクル株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社

■ HP IC-Chip Access Server for FeliCaに関する製品情報は以下のURLを参照ください。
     http://www.hp.com/jp/felica/

Adobe Reader ダウンロードページへ PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡